TOP > > 貴女だけじゃないから恥ずかしがらないで…20代に増えている尿漏れ

貴女だけじゃないから恥ずかしがらないで…20代に増えている尿漏れ

意外に多い女性の尿漏れ

尿漏れというのは、トイレ以外に日常生活の中で思わず尿が漏れてしまう現象です。それは突然なので量の多少に関わらず「しまった」と焦ってしまうものです。

また、下着がびしょびしょになるほどの尿漏れを起こす人もあり、それが繰り返されると当人にとっては深刻な悩みとなる場合もあります。

男女ともに起こることのある尿漏れですが、どちらかというと女性のほうに尿漏れに悩む人が多いのです。これは体の機能上、女性のほうが尿漏れが起こりやすいつくりになっているからです。

世代に関わらず半数以上の女性が尿漏れを経験したことがあるとされており、尿漏れは珍しいことではありません。また加齢のせいというイメージもありますが、20代といった若い女性にも尿漏れはあります。

多くの人が経験するにもかかわらずデリケートな問題だけに、人に相談することが恥ずかしく人知れず悩むという人が少なくありません。尿漏れは原因を理解して対策を実行することで症状を改善することが可能です。

女性の尿漏れの原因

尿漏れというのは、一般に加齢などで排泄機能の低下により男女に起こりやすくなることもありますが、女性の尿漏れを対象に説明してみますと、主なものに「腹圧性尿失禁」「切迫性尿失禁」があげられます。

最も多いのは腹圧性尿失禁です。これは腹圧が尿道の締まりが弱くなったために腹圧が下腹にかかった時に起こりやすい尿漏れです。尿道の締まりが弱くなる原因には、骨盤底筋、尿道括約筋の筋力低下があげられます。

骨盤底筋というのは骨盤内部にある筋肉で、膀胱や子宮などの臓器を下から支え尿道括約筋を締める役割があります。このため、排尿時以外は尿道がしっかりと締められ、尿が膀胱から出ていくことはないのです。

通常は骨盤底筋によって内臓が支えられているので、私達が体を動かしても内臓がずれ動くことはありせん。しかし、骨盤底筋の筋力が低下してくると内臓を支える力が弱くなるために内臓が下がって尿道の位置がずれ尿道括約筋の締りも悪くなり、尿漏れが起こるのです。

骨盤底筋の筋力が低下する理由には女性の妊娠・出産があげられます。妊娠で大きくなる子宮に圧迫されて骨盤底筋は伸びきってしまいます。分娩後にある程度は自然に回復するのですが分娩回数が多い人ほど骨盤底筋が伸びやすく筋力が低下しやすいのです。

また、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が下がることにより尿道括約筋の筋力が弱くなるので、エストロゲン分泌の低下する生理中や閉経後には尿漏れが悪化しやすいのです。

運動不足や加齢により骨盤底筋が筋力する場合も多いです。また、排便時にいきむ癖のある人、頻尿や残尿感があるために排尿時におしっこを出し切ろうとお腹に力を入れる人も骨盤底筋が伸びやすくなるので尿漏れを起こしやすくなってしまいます。

若い人にも多い尿漏れは運動不足による骨盤底筋の筋力低下が原因であることが多いです。骨盤底筋は自分でトレーニングをする事で簡単に鍛えることができ、実践した多くの人に腹圧性尿失禁の改善効果が出ています。

骨盤底筋を鍛えるには、座る、または直立の姿勢で肛門と膣にキュッと力を入れて締めます。締める、力を緩めるを繰り返ればOKです。毎日実践することをおすすめします。

次に切迫性尿失禁があります。正常な場合は尿意を感じてもトイレに入って自分の意識で排尿をしようとするまで排尿は起こりません。しかし突然に尿意を感じ我慢できずにその場で尿を漏らしてしまうというのが切迫性尿失禁です。

これは脳からの排尿に関する指令がコントロールされにくくなっているために勝手に排尿が起こってしまうのです。その原因としては脳卒中やパーキンソン病の後遺症といった脳神経自体の機能障害があげられるほか、加齢による膀胱の機能低下の場合があります。

女性の場合は膀胱炎や膀胱がんといった膀胱の病気が原因でも起こります。しかし、はっきりした原因がなくちょっとした刺激によって膀胱が過敏に反応するために起こる場合もあります。

切迫性尿失禁の場合は膀胱が勝手に排尿をしないようにする薬を用いるといった治療が必要になります。また、刺激ですぐに尿意を催す場合、軽症ならばセルフトレーニングをしてある程度膀胱が大きくなるまで尿を溜められるようにしていくことも効果が期待できます。

尿漏れを経験していると、「人前で漏らしたらどうしよう」といった不安から、外出が怖くなり活動が制限されてしまうことも少なくありません。しかし尿漏れは専用の下着やパッドなどを用いることでケアが可能です。

尿漏れをケアする下着や製品には機能の良いものも出てきており、多くの人がこれらを使って快適に過ごしています。一人で悩まないで前向きに尿漏れをケアしていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る