TOP > > 低体温が体の不調を招く!毎日の元気を取り戻す体温の上げ方とは

低体温が体の不調を招く!毎日の元気を取り戻す体温の上げ方とは

自分の平均体温が何度か調べたことがありますか?体温は遺伝や加齢、体調不良などで意外と下がりがちです。体温が下がると全身の機能に影響が出るので、どうしても健康のレベルも下がります。体温を上げて毎日の元気を取り戻すコツをお教えしましょう。

どれくらい平均体温があれば正常?

日本人の平均体温は約36.2℃と言われていますが、世界のレベルで見るとかなり低い方であることが分かっています。ヨーロッパ系の白人ではほぼ37℃が平均ですから、1℃もの差があることになりますね。

日本人も、50年ほど前には36.8℃が平均でした。ですから、36.2℃あっても、それで大丈夫と思わずにもう少し上げる努力をしても良いのです。

体温が下がるとどんな健康不良が起こるのか

睡眠障害

眠りの波と体温変化の波は同調しています。体温のコントロールが上手にできないと、寝付きも悪く、深く眠れないままになりがちで朝起きるのも辛くなり、不眠症状が強くなります。

生理不順・更年期障害・不妊

女性はもともと冷えがちな体の構造を持っているのですが、体温が下がるとホルモンのバランスは崩れてしまい、大事な機能にダイレクトに影響を与えます。

自律神経失調症

体温が下がると全身の機能が低下します。自律神経失調症は体内のバランスを保つことが必要なので、影響を受けやすいのです。

風邪・血栓・ガン…たくさんの病気を招く原因になる

体温が低くなると免疫細胞が動きにくくなります。免疫細胞は体に悪い影響をもたらすものを撃退してくれるのですが、動きがにぶくなると戦いに負けてしまい、色々な病気を防げなくなるのです。

体温を上げる主な食べ物と効果の高まる食べ方

しょうが

しょうがは一般的に体を温めるとして知られていますが、実は生のままで食べると、温まるのは末端の手足などだけにとどまります。体の奥から温めたければ乾燥しょうががオススメです。

じゃがいも・かぼちゃ・ごぼう・里芋・ネギなどの根菜類

煮炊きして食べるのが好ましい。冷製スープにするとお腹が冷えてしまいますので、夏でも熱い料理で食べましょう。

ネギは昔から風邪をひいたら白いところを焼いて食べろと言われていたほど、体温を上げるにはうってつけの野菜です。5センチくらいの長さに切って、フライパンでコロコロ転がしながら表面に焼き色がつくくらいに焼くだけで甘く食べやすくなります。

魚介類・豆製品など

ミネラルを多く含むものは血液を作るために必須の栄養素です。血が不足すると体温は下がりますから、積極的に食事に取り入れましょう

運動で体温を上げる

今すぐに体温を上げたいなら運動が最適です。体を動かせばエネルギーが燃えて、すぐに熱くなります。体温が下がる原因として運動不足も大きな問題となっていますから、エレベーターでなく階段を使ったり、自転車で出掛けていたのを徒歩に変えるなどして毎日の運動量を増やしましょう。

家の中で出来る簡単な運動としてはストレッチやヨガなどがありますが、踏み台を使っての昇降運動もオススメです。一日のうちに数度、繰り返し行うと効果も上がります。

体温を1℃上げると良いことづくめ!

免疫力が上がる

体温が1℃上がると免疫力がぐっと上がって、体の中で毎日作られる悪性の細胞への攻撃が活発になります。もちろん、外から侵入して来るウイルスや病原菌にも目を光らせてくれますから、風邪などの流行り病などにかかりにくくなります。

ストレスに強くなる

体温が上がると、全身に充分な栄養がめぐりやすくなります。これが自律神経を整えてくれるのでストレスに強くなれるのです。

内臓についた脂肪が燃えやすくなる

メタボだダイエットだと毎日のように耳にしますが、食べ物を控えるよりも体温を上げるほうが脂肪が燃えやすくなります。忙しい毎日のためにも、体温アップで笑顔もアップ。健康生活を目指しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る