TOP > > あなたは知ってた?意外な腸の重要性!健康の要は免疫細胞!

あなたは知ってた?意外な腸の重要性!健康の要は免疫細胞!

腸の役割が重要であることは誰でも知っていると思います。しかし消化、吸収だけでなく身体全体の健康を左右する最大の免疫器官であることもご存知でしょうか?腸が元気になれば必ず身体全体も元気になれます。

腸は体内最大の監視役

私たちの身体は常に外敵からの侵入にさらされています。まず口を通して食べ物や病原菌などが体内にドンドン入ってきます。そして気管、胃を通過し、食べ物はいよいよ腸内へ。ここで体内最大の監視役である腸のチェックを受けることになります。

腸は体内にアレルゲンや病原菌などの異物が入ってくるのを食い止める重要な役割をしています。この腸が元気をなくしてしまえば、監視役の仕事はおろそかになり、異物の通過を見逃してしまうことになります。

腸は私たちの体内すべての免疫細胞のうち何と6割も集まっている最大の免疫器官!24時間、私たちが寝ている間も常に体外から侵入してくる異物を監視し防衛戦が行われています。腸内の免疫細胞が元気ならば身体はきちんと守られ風邪などにかかりにくい丈夫な健康体となるでしょう。

お腹には優しくない風邪薬たち

風邪をひいたと思ったらすぐに薬を飲んでいませんか?風邪薬などの抗生物質などは、風邪の症状をひきおこす病原菌だけでなく腸内に住む菌も殺してしまい免疫細胞の働きを低下させてしまいます。

腸内は適度なバランスで保たれており、このように抗生物質を飲んだりしただけで簡単に崩れてしまうデリケートな器官なのです。

風邪をひいたかな?と思った時はすぐに薬には頼らず、とにかく安静にしてしっかり休むことが身体にとっては一番やさしい対処法といえるでしょう。

腸が元気になればアトピーも改善する

アトピーになるとほとんどの方がアレルゲンとなったものを探しあてようとします。「原因は卵だ!小麦粉だ!カビやハウスダストのせいだ!」などとあたかも外のものに原因があることにして自分の腸の状態など忘れがちです。

どんなに気をつけていても、アレルゲンを自分の体内にまったく侵入させない!ということは不可能です。外食をするとどんな材料が使われているかわかりませんし、空気を吸えば自然とカビやハウスダストは体内に入ってきます。

アトピーが発症する人としない人との違いはアレルゲンではありません。腸の状態が良いか悪いかの違いです。

腸の状態が悪ければ未消化のたんぱく質などが腸壁を通過して血中に入ります。本来ならば腸で食い止めてくれるはずなのですから身体は焦ります。そして過剰な免疫システムが作動してアトピーという形で何としてでも排出しようとするわけです。

腸の働きを応援する食事と生活習慣

腸の働きの要である免疫細胞を元気にするには乳酸菌などの善玉菌を積極的にとることです。乳酸菌は腸内に常駐している善玉菌の応援団として腸が良い状態になるようにバランスをとってくれます。

また腸の働きを助けるには便秘にも気をつけなければいけません。野菜でしっかりと食物繊維をとりましょう。

生活習慣で気をつけるのは第一にストレスです。ストレスは身体中の血行を悪くするので腸内の免疫細胞も元気がなくなってしまいます。

そんなストレスを解消するには適度な運動が効果的でしょう。また運動することによって血流も良くなり腸もほどよく刺激されて元気になります。

このように食生活や運動などを改善しながら、「お腹が元気だ!」というイメージをしっかり自分の中に植えつけてやりましょう。

腸の健康は長生きのもと!

長生きをしている人たちはすべて綺麗な腸相をしていると言われています。実際、胃腸が丈夫な人は顔色も良く元気ハツラツなイメージがありますよね。それはこのように腸が私たちの身体の健康の要であり、身体全体が丈夫か?否か?の境目であるといっても過言でないからです。

ずっと健康のままで人生を過ごしたい気持ちはすべての人の願望です。まずは腸を元気にして身体全体を健康体に導いてやりましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る