TOP > > 食べておかないと後悔する?免疫力を上げる発酵食品

食べておかないと後悔する?免疫力を上げる発酵食品

日本は発酵食品の宝庫です。醤油や味噌、酢、みりんといった調味料の他、納豆、塩辛、かつお節、日本酒に至るまで、多くの発酵食品が存在しており、これら無しで日本人の食事は成り立たないでしょう。そんな中、近年では塩麹が大変話題となり、発酵食品の力が見直されるきっかけとなりました。

発酵食品を作り出すのは微生物です。発酵も腐敗も微生物によって起こりますが、ヒトにとって有益なものを発酵、そうでないものを腐敗としています。発酵によって美味しさと機能性を獲得した食品は一様に、身体に良く、免疫力を高めると言われています。これは一体どういうことなのでしょうか。

小腸は免疫機能の要

免疫は大きく二つに分けることが出来ます。一つは、アメーバのような細胞たちが異物を食べて処理する細胞性免疫。もう一つは、敵にのみ効果のある抗体というミサイルを作って攻撃する体液性免疫です。

こうした免疫機構の60%以上が腸にあり、中枢は小腸のパイエル板という部分に存在し、外敵から我々の身体を守ってくれています。

重要なのは、免疫の中枢が小腸にあるということです。分かりやすく端的に言うと、小腸の調子が悪ければ免疫力は低下し、調子が良ければ免疫力が上がるというわけです。それでは、調子の良し悪しは一体何によって決まるのでしょうか?

発酵食品で腸内環境改善

小腸の調子を良くするのは腸内細菌です。腸内細菌には善玉と悪玉があり、もう一つ、中立の日和見菌がいます。

腸内で善玉菌の数が多く、悪玉菌よりも優勢であれば免疫力は高い状態で維持されていると言えます。逆に悪玉菌が多ければ免疫力は低下してしまいます。日和見菌は優勢な立場の菌を応援します。免疫を高めておくには善玉菌優位の状態を作る必要があるということです。

発酵食品に含まれている微生物は腸内に辿り着くと善玉菌を増やします。そのことによって免疫力を高めてくれるのです。その他にも便秘の改善になったり、肌荒れを防いだり、大腸がんの予防に繋がったりと、腸内環境の改善は身体全体に良い影響をもたらしてくれます。

免疫力を上げるメリット

発酵食品が免疫力を高めてくれることは分かりました。では、免疫力が高まるとどんな良いことがあるのでしょう。もちろん、病気に罹りにくいというメリットはあります。免疫が正常に機能していれば、それだけ外敵から身を守る防御が厚いと言えるわけですから。

他には、アレルギー反応を抑える効果があることも知られています。アレルギーも免疫反応の一つです。過剰な反応を見せたり、反応によって生じる刺激物質が身体に様々な影響を及ぼしています。免疫機能が上がり、活発に正常な役割を果たしていれば、それらの症状が軽減されるのです。

そして近年、免疫力の低下と老化についての研究が多く行われています。長寿で元気な老人ほど、免疫機能が活発だというのです。発酵食品によって免疫機能を活性化してやれば、元気な老後を過ごすことも可能かもしれません。

放射能と発酵食品

放射能による健康被害が心配される昨今。免疫といえど、放射能に対する防御策はありません。ですが、発酵食品と放射能の興味深い話があります。原爆によって被爆した直後に味噌を多く摂取した人は原爆症が発症しなかったという噂があり、ある実験が行われたのです。

動物実験において、味噌を与えたマウスは放射能のダメージが少なく、また放射性物質を排出するスピードが早かったといいます。味噌のメラノイジンという物質の関与が有力視されています。

あくまでも動物実験であり、ヒトにどれだけ効果があるかどうかは分かりませんが、発酵食品は免疫機能の手が届かない部分をカバーできる可能性を秘めていると、期待してしまう実験です。

発酵食品にはクセが強いものが多く、塩分やアルコール分を伴うものも多くあります。身体に良いからといって食べすぎるのは禁物です。普段の食生活の中へ適度に取り入れ、健康な体を手に入れましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る