TOP > > 免疫力を高める為に水を飲もう。水の種類の飲み分け方を教えます

免疫力を高める為に水を飲もう。水の種類の飲み分け方を教えます

免疫力を上げる為に気をつけている事は何ですか?食事に気を遣ったり、定期的な運動やサプリメントなどを取り入れている方も多いと思います。でも、取り入れた栄養が体の中に吸収できなければ効果は半減。悲しい事実です。

何よりもまず最初にすべき事は、体の中の循環を良くする体質を作る事。水を飲む習慣をつけることです。1日に2リットルほどの水を飲む事は、健康やダイエットに効果的というのはご存知ですよね?でもいつ飲むの?量はどのくらいずつ?水って種類が沢山あるけれど何を飲めばいいの?

いざ始めようと思っても、実はどうすれば効果的なのか分からないのではないですか?私のお勧めは、朝と寝る前の白湯の習慣と、その時々の目的に合わせて、沢山の種類があるミネラルウォーターを飲み分ける方法です。

人間の体はほぼ水でできている

人間の体内は、約60%ほど水を含んでいます。体の中の水分は体液として身体中を巡り、血液の流れを良くし、酸素や栄養分を細胞に届けます。そして老廃物を尿として体外に排出するという大切な役割を果たしています。

水を飲んだら浮腫んでしまった

免疫力を上げるために、お水を飲むだけでいいなんて簡単!そう思って「よし、今日から毎日2リットルの水を飲もう!」と意気込んでミネラルウォーターを買い込み、水をがぶ飲みした所、翌朝顔がパンパンに浮腫んでしまい、驚いた経験はありませんか?

水分が足りないと水を溜め込んでしまいます

普段から、水分をとって体内に十分な水が満たされていれば、余分な水分は老廃物と一緒に尿として体外に排出でき、水を飲んで浮腫むことはありません。しかし、水分を取る習慣がない方がいきなり大量の水分を取ると、普段水分をあまり与えられていない体は、いつ供給されるか分からない水分を、ここぞとばかり必要以上に溜め込んでしまいます。

水分が足りない体は循環機能も怠けているので、大量に入ってきた水分を溜め込んだまま、体内で活用する事も排出する事もうまくいかず、溜め込みすぎて浮腫みとして出てしまうのです。

その為、体内の水分が足りなくなると循環機能が滞り、血液をドロドロにしたりして体の免疫力に悪影響を受けます。健康の為に毎日お水を飲もうというのは、体内の循環機能を良くして免疫機能を正常に働かせる為に、大切な事なのです。

炭酸飲料水を無性に飲みたくなる理由

時々、どうしようもなく炭酸飲料水をガブ飲みしたくなる時はありませんか?まさに体が乾いている証拠です。喉がからからに渇いている所に炭酸の刺激により、喉が渇いているというサインを瞬時に治めることができるからです。

しかし炭酸飲料水には大量の砂糖が含まれています。癖になると糖分の取りすぎによる血糖値上昇で、喉の渇きを余計に助長させ、再び炭酸飲料水を飲むという悪循環に。そうならない為にも、炭酸飲料水はほどほどにしておきましょう。

水はがぶ飲みではなく少しずつ取るのが正解

水分を2リットルも取らなければいけないと聞くと「そんな量は無理だ」と尻込みをするかもしれませんが、それは一気に大量の水をガブ飲みしなくてはいけないイメージを持っているから。お水はコップ1杯ずつ、1日のうちに何度も小分けで飲むのが正解。

そのコップ1杯の水も、ちびちびと啜るようにゆっくり飲めばいいのです。大量に飲んでしまったらお腹が張って、食事から取る必要のある栄養素がお腹いっぱいで入らなくなってしまいます。それでは意味がありませんね。

喉が乾いたら体内の水分がすでに足りないサイン

水分を取るタイミングは、喉が渇いてからだと思っていませんか?喉が渇くという状態は、「すでに体内に水分が足りていませんよ」というサインです。喉が乾く前に、こまめな水分補給が大切です。

白湯のススメ

水分を小分けにして飲むのが良いという事は分かりました。でも水といっても水道水から冷やした水、ミネラルウォーターも国産から外国産まで沢山あります。一体どれを飲めば体にいいのでしょうか?

白湯は万能

白湯は未病の万能薬です。未病とは、まだ病気になる前の段階の不調の事を言います。インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、体は自然界にある火、水、風からなるという考え方をしますが、白湯はその全てを網羅できる万能の水です。

水を沸騰させて火を含み、沸騰させることによって湧き上がる泡が風となり、体を作る元素である火、水、風のバランスを正常に保つ事ができると考えます。

消化機能を促進させる

冷たい水は体を冷やします。温められた白湯は胃腸を温め、消化機能を高めるので必要な栄養を吸収する力と、老廃物を排出する力を上げる事ができます。一方、冷えた水は喉の渇きを潤すように感じますが、長期的に見ると白湯を飲むほうが体内は潤います。また冷えすぎた水を飲みすぎると、体内も冷えるので注意しましょう。

白湯を飲むタイミング

白湯を飲むタイングは特に決まっているわけではありませんが、私のオススメは朝起きてすぐと、お風呂の前後、眠る前です。

朝起きてからまず一杯

朝の一杯は眠ったままの体を起こし、内臓の働きを活発にします。朝食をとる前に、白湯で消化器の働きを活発にできるのでオススメです。ちびちびと啜るように飲む事で、体も少しずつ活動モードに切り替わっていきます。

お風呂の前後に一杯ずつ

お風呂では大量の汗をかくので、まずは水分補給と、お風呂あがりにも水分補給のダブル補給を心がけましょう。この時の水は白湯にこだわらなくても、常温のお水やミネラルウォーターなどでもいいでしょう。

眠る前に一杯

寝ている間にも水分は汗により蒸発していきます。眠る前の一杯で補っておくと良いでしょう。体も温まり眠りやすくなります。

水分が必要だからといっても、飲み過ぎにも注意して!

白湯の温度は50~60度程度。無理やり大量に飲もうとせず、無理のない範囲の量から始めましょう。ただし、飲み過ぎは注意です。1日2リットルとよく言いますが、実際は700~800ミリリットルでかまいません。

体が小さい方には2リットルは多すぎますので、決して無理をしないように。多過ぎる水分は必要なミネラル分も流してしまいますので、夏場は特に注意しましょう。大量の水分を取る時は、つまようじの先ほどの天然塩や梅干しを利用して、ミネラルを補給しながら飲みましょう。

ミネラルウォーターを飲み分けてみよう

市販されているミネラルウォーターは、国産や外国産など様々な種類があります。どれも水は水ですが、含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の差があります。体調に合わせて飲み分けてみるといいでしょう。

便秘を解消したい時にオススメの硬水

便秘の症状には、ミネラル分の多い硬水を選びましょう。口当たりは少し硬く、飲みにくいと感じるかもしれませんが、腸を刺激してくれます。反対に下痢や胃が重い時などは、お腹を下す可能性があるので、高すぎる硬度の水は控えます。以下オススメの硬水です。硬度の高い順に上げてみます。

  • コントレックス(フランス/硬度1468・下痢気味の時は注意!)
  • ヴィッテル(フランス/硬度315)
  • エヴィアン(フランス/硬度304)

浮腫みを解消したい、尿を出して排出機能を整えたい

水を飲む習慣のない人が水分を大量に取り始めると、最初のうちは体が必要な水を溜め込もうとして浮腫みが起きます。カラカラに乾いた体に硬水は強すぎるので、軟水がオススメ。体内の乾き具合や循環機能の怠け具合で、浮腫む期間は一週間から1ヶ月ほどかかる方もいますが、排出機能を整える為には通る道と思って、体を整えましょう。以下、オススメの軟水です。

  • クリスタルガイザー(アメリカ/硬度38)
  • ヴォルビック(フランス/硬度60)
  • 国産の水全般(日本)

日本の水は軟水が多く、日本人に適しています。硬水が飲みにくいと感じる時、慣れるまでは軟水を飲むのもいいですね。いかがでしたか?お水は体の循環機能の働きを保ち、免疫力を上げる為の基本。生命の要です。水分の足りている免疫力のある体を目指しましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る