TOP > 低体温

低体温だと何故いけないの?

日本人の平均的な体温は、36度~37度とされていますが、近年、35度代の方が増加傾向にあり、体温が35度以下の方のことを低体温と言います。

人間は、自らの体温を自然に調整する力を持っており、体温が上がれば、発汗することで体温を下げ、体温が下がれば、体を震わせたりすることで体温を上げるようになっています。

ですが、運動不足や栄養の偏りによる筋肉量の低下、血行不良、過度のストレス、冷暖房の使用、などの理由で、体温調整が出来ない体になりつつあるのです。低体温は、女性に多いとされていましたが、最近は、子供や男性にも広がりつつあります。

体温が1度下がると、免疫力や抵抗力まで下がってしまうので、病気にかかりやすくなる上に、脂肪を燃焼できず太りやすくなったり、疲れやすく、肩こり、腰痛、不妊の原因にもなります。

また、35度という体温は、がん細胞が繁殖しやすい体温なので、がんのリスクまで上がってしまいます。温かい食べ物、飲料を摂取し、湯船に浸かって血行促進、質のいい睡眠を心がけ、体温アップを目指しましょう。

こちらのカテゴリでは、低体温の原因とは何か、低体温を予防する方法とは、低体温を改善する方法とは、などをご紹介しています。

低体温の原因とは

人間の体は、不思議なもので、自分では気づかないうちに、ストレスを抱えていることも多くあります。気持ちは反応していないつもりでも、体にはダメージを受けていることがあるのです。

それでも、普段は交感神経や副交感神経、ホルモンがバランスを取ってくれていますが、過剰なストレスなどを受け続けると、そのバランスが崩れ、自律神経が乱れます。自律神経の乱れは、体のあちこちに不調をきたすもの。まずは、リラックスできる環境を整えましょう。

・過剰なストレス
自律神経のバランスが崩れると低体温になる!その理由と原因とは?

低体温の予防方法とは

低体温でいると、人間は病気を招きやすくなります。冷えから、睡眠障害などを起こすことも分かっています。それらを防ぐためにも、体温を36度台にすることが、病気や様々なものから自分を守るコツです。元気を取り戻す方法を知り、心がけてみられてください。

・体温を1度上げよう
低体温が体の不調を招く!毎日の元気を取り戻す体温の上げ方とは

低体温の改善方法とは

子供の体温というのは、ふつうは高いものです。37度あっても、子供だったら心配ないと言われるほど。ですが、近年、子供たちの間にも低体温が増えています。

低体温は、自律神経の問題です。そのため、集中力が続かなかったり、キレやすいという子供が増えているのです。体温が低いと、病気にもなりやすいので、体温が低ければ体温を上げる努力をしてあげてください。

・増えている子供の低体温
今、子供の平熱が低い?悪影響が多い「低体温」改善に4つのおススメ

低体温は、生活習慣の乱れが大きな原因です。ですから、ご自分の生活習慣の見直しが重要になってきます。夜更かし、食べやすいファーストフードばかりの食事、エアコンの多用、などの毎日を送られていませんか?

それらを改善すれば、体温も上がってきます。適度な運動も取り入れながら、規則正しい毎日を送るようにしましょう。

・体温を上げよう
様々な病気を引き起こす低体温!それを改善するための5つの方法
低体温の改善には筋肉をつけよう!基礎代謝が上がって血行も良くなる

低体温への意識改革

熱があると、私たちは「風邪かな?大丈夫かな?」と心配しますが、体温が低いことで、「大丈夫かな?」と思う方は、ほとんどいないと思います。

ですが、平均体温が35度台の方というのは、36度台の方よりも免疫力も抵抗力も弱く、病気になりやすい傾向があります。がん細胞が増殖しやすいのも、35度台という統計があり、がんへのリスクも上がってしまいます。低体温を侮ってはいけないのです。

・低体温の影響
今、私たちの体温は下がっている!低体温がもたらす影響とは?
最近多い低体温の危険性!基礎体温を上げるための対処法を考える

低体温の方の体温が1度上がれば、肩こりや、疲れやすい、眠れない、などの不快な症状はほとんど消えていくはずです。1度ではありますが、その1度には、驚くべき効果があるのです。

・体温が上がれば健康になれる
低体温の人の体温が1,2度上昇するだけで驚くほど体調が良くなる理由

低体温の知っておきたい知識とは

体温が低いと、脂肪を燃焼することが出来ません。脂肪を燃焼出来ないとなると、脂肪が体に蓄積されていくだけ。つまり、太ってしまうのです。体温が低いだけで太るなんて、と思われるかもしれませんが、事実です。痩せたいと思われているならば、体温を上げましょう。

・体温を上げなければ痩せない!?
低体温はダイエットの敵?!体温が上がれば基礎代謝も上げられる!

がん患者の方の平均体温は、35度台の方がほとんどという結果があります。実は、がん細胞は、35度の体温が一番繁殖しやすく、がん細胞にとっては最適な温度なのです。

そこで、がんの治療をされる際には、体温を上げることから始められるドクターもいらっしゃるほど。低体温に、いいことはありません。日ごろから、体温アップを目指しましょう。

・がん細胞は低体温がお好き
低体温の人は要注意!体温が低いほどガン細胞は元気になる!

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る