TOP > > 「低血圧だと朝が苦手なのはなぜ?」など低血圧に関する5つのQ&A

「低血圧だと朝が苦手なのはなぜ?」など低血圧に関する5つのQ&A

「低血圧の人は朝が苦手」という話は、とっても有名です。でもなぜ低血圧の人は朝が苦手なのか、ご存知ですか?今回は、こういった低血圧に関する疑問を5つご紹介します。Q&A形式で分かり易くご説明しますので、参考になさって下さい!

Q:「低血圧の人は朝が苦手」なのはなぜ?

A:低血圧の人は、朝が苦手とよく言われています。その理由は、低血圧だと血圧のコントロールが上手に出来ないからです。通常は、寝ている間は副交感神経が働き、目が覚めると交感神経が活発化します。

しかし、低血圧の人は、交感神経と副交感神経の交代が、上手に出来ないのです。朝目がさめても、中々交感神経が活発化しません。体の動きを活発にする交感神経が働かない為、低血圧の人は、何となくやる気が起きなかったり、ベッドから起き上がれなかったりするのです。

Q:低血圧の原因は何?

A:低血圧の原因は、遺伝、自律神経の乱れ、病気の症状などがあると言われています。また低血圧は、若い女性がなりやすい症状としても有名です。しかし、女性も高齢になれば、低血圧から高血圧に移行する事があります。

低血圧も心配ですが、高血圧も様々な病気の原因となります。ですから、低血圧・高血圧共に、しっかりと予防に努めてください。

Q:低血圧はどうやって予防すれば良い?

A:低血圧の予防は、何と言っても規則正しい生活習慣です。栄養不足や睡眠不足になると、低血圧に陥りやすくなりますので、1日3食バランスの良い食事を摂ってください。また、夜はしっかり眠る事も大切ですよ。

睡眠不足になると、自律神経が乱れ、低血圧の原因となります。ですから、夜はしっかりと睡眠をとりましょう。また、食事制限ダイエットも、栄養不足になる可能性が高いので、低血圧予防のため、止めておいた方が良いです。

Q:低血圧にはなるとどんな症状が出る?

A:低血圧は、高血圧と異なり、あまり注目されることがありません。しかし、低血圧になると、様々な症状に悩まされます。代表的な低血圧の症状には、倦怠感、立ちくらみ、肩こり、冷え、朝起きられないなどです。また、中には失神して倒れてしまう人もいます。

特に失神してしまう人は、路上で倒れて頭を打つ可能性もありますので、注意が必要です。外出時には、友人や家族と一緒に行動するなどして、失神時のトラブルを最小限に防ぐように心がけてください。

Q:低血圧は病院に行く必要が無い?

A:高血圧の場合は、治療が必要になる事が多いです。でも、低血圧の人はどうなのでしょうか?基本的に低血圧は、「血圧が低いだけで健康」という位置づけです。その為、あまり治療を受ける人は多くありません。

しかし低血圧だと、食欲不振や倦怠感など、嫌な症状に見舞われていまいます。その為、生活習慣を整えるなどして、日常生活で出来る予防を行っている人が多いです。

ただ、ひどい立ちくらみがある人や、失神するほどひどい低血圧の場合は、病院で治療を受ける事がお勧めです。病院では、昇圧剤などが処方されることが多いようです。以上が低血圧に関する5つのQ&Aです。ぜひお役立てください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る