TOP > > スイーツ好きが危ない!低血糖症が原因の倦怠感を改善する方法

スイーツ好きが危ない!低血糖症が原因の倦怠感を改善する方法

食事の後に、我慢できないほど眠くなりませんか?ストレス解消にスイーツをドカ食いした後で、逆にイライラがひどくなる悪循環に陥っていませんか?実はこれらは、食後低血糖の典型的な特徴なのです。

食後は誰でもちょっと眠くなる

「食後に眠くなる」と他人に相談しても、あまり深刻には受け取ってもらえませんよね。「食事の後は誰でも眠くなる」と言われてしまって、悩みを理解してもらえません。でも通常の眠気と、低血糖からくる眠気は全く別物です。

まず、なぜ普通の人でも食後には、眠くなるのでしょうか?以前は胃に血液が集まって、脳の血流量が減るから眠くなるのだと、考えられていました。でもこの説は、今では間違いとされています。

脳は人間にとってとても大事な器官なので、そう簡単には血液の量が減らないようになっています。ではなぜ食後に眠気やダルさを感じるのかといえば、胃に血液が集まって、手足の末端の血流量が減ることが原因のようです。

末端の血流量が減ると体は休息モードに入る為に、倦怠感や眠気を感じるようになります。これが通常の食後の眠気です。しかし低血糖が原因で起こる眠気は、全く違うメカニズムで起こる為に、気を失ってしまう程の強烈な眠気になるのです。

低血糖からくる眠気は気絶レベル!

食事を摂ると急激に血糖値が上がり、その後は血糖値が急降下する病気があります。食後低血糖と呼ばれる病気です。この血糖値の下がり具合があまりに激しいと、猛烈な眠気や、場合によっては気絶することまであります。

脳は糖分をエネルギーに活動しています。その為、血糖値が異常に下がっている状況では、活動が低下します。食後に眠そうにしていると怠け者に見られそうですが、低血糖による眠気は機能障害の一種で、根性論で克服できるようなものではないのです。

ストレス解消のスイーツがイライラの原因?

食後低血糖は、なぜ起こるのでしょうか?主な原因は、糖質の摂りすぎだと言われています。普通は炭水化物(糖質)を摂ると血糖値がゆっくり上がり、その後はインスリンが平常時の血糖値まで穏やかに下げてくれます。

しかし糖質を摂り過ぎる生活を長年続けていると、血糖値を下げる為にインスリンをドバッと出す癖がついてしまって、やがて食事を摂る度に必要以上に血糖値を下げるようになってしまうのです。これが食後低血糖の原因だとされています。

また、血糖値が下がり過ぎると、なんとか血糖値を上昇させようと、脳はアドレナリンを分泌します。このアドレナリンは血糖値を上げてくれる代わりに、困った副産物をもたらします。理由も無くイライラしたり、急に怒りっぽくなったり。これはアドレナリンの作用によるものです。

砂糖たっぷりのスイーツは、糖質のカタマリです。だから低血糖の人がイライラ解消の為にスイーツを大量に食べると、一時的に血糖値が上がって気分が落ち着きます。ですが、その後は血糖値の急降下と共にアドレナリンが分泌され、またイライラしてしまう悪循環に陥ってしまうのです。

食べる順番を変えるだけで血糖値をコントロール

食後低血糖を避けるには、とにかく炭水化物(糖質)を摂り過ぎないことです。オニギリやラーメンのような炭水化物オンリーの食生活を止めて、たんぱく質や繊維質をバランス良く摂るのが理想的です。

また同じ食事内容でも、食べる順番を変えれば、より血糖値が安定します。ポイントは、野菜→肉→ご飯(麺類)の順に食べることです。野菜を一番先に食べるだけで、食物繊維が糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の急上昇を防ぎます。意外なところでは納豆やナッツ類も、先に食べれば同様の効果が期待できます。

食後低血糖は食事内容と食べ方を工夫することで、ある程度の改善が期待できます。血糖値のコントロールは、ダイエットにも効果的。まずは食べる順番を変えることから、始めてみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る