TOP > > 低体温が原因でがん等の病気に!体温と代謝を上げる方法5つ

低体温が原因でがん等の病気に!体温と代謝を上げる方法5つ

refreshing women who exercise

「平熱」と言われたとき、だいたい何度くらいを思い浮かべますか?また自分の平熱はどのくらいなのかご存知ですか?

健康な人の平熱は36.5度から37.2度くらいです。想像していたよりも高いと感じられたのではないでしょうか。

しかし今、平熱が36度未満しかない「低体温」の人が増えています。平熱が低いからといって特に何も意識されないかもしれませんが、実は低体温は様々な病気のリスクを上げてしまいます。

低体温がもらたす危険性を知り、体温を上げて生き生きとした毎日を送るためにも、日頃の生活を見直すヒントをぜひ見つけてみてください。

低体温になると免疫力も基礎代謝も下がり、全身に問題が発生!

まず「低体温」とはどんな状態を言うのでしょうか。

「低体温」というのは病名ではなく、そのため医学的にはっきりとした定義があるわけでもありません。一般的には平熱が36度未満の状態を低体温と呼んでいます。

人間の平熱は本来ならば36.5~37.2度と言われています。子供のころ、37度以上あると「熱がある」と言われた経験のある人もいるでしょう。しかしだるさや辛さなどがなければ、37度くらいなら健康な状態なのです。

体温が1度下がると、免疫力は30%も下がる!

私たちの体には、外から侵入してきたウイルスや細菌などの異物を攻撃して排除するための「免疫」というシステムがあります。この免疫システムがきちんと機能していてくれることで、病気を撃退し健康を維持していけるようになります。

しかし体温が1度下がると、免疫力は30%も下がってしまうというのです。

体温が下がってくるとそれ以上熱を逃がさないようにするために、私たちの体は(皮膚表面近くの)血管を収縮させます。血流を抑えることで、体内の熱が外に逃げてしまうのを防ぐのです。

つまり、体温が下がると血流が悪くなります。すると、免疫システムを担う白血球の動きも悪くなってしまうのです。

普段、白血球は侵入してきた異物を見つけると、仲間を呼び集めてみんなで攻撃して異物をやっつけています。仲間は血流に乗ってやってくるのですが、その血流が悪いとなかなか異物にたどり着けなくなってしまうのです。

また白血球が異物を攻撃する際には、酵素の助けが必要になります。酵素の働きが一番活発になるのは体温が37度前後の時。体温が下がるとこの酵素の働きも悪くなってしまい、異物と十分に戦えなくなってしまいます。

このようなことから体温が1度下がると免疫力は30%も下がって、細菌やウイルスに弱くなってしまうのです。

逆に体温が1度上がると、免疫力は5~6倍も上がるとされます。体温が上がることで血流が良くなり、酵素の働きも良くなって免疫システムがうまく機能するようになるのです。

body temperature and immunity

ちなみに風邪をひいたときに発熱してしまうのは、体がウイルスと戦うためにがんばっているからです。体温を上げて血行を良くし、酵素の働きも活発にさせてウイルスをやっつけようとしているのです。

ですから風邪で熱が出たからといっても、(程度にもよりますが)すぐに解熱剤を飲む必要はありません。解熱剤は血行を悪化させますし、なによりウイルスと戦うためにせっかく上げた体温をむやみに下げることはないのです。

最近は風邪ぎみでも微熱程度なら、入浴してしっかり体を温めたほうが早く治ると言われます。

湯冷めしないようにし、ぐっすり眠ることも大切です。もちろん高熱で具合が悪く辛いといったときには入浴せずすぐ寝ましょう。

体温が1度下がると、基礎代謝は12%も下がる!

基礎代謝とは、私たちが生命活動していくために必要なエネルギーです。私たちが眠っているときにも、体は内臓を動かしたり体温を維持したりしています。そのために使われるエネルギーが「基礎代謝」です。

低体温になると、体温を維持するために必要となるエネルギーも減ってしまいます。そうして体温が1度下がると基礎代謝も12%下がってしまうことになるのです。

体温を維持するためのエネルギーは、基礎代謝のなんと7割ほどにもなります。つまり体温が高ければその分、基礎代謝も上がるのです。

基礎代謝の高い人のほうが太りにくいということは、よく知られていることでしょう。ダイエット企画でも「基礎代謝を上げて痩せよう!」といったタイトルを見かけます。

年齢、体重などによって基礎代謝や消費カロリーは違ってくるため一概には言えませんが、体温が1度高くなっただけで、寝ていても毎日30分のウォーキングと同じくらいのカロリーが消費できます。これは大きいでしょう。

同じ生活をしていても、低体温では脂肪がどんどんついて太りやすくなっていってしまいます。体温を上げるだけで、同じ食事で同じ生活をしていても太りにくい体になれるのです。

脂肪がつき、肥満になっていくと健康にもよくありません。血圧が上がったり、動脈硬化になったりということも出てきてしまいます。

低体温だと全身に様々な症状が現れる

健康なときには、あまり自分の体温を気にすることなどないのではないでしょうか。平熱が多少低くても、普通に毎日を送れるのならば別に問題ないとも思ってしまいがちです。

でも低体温の状態では、免疫力や基礎代謝が下がってしまっています。そして自分でも気付かないうちに、様々な問題が起きてしまっているかもしれないのです。

今まで「私はこういう体質だから…」と諦めてきたことも、実は低体温に原因があったかもしれません。

低体温になると、具体的には次のような症状が現れやすくなります。

  • 冷え症
  • 朝が弱い
  • 血行が悪い
  • 肌荒れ、肌のくすみ
  • 風邪を引きやすく、治りにくい
  • 頭痛、肩こり
  • 体がだるい
  • 便秘
  • アトピー、喘息
  • 生理痛、生理不順
  • 更年期障害
  • 太りやすい
  • 寝つきが悪い、熟睡できない
  • 糖尿病、胃潰瘍、ガンなどのリスクが上がる

他にメニエール病、認知症、うつ病なども低体温になると現れやすいとも言われます。このように、体中にいろいろな不調が現れてしまうのです。

例えば低体温では血流が悪くなるために、肌荒れしたり肌がくすむようになってしまいます。今まで自分の肌質だからしかたないと思っていたことも、実は低体温が原因かもしれません。

また血流が悪いと頭痛や肩こりも起きやすくなります。免疫力が下がるために風邪も引きやすくなってしまいます。

女性にとっては生理痛や生理不順、更年期障害なども気になるところです。

もしかすると体温を上げることで、今までしかたがないと諦めていたことも改善されてくるかもしれないのです。

低体温になると、ガンになりやすくなる

低体温になると様々な問題が起きてしまうことはお話しました。その中でも意外に思われたことのひとつは、ガンのリスクが上がるということでしょう。

実は低体温だと、ガンになりやすくなるとされています。実際、ガンを発症する人は低体温の人や手足に冷えがあるという人が多いようなのです。

ガン細胞は体温が下がると元気になる

私たちがエネルギーを獲得する方法には二つの仕組みがあります。これはミトコンドリア系と解糖系と呼ばれるものです。ミトコンドリアで行われる代謝はクエン酸回路(TCAサイクル)と呼ばれます。

ミトコンドリア系は酸素のある環境で効率良くエネルギーを生み出していく仕組みです。これは体温が高いほうがよく働いてくれ、一般的な細胞はこちらになります。

それに対して解糖系は、酸素のない環境で素早くエネルギーを生み出します(ただ効率はミトコンドリア系より悪くなります)。体温が低いほうがよく働き、精子やガン細胞がこのタイプになります。精子は熱に弱いと聞いたことがあるかもしれません。

つまりガン細胞は、酸素がなく体温が低い環境のほうが元気になっていくのです。35度の時が最も増殖すると言われています。

体温が上がるとガン細胞は元気がなくなる

逆に体温が上がると、ガン細胞は元気がなくなっていきます。体温が39度になると、ガン細胞は死んでしまうことがわかっています。

実はどんな正常な人でも、その細胞は毎日ガン化していっています。そして体温が低いと、ガン化した細胞はどんどん元気に増殖していくことになるのです。しかし体温が高ければ、ガン細胞は元気をなくして増殖できなくなり消滅していきます。

免疫システムが活発に働いてくれるのも体温が高い状態のときです。体温が高ければ免疫システムが働いて、ガン細胞をどんどん攻撃して消滅させてくれます。しかし体温が低いと免疫の働きは悪くなり、ガン細胞に負けてしまうのです。

つまりガンになるリスクを上げないためにも、低体温は改善していったほうがよいのです。

ガン細胞は知らないうちに増えていってしまいます。

だから日頃からガン細胞を増やさないように、できることはどんなことでもしておいたほうがいいですよね。

低体温では活性酸素が増えていってしまう

私たちが生きていくうえで、酸素はなくてはならないものです。体内に取り込んだ酸素を利用して、生きるためのエネルギーを作り出しています。

ただ体内に取り込んだ酸素のうち、2~3%は「活性酸素」という酸化力の強い酸素に変化してしまいます。活性酸素は体に侵入してきた細菌やウイルスを殺菌し排除する働きもあり、私たちの体にとって必要な存在でもあります。

しかし過剰になってしまうと、体に害を及ぼす悪者でしかありません。動脈硬化や糖尿病やガン、白内障やシミやシワといった老化も、その原因のひとつには過剰になった活性酸素があると考えられています。

私たちの体には、過剰になった活性酸素を消去するための酵素も存在しています。この酵素が元気に働いてくれることで、活性酸素が増え過ぎてしまわないようにコントロールしているのです。

実は低体温になると、活性酸素はどんどん増えていってしまいます。

低体温のときには、自律神経のバランスが乱れて交感神経が優位になっています。血管は収縮して血流は悪くなり、そして白血球のうちの顆粒球が増えています。

顆粒球には侵入してきた細菌などの異物を処理する働きがあるのですが、働き終えて死滅していくときに活性酸素を大量に発生してしまいます。

そして低体温になると、活性酸素を消去するための酵素の働きも鈍ってきます。活性酸素が大量に発生していても、それを消去する仕組みがうまく働いてくれないのです。

こうして、低体温になると活性酸素がどんどん増えていってしまうのです。そして過剰になった活性酸素によって細胞はダメージを受け、生活習慣病や老化が進みやすくなってしまうと考えられるのです。

老化が進んでしまってから焦っても遅いですね。そうならないためにも、今のうちから気をつけましょう。

甲状腺の機能低下が低体温の原因になることも…

低体温が健康にも美容にも良くないことをわかっていただけたでしょうか。このように、低体温は私たちの体に様々な不調をもたらします。「病気」とまでは言えない低体温の症状を、これ以上体調を崩してしまう前にきちんと改善させていったほうがよいでしょう。

低体温は日頃の生活を見直すことで改善していけます。ただまれに、病気が原因で低体温になっていることもあります。実は甲状腺の機能が低下すると、その症状のひとつとして低体温が現れてしまうのです。

甲状腺とはのど仏のすぐ下辺りにある、甲状腺ホルモンを作っている器官です。甲状腺ホルモンは、全身の新陳代謝を活発にさせる働きがあるホルモンです。

甲状腺ホルモンが過剰になってしまった病気のひとつがバセドウ病で、新陳代謝が活発になりすぎて脈が速くなる、暑がりになって汗をよくかくようになるといった症状が現れます。またいくら食べても体重が減っていくようになります。

この逆が、甲状腺機能が低下して甲状腺ホルモンが不足してしまう病気です。橋本病などがこれにあたります。

甲状腺ホルモンが不足してくると新陳代謝が十分に行われなくなり、以下のような症状が現れます。

  • 低体温、寒がり
  • 脈が遅くなる
  • 肌がカサカサになる
  • 食べないのに太る
  • 疲れやすい、だるい
  • 気力がでない など

もしも低体温以外にも心当たりの症状がある、もしくは生活を見直してみたけれどなかなか低体温から抜け出せないなどということがあれば、一度医療機関を受診してみてください。

低体温改善のために、今すぐできる生活習慣の見直し5つ

まれに低体温の原因が甲状腺機能にあることもあります。しかしほとんどの原因は生活習慣です。毎日の生活を見直すだけで、きっと少しずつ体温を上げていくことができます。

体温が上がれば、健康にも美容にもよいことがたくさんあります。生き生きとした毎日を送ることができれば、精神的にもプラスになることが多いでしょう。

では低体温を改善させるための生活習慣とは、どのようなものなのでしょうか。どんなことに気をつけていけばよいのかみていきましょう。

1.ストレスを溜めない

低体温になってしまう一番大きな原因はストレスです。私たちが普段生活していく中では、多かれ少なかれ誰でもストレスを感じることはあるでしょう。これは精神的なことだけでなく、暑い寒いといった肉体的なもの含まれます。

こうしたストレスを感じたときには、自律神経やホルモンがバランスをとることでそれに対処していってくれます。しかしストレス状態が長く続いてしまうと、次第にこのバランスが乱れていってしまうのです。

ストレス状態が続くと、自律神経の交感神経が優位に働き続けることになります。このとき、血管は収縮して血流が悪くなっています。また白血球のうちの顆粒球が増え、その影響で活性酸素が多くなり周囲を酸化することで血液はどろどろになっていきます。

ストレスに対処してくれるはずのホルモンのバランスも乱れ、やがて細胞はストレスからなかなか回復できなくなっていきます。

このように自律神経やホルモンのバランスが乱れた状態が続いていくと、やがて低体温になっていってしまうのです。

低体温を改善させるには、ストレスを解消して自律神経やホルモンのバランスを取り戻していくことです。忙しい毎日の中でストレスをなくすというのはなかなか難しいかもしれませんが、ストレス解消のための自分なりの方法を持っておくことも大切でしょう。

忙しい中でもリラックスできる時間を作り、好きな本を読んだり音楽を聴いたりする。友達とおしゃべりする。ゆっくりお風呂にはいる。そしてスポーツなどで体を動かすこともストレス解消になります。自分の大好きな時間をぜひ作ってみてください。

2.睡眠不足や不規則な生活はやめる

睡眠不足が続くと、交感神経は過度に緊張した状態になります。また不規則な生活は自律神経のバランスを乱してしまいます。そしてこれらの状態は低体温につながってしまうのです。

人の体内時計は、朝になって太陽が昇るころになると交感神経が優位になるように働きます。そうして目が覚めて一日の行動が活発に始められるようになるのです。夜になると今度は副交感神経が優位になっていき、メラトニンも分泌されて眠くなっていきます。

睡眠不足が続いたり不規則な生活をしていると、このリズムが狂ってしまうのです。寝る前にパソコンやスマホを見てブルーライトを浴びることなども、体内時計のリズムを狂わす原因になります。

そしてこのような状態が続いていると、自律神経のバランスは乱れ低体温になっていってしまうのです。

規則正しい生活をし、夜更かししたりせずしっかり睡眠をとることが大切です。なるべく早寝早起きの習慣を身につけるとよいでしょう。休みの日だからといって、朝寝坊しすぎるのもよくありません。

3.ゆっくりお風呂に浸かる

体温を上げるには、シャワーではなくゆっくりとお風呂に浸かることも大切です。シャワーだけでは体が温まりません。一日の終わりにはしっかりお風呂に浸かってリラックスすることで、体も温まるし昼間のストレスも解消できるようになるのです。

お風呂に入るときには、お湯の温度にも注意してください。熱いお湯にさっと入ったのでは、交感神経が働いて興奮してしまい逆効果です。熱すぎない心地よい温かさのお湯にゆっくり浸かるようにしましょう。

お風呂から出た後は、湯冷めしないようにも気をつけてください。

4.食事はバランス良く摂る

体温を上げ、健康な体を作るためには何をどう食べるかについても大切です。以下のようなことに気をつけてみてください。

  • 1日3食をきちんと食べる
  • 体を冷やすものは控える
  • 栄養バランスを考え、特にビタミン・ミネラルをしっかり摂る
  • 食事を制限するダイエットを過剰にやらない

まず食事は1日3食きちんと食べるようにしましょう。朝食をきちんと摂ることで1日のエネルギーが作られ、体は温まっていきます。メニューは温かいものがよいでしょう。

当り前ですが、冷たいアイスやジュースは体を冷やしてしまいます。バナナのような南国生まれのフルーツや、キュウリやトマトといった夏野菜も体を冷やしてしまいます。夏野菜は熱を加えることで、体を冷やす作用が和らぎます。

現代の生活は冷暖房が完備され、またどの季節でも同じようなものを食べられるようになりました。暖房の効いた部屋でアイスを食べたりすることも多いのではないでしょうか。しかし冷たいものは、やはり体を冷やします。食べ過ぎには気をつけましょう。

そしてなるべく温かいものを食べたり飲んだりするようにしましょう。根菜のスープなどもよいでしょう。

栄養のバランスも考えて下さい。栄養素は互いに協力しあって働いているため、いろいろな栄養素がバランス良く摂れていないとうまく働いてくれません。不足すると熱を効率良く作れなくなってしまいます。

特にビタミンやミネラルは普段の食事でも不足しがちです。インスタント食品や外食が増えると、さらに不足しやすくなってしまいます。それではうまく熱を作れないのです。

ビタミンは緑黄色野菜や果物、ミネラルは海産物や乳製品、大豆製品に多く含まれています。それらのものを普段からたくさん食事に取り入れていくようにしましょう。

そして過剰なダイエットはよくありません。食事制限をするダイエットをすると、一時的には体重が減るでしょう。しかしこのとき、真っ先に減っているのは脂肪ではなく筋肉と水分です。そしてリバウンドするときには脂肪が増えます。

筋肉が減り脂肪が増えると、基礎代謝は減ってしまいます。しかも同じ体重に戻っていても、筋肉よりも脂肪のほうが軽いためについたお肉の量は増えてしまっているのです。

何度も過激な食事制限ダイエットをしていると、体はどんどん痩せにくくなっていきます。リバウンドを繰り返すことで筋肉は減って脂肪が増えてしまいます。それによって基礎代謝が減り、ますます熱を作れなくなって低体温になってしまうのです。

基礎代謝が減って低体温な状態になると、残念ながら、さらに痩せにくく太りやすい体になっていきます。

5.適度な運動をして、筋肉をつける

筋肉をつけて基礎代謝を上げることも、低体温の改善には大切です。脂肪は熱を生み出せませんが、筋肉は熱を生み出すことができます。筋肉が増えれば生み出せる熱の量は増え、体温も上がっていってくれるのです。そして太りにくくもなれます。

また適度な運動はストレス解消にも良いでしょう。筋肉を使わないでいると、20歳頃をピークにして少しずつ減っていってしまいます。ウォーキングのような無理のない運動を気長に続けていくことはお勧めです。がんばり過ぎることはありません。

低体温の状態が続いていると、自分でも知らないうちに様々な不調が起きてしまっている可能性もあります。体温が少しずつでも上がってくることで、今まで体質だからしかたないと思っていたようなことも改善されてくるかもしれません。

ぜひ一度自分の平熱を確認し、もしも36度未満のようでしたら体温を上げるための対策を考えてみてください。

いつまでも健康で若々しくいるためにも、低体温は改善したほうがいいですね。まずは自分の体温を確認してみましょう。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る