TOP > > 食後の入浴は危険!?高血圧の人が入浴する時に注意すべきこと

食後の入浴は危険!?高血圧の人が入浴する時に注意すべきこと

本来、入浴は血圧を下げる働きをするのですが、高血圧の人は入浴のしかたによって血圧が急激に変化し、心筋梗塞や脳卒中を起こす危険があるので注意が必要です。高血圧の人が注意すべき入浴のしかたについてご紹介します。

食後の入浴は血圧を変化させるので危険

外から疲れて帰ってきて、夕食とお風呂をどちらを先にするでしょうか?高血圧の人は、夕食後にお風呂に入ると血圧が大きく変化して、心筋梗塞や脳卒中を起こす恐れがありますので、夕食の前にお風呂に入るようにして下さい。

その理由は、食後は消化や吸収を行うため、血液が胃腸に集まります。その一方で、脳や心臓の血液は一時的に減っています。食後に眠くなるのもこのためです。食後は一時的に血圧が低くなる現象が起こり、高血圧の人ほど血圧の変化も大きくなります。

そのため、食後にお風呂に入ると、一時的に血圧が低下した状態から、お風呂に入って急激に血圧が上昇するので、その変化の大きさが引き金となり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまうのです。

入浴時の浴室の温度差に注意

リビング(居間)と脱衣所の温度差にも注意して下さい。夏はともかく特に冬場は、温かいリビングから脱衣所に行くと、急に寒くなり血管が収縮するので、血圧が急激に上がります。

そして、寒い脱衣所や浴室から、お湯に浸かった時に、さらに血圧は急激に上がります。一気に50mmHgも血圧が上がることもあります。

ですから、入浴時には脱衣所や浴室は温めて、居間との温度差が少なくなるようにしましょう。浴室は、浴槽のふたを少し開けてお湯を沸かしたり、シャワーを使ってあらかじめ温めるようにしましょう。浴室暖房の設備を利用するのも良いと思いますし、脱衣所にも暖房をつけたり、ヒーターを使って温めるようにしましょう。

また、湯船につかる前には、急に熱いお湯につからずに、掛け湯をして体をお湯に慣らしてから入るようにすると血圧の上昇を少なくすることができます。

お風呂は首までつからないこと

首までどっぷりとお湯につかると、体に大きな水圧がかかります。標準的な人でも400kg~500kgもの圧力が体にかかることになります。体に大きな水圧がかかると血圧も上がってしまうのです。

ですから、お湯の量を調節して、お湯が胸のあたりにくる程度のところまで浸かるようにして、肩から上はお湯を掛ける程度にしましょう。お湯の中にいすを置いて座るのも良い方法です。

一番風呂にも注意

高血圧の人は一番風呂も良くありません。一番風呂に入るとピリピリとした刺激を感じることがありますが、このお湯が与える皮膚への刺激によって血圧が上がります。人が入った後なら、人の皮脂などがお湯に混ざるので、お湯が滑らかになり刺激が少なくなります。

また、日本人は熱いお湯が好きですが、熱いお湯ほど心臓に負担をかけてしまいますから、ぬるめのお湯(38℃~40℃)に、5分から10分程度入るようにして下さい。41℃以上の熱いお湯は、温まる感じは強いのですが、交感神経を刺激して血管が収縮するので、血圧を上げてしまいます。

サウナや水風呂は控えましょう

高血圧の人は、サウナや水風呂の使用を控えて下さい。サウナや水風呂に入ると、血圧の変化がとても激しくなり、心臓に大きな負担をかけてしまいます。

さらに、汗で水分が失われた血液は、ドロドロになり流れにくいので、血圧も高くなります。のどの渇きを我慢して、サウナで汗を出すというような事は、絶対に控えて下さい。

また、お風呂に入る前には水を1杯飲んでから入るようにすると、汗で失われる水分をあらかじめ補給することができ、血圧の上昇を防ぎ、心筋梗塞や脳卒中の予防にもなります。

入浴は上手に行えば、健康づくりには良い方法です。しかし、間違った入浴法をすると命の危険にもつながります。お風呂は習慣的に入るものですから、正しい入浴のしかたを習慣にしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る