TOP > > 免疫力をアップするならこれ!R – 1ヨーグルトの効果と簡単レシピ

免疫力をアップするならこれ!R – 1ヨーグルトの効果と簡単レシピ

私たちの体内では常に新しい細胞が作られていますが、その中は正常に作られなかった細胞もあります。それががん細胞なのですが、このがん細胞・・・1日に5000個作られていると言います。

という事は、ほとんどの人ががんになってもおかしくありませんが、人間にはこの細胞をなくしてしまうNK細胞(ナチュラルキラー細胞)があり、これによって毎日5000個のがん細胞をやっつけているのです。

免疫力をアップしてNK細胞を活発にさせるために、R – 1乳酸菌がとても有効だとされています。これはR – 1ヨーグルトに含まれているので、R – 1ヨーグルトを毎日食べる事で、がんにも効果があると言われています。

この他にもインフルエンザにも有効だとされていて、実際R – 1ヨーグルトを毎日食べた場合のインフルエンザの罹患率が、かなり低いというデータもあります。

免疫力がアップすると、様々な病気にかかりにくくする体になると言うわけです。また、毎日100㏄の量を食べ続けるだけで、長期的に見るとがんの発症リスクが低くなります。

R – 1ヨーグルトの効果

・インフルエンザ予防
・がん発症抑制
・アレルギー性鼻炎の症状緩和
・便秘

R – 1ヨーグルトとは

1073R – 1乳酸菌と言うブルガリア菌の一種を使用して作られたヨーグルトの商品名を言います。

R – 1乳酸菌の効果

乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やすなどの整腸効果がある事は知られています。免疫細胞の多くは腸内で作られるため、腸内環境を整えるという事は、免疫力も活発になります。

したがって、がん細胞をやっつける免疫力の中のNK細胞も活発になり、がんになりにくいというわけです。これは、様々な研究データから言われています。その中でも、R – 1乳酸菌はその効果が極めて高いのです。

R – 1ヨーグルトの購入

R – 1ヨーグルトと言えば、主に某メーカーから発売されている事が知られています。ドリンクタイプと食べるタイプがありますが、効果は同じです。

ネットでも販売されていて、一般の店頭で購入するより格安に買えます。数量も1ダースや3ダースなどと様々なので、必要に応じて購入できるので、便利です。ちなみに、賞味期限にも注意して下さい。

R – 1ヨーグルトは自家製でという方・・・簡単レシピはこれ

市販のヨーグルトでもかまいませんが、毎日食べ続けるには手作りでと思っている方のために、簡単レシピを紹介します。

1. 蓋付きの密封できる容器に、生乳100%の牛乳500mlに対して、R – 1ヨーグルトを大さじ3杯加えてよく混ぜて蓋をします。(使用する保温器に収まる容器を選ぶ)

2.1にラップを巻くか、ビニール袋にいれる。

3.40~45度のお湯を入れた保温容器に2を入れて蓋をする。

このまま8~9時間置けば、出来あがりです。これで、一人分のおよそ4~5日程度の量ができます。

蓋付きの容器や計量スプーンは必ず消毒して殺菌した物を使用して下さい。(乳酸菌は雑菌を嫌うため)また、保温容器は、保温ポットや炊飯器など家庭にあるもので大丈夫です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る