TOP > > 最近多い低体温の危険性!基礎体温を上げるための対処法を考える

最近多い低体温の危険性!基礎体温を上げるための対処法を考える

最近、低体温の人が増加しているとの話を良く耳にします。日本人の平均体温は36.8℃であり、36.5℃程度あれば標準と考えられます。しかし、平均体温は35℃台の人が大人、子供に限らず増加しているようなのです。

もともと体温とは恒温動物である人間が活動する上で必要な作用であり、効率の良い代謝においても重要なものです。

体温は低くても高すぎても代謝に影響が出て、生命を維持することが困難になります。人間において一番理想的な体温が37℃近辺であり、世界的な平均値もそこにあることが判明しています。

平均体温が低いとどのような障害が出るのでしょう。低体温について調べてみましょう。

低体温とはどのような症状でしょうか?

低体温とは平均体温が36.5℃よりも大幅に低い状態であり、35℃台が平均体温の人は低体温と考えても良いと思います。低体温になると血液の血流も悪くなり、手足は冷たく様々な症状が現れてくると言われています。

低体温は女性に多い症状と考えられていましたが、最近では男性や子供にまでも広がっているのです。低体温を自覚して日常生活を送っている人は稀であり、ほとんどの人は自分が低体温だと気が付いていません。

反対に37℃付近に平熱がある人の方が「自分は病気ではないのか?」などと心配しているケースもあるようです。

低体温になると血行不良から様々な障害が発症しますが、それらが体温からくるものだとはなかなか気が付かないようです。代表的な症状としては以下が上げられます。

  • 血行不良による筋肉硬直が見られます。具体的には肩コリや腰痛などの筋肉痛になります。
  • 体温の低下により代謝がスムーズに出来なくなるので、エネルギーの生産効率が下がります。これにより疲れやすい体力のない状態になります。
  • 代謝の低下は免疫力の低下にも繋がります。免疫力が低下した結果、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。
  • 代謝の低下は太りやすい身体を作ります。同じ量の食事をしても太りやすいのは低体温が原因かもしれませんね。
  • 低体温の人はガンが発症しやすいと言われています。ガン細胞は通常の細胞よりも低い体温を好むそうです。
  • お腹が冷えている場合、便秘や下痢を繰り返す症状が見られることがあります。また腸を冷やす行為は免疫力低下に繋がることが分かっています。

低体温を改善する対処法を紹介します

低体温はあまり良いことはないようですね。いきなり平熱を1℃上げろと言われても中々難しいのも現実であり、きっと身体もついていけないと思います。そこで、むりなく少しずつ平熱を上げられる対処法を調べてみました。

低体温の改善にはまず食事に気をつけるのが簡単で効果があります。食品には「陽性食品」「中間食品」「陰性食品」があり、それぞれ「身体を温める食品」「中間の食品」「身体を冷やす食品」という意味です。

つまり食事は陽性食品を中心に摂取すれば身体は温まり、平熱も徐々に上がっていくという訳です。

陽性食品は「にんにく、生姜、ネギ、根菜類、ニラ、魚、肉、油」などであり、陰性食品は「果物、コーヒー、キャベツ、トマト、レタス、きゅうり」などが代表でしょうか。考え方としては寒い北国で取れる作物は陽性食品が多く、南方の地域で収穫されたものには陰性食品が多いそうです。

中間食品としては「玄米、トウモロコシ、ジャガイモ」などがあります。また甘いものは陰性食品、しょっぱいものは陽性食品としてみることも出来るそうです。

このように陽性食品と中間食品を中心にした食事を行うことで身体は温まるのはもちろんですが、陰性食品も調理の組み合わせとして陽性食品を加えることで効果が期待出来ます。サラダは生野菜なので基本的に陰性食品ですが、ドレッシングに生姜を加えることで身体の冷えを防ぐ効果があります。このように、食事の工夫次第で身体を冷やさずにすむのです。

運動は身体を温めるには最も重要な項目です。筋肉を柔らかく保つことは、血行を改善し発熱を促すことになり、代謝を上げる効果があります。激しい運動は必要ありませんので、ウォーキングやストレッチなどの低負荷運動をリラックスした状態で実行して下さい。

最後に入浴における改善法です。入浴はシャワーのみでなく、しっかりと湯船に浸かることが重要です。しっかりと内臓(大腸、小腸など)を温めることを意識して入浴するのです。そのためには、ぬるめのお湯に最低でも10分は浸かることが必要で、出来れば20分程度の入浴が理想ですね。

内臓を芯から温めることは、体温を上げるだけではなく、免疫力の向上効果もありますので、ぜひ実行して下さい。

やはり低体温はあまり良いことはないようです。「あと0.5℃でも上げられたらなぁ」と思った貴方、ぜひ実行してみて下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る