TOP > > 年齢が原因ではない?女性に多い尿漏れの本当の原因と対策

年齢が原因ではない?女性に多い尿漏れの本当の原因と対策

中高年の女性の多くが抱える悩みにもいろいろありますが、親しい人にも言えない恥ずかしい悩みなどもありますね。例えば尿漏れもその一つといっていいでしょう。

トイレをギリギリまで我慢しているわけでもないのに、ふいにクシャミをしたり咳き込んでむせてしまった時、自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまう事があります。いい年をして恥ずかいいとか、少し力を入れただけでも尿漏れを起こしてしまうので、臭いがしたらどうしようと外出するのが怖くなってしまいます。

尿漏れは中高年以降の女性だけでなく、若い女性にも増えているといいます。これはどうしてなのでしょうか?

若い女性に多い尿漏れとは?

若いうちはあまり縁がないと思われる尿漏れの悩みですが、なぜ若い女性にも増えているのでしょうか?

まず尿漏れの原因になりうるのはいくつかあります。若い女性でも経験する妊娠や出産も実は尿漏れの原因です。しかしこの場合は出産して体が元の状態に戻れば自然と解消されていきます。

みなさんもご存知かと思いますが、妊娠すると女性の体には様々な変化が起こります。お腹が大きくなるに連れて骨盤の形も変わりますし、女性ホルモンのバランスも変化するので見た目にも明らかな変化が起こります。

この変化は体の中でも起きています。妊娠中は胎児や羊水の重みで骨盤の形が変わり、骨盤底が緩んだ状態になります。

中高年以降の女性に多い尿漏れは、老化による骨盤底の衰えなのですが、出産後に正しく骨盤矯正ができていないと、若い年齢の人も尿漏れが続くことがあるのです。出産というのは想像以上に体に負担がかかりますので、骨盤底を支える筋や筋肉へのダメージが大きいとなかなか元に戻せません。

また若い女性にも骨盤底の衰えが起こることがあります。その原因は運動不足です。個人差もありますが、普段からあまり運動せずにいると若くても骨盤底が衰え尿漏れという症状が起こります。

もちろん原因はこれだけとは限りません。ストレスや運動不足、生活習慣や食事なども関係してきます。ただし尿漏れも症状が軽いうちに適切な対処をしておけば、症状を悪化させずに済みます。

ひどくなると生理でもないのにナプキンなしでは外出もできず、ちょっとしたことで下着や服が汚れてしまうので、精神的なダメージやショックも大きくなっていきます。日常生活に支障が出る前に対処していきましょう。

尿漏れ対策におすすめの体操

骨盤底の衰えが原因の場合は、骨盤底エクササイズで改善できます。骨盤底体操とも呼ばれるこの方法は、とても簡単ですし道具も必要なく、自宅で気軽に実践できます。

まず体に1本の針金が通っているイメージで、あごを引き背筋をまっすぐ伸ばして立ちます。足は肩幅くらいに開き2回~3回深呼吸をします。体に力が入った状態ではうまくいかないので、力を抜いてリラックスします。

お腹に軽く手を当てて力が抜けた状態を覚えます。次は肛門、尿道を意識してお尻をキュっと引き締め上に持ち上げるようにします。引き締めたらその状態を数秒間維持します。最初から無理をせず、毎日少しずつ続けていきましょう。

慣れてきたら5秒~10秒間維持できるようになりますので、1回10セットとして続けてみてください。同じやり方で肛門、尿道を意識してお尻をキュっと引き締め上に持ち上げるのを連続して繰り返すという方法もあります。目安は1回につき10回ほど繰り返します。

バリエーションを付けることで、同じ方法でも効果はアップします。個人差もありますが、骨盤底エクササイズを2ヶ月ほど続けると、徐々に改善効果が見られるはずです。

もちろん軽い尿漏れで、原因が骨盤底の衰えである場合なので、これでも改善しない場合は一度病院で診てもらい原因をはっきりさせ、適切な処置をすることをおすすめします。

この骨盤底エクササイズは、若い人の尿漏れだけでなく、中高年の女性にも効果が期待できます。尿漏れになってからでも改善効果は期待できますが、予防の意味も兼ねて日頃から骨盤底エクササイズを習慣にするのもいいですね。

尿漏れという悩みは誰にでも起こりうるものです。自分だけと悩んで悪化させる前にできることから始めてみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る