TOP > > がん予防にも効果があると言われる笑う健康法が体に与える影響とは

がん予防にも効果があると言われる笑う健康法が体に与える影響とは

笑う事が健康にいい影響を与えるとしたら、こんなに簡単で便利な事はありませんね。笑う健康法というのもあるくらいですし、医学的にも笑いがもたらす健康効果は確認されています。

常に眉間にしわを寄せ仏頂面をしているよりも、ニコニコと笑顔の人の方が見ていても気持ちがいいものですね。もちろん自分自身も怒ったりイライラしている時よりも、笑っている時の方が気持ちいいものです。

笑うという事が健康にいい理由

笑うといってもいろいろありますので、中には楽しくないのに無理やり笑顔を作らなければいけない事もあります。でもこういう時こそ、無理にでもテンションを上げて笑ってみましょう。お腹を抱えて笑う、涙が出るほどバカ笑いをするなど笑い方もいろいろありますが、笑う時は思い切り笑いましょう。

笑っている時、体の中ではナチュラルキラー細胞という細胞が増えることが確認されています。ナチュラルキラー細胞というのは、がん細胞を攻撃する事でも知られていますが、免疫力を高める効果も期待できると言われています。

笑えば笑うほど、ナチュラルキラー細胞は増えていくので、せっかくなら心の底から楽しみ笑ってみるのもいいですね。ちなみに笑うことで増えるナチュラルキラー細胞というのは、リンパ球の一種です。リンパは体の中を巡っていますから、笑うことでナチュラルキラー細胞が体の隅々まで行き渡るのです。

これとは真逆で強いストレス状態になったり、強い悲しみに打ちひしがれる時、ナチュラルキラー細胞は減っていくと言われています。ストレスを感じると体の中では活性酸素が増えるので、体の中が酸化し細胞を傷つけます。細胞だけでなく血管や内臓にも負担をかけるので、ナチュラルキラー細胞がどれだけ健康に役立っているかも、なんとなく想像できると思います。

笑いのススメ

笑えば笑うほどナチュラルキラー細胞は増えてくれますが、笑い方にも種類はあります。仲のいい友達と馬鹿話をしたり、お笑い番組を見て思い切り笑うのもいいでしょう。バカ笑いや大笑いも気持ちを楽にしてくれますが、思わずクスっと笑ってしまうような小さい笑いの時の方が、心の底から楽しめているという事が多い気がします。

例えば自分の言い間違いや、文字の書き間違えや読み間違いがあった時、それを狙ってしているわけではないので、ちょっぴり恥ずかしいと思う気持ちもありながら、思わず笑いがこみ上げてくる事もあります。ペットや子供の何気ない失敗や面白い行動を見た時、意識しなくても自然と笑顔になり、笑わずにいられない事もあります。

思い出し笑いや、思わずほっこりしてしまう笑いの方が、体にも優しい気がします。これから笑った時には、自分の中でナチュラルキラー細胞が増え、免疫力を高めてくれているとイメージしてみるのもいいかもしれません。何事もプラス思考に考えればいい結果もついてきそうです。

笑いの意外な効果について

笑うことでナチュラルキラー細胞が増えるというのは、医学的にも証明されているのです。これはある実験でも証明されていますが、笑う前と笑った後の体の中の変化は、血液検査でもナチュラルキラー細胞が活性化しているのが確認されたそうです。

笑うことで増えるナチュラルキラー細胞は、免疫力を高める以外にも、体にとってメリットになる事がいくつかあります。笑っている時は大笑いするほど、空気をたくさん吸い込もうとしますね。酸素をたくさん取り込むので、血行促進効果も期待できます。

これにより細胞が活性化するので、脳にいい影響を与えると言われています。笑っている時は楽しいという気持ちになるので、脳もリラックスしています。この時自律神経のバランスも整うので精神的な不安も解消されます。

笑う健康法が注目されたのは、がん予防やがん治療にも取り入れられた事が大きいかもしれません。これには理由があって、笑うことで幸福感が生まれ脳からエンドルフィンというホルモンが分泌されます。これは鎮静作用のあるホルモンなので、痛みを和らげる効果も期待されているのです。

笑う門には福来るということわざもありますが、笑うだけで健康になれるならこんなにいい事はありません。笑いがもたらす健康効果を知れば、いつもより笑いに対する意識もいい方向に変わっていきそうですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る