TOP > > インプラントの治療手順!インプラントの治療の流れ

インプラントの治療手順!インプラントの治療の流れ

インプラントは、実際にどのような治療が行われるか、ご存知でしょうか?インプラントの事を何も知らないと、何となく恐ろしいイメージがありますよね。でも、あらかじめ治療内容を把握しておくと、安心して治療に取り掛かれます。そこで今回は、インプラントの治療の流れをご紹介します。

まずは事前準備!

インプラントを受ける前に、必ず事前の準備が必要となります。まずはレントゲンをとったり、歯の型をとったりします。

そして、インプラント治療が適しているか、いないのかを判断します。またレントゲンで、神経の通り道などを把握し、インプラント手術の際に神経に触らないよう配慮されます。

そして、インプラントが出来ると判断された患者さんには、スケーリングが施されます。スケーリングとは、機械的に歯の汚れを取る治療の事です。スケーリングを受ける事で、口腔内が清潔になり、インプラント手術がスムーズに進められます。

インプラント手術!

スケーリングが行われたのちは、いよいよインプラント手術が行われます。インプラント手術は、1回法と2回法の2種類があります。

1回法は、1度にインプラント手術を終わらせる方法です。2回法は、1度手術をしたのち、骨とインプラントがなじむまで2か月から3か月空けて再び施術を行う方法です。一般的に、2回法で手術が行われる事が多いです。

土台作成と人工歯の装着

インプラント手術で人工歯根を歯茎に埋め込んだ後は、土台作りが行われます。土台とは、人工の歯を装着する為の土台の事です。この土台が取り付けられたのちは、いよいよ人工歯を入れる事となります。

人工の歯を入れる前に、まず仮り歯で様子を見ます。かみ合わせなど色々な事を確認後、問題が無ければ人工歯を装着します。

定期的にメンテナンスを受ける!

インプラントは、一度入れてしまえば、それで終わりという訳ではありません。やはり長持ちさせる為には、定期的なメンテナンスが欠かせません。日ごろから口腔内を清潔に保ったり、歯科検診に行くなどしてしっかりメンテナンスを行いましょう。

病院でのメンテナンスは、年に1回~4回程度行く事が理想とされています。また、費用に関してはメンテナンス無料という医院もありますし、3,000円程度の費用が必要となる事もあります。

いずれにしても、それほど高額ではありませんので、しっかりメンテナンスを受けて、インプラントを長持ちさせましょう。

以上がインプラント治療の流れです。1度に終わる治療ではない為、何回も歯科に通う必要があります。しかし、一度治療を受けておく事で何十年もインプラントを使用する事が出来ますので、とても便利で人気のある治療法です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る