TOP > > 高血圧の治療にオススメな漢方薬5選

高血圧の治療にオススメな漢方薬5選

漢方薬のイメージとはどのようなイメージを持っていますか?「苦い薬」「安全な薬」「においが臭い感じ」そして「おばあちゃんが飲んでいる薬」などではないでしょうか。漢方薬は日本においても古くから使用されていた薬で、日常的に馴染みの深い物でした。

最近では、西洋医学の分野において、漢方薬を積極的に使用する取り組みをしている病院も多くなっており、注目を浴びています。そこで生活習慣病の一つである高血圧に効果の高い漢方薬をご紹介したいと思います。

血圧って何なのでしょう?

健康診断や病気の時に測定してもらう血圧、そもそも血圧とは何の数字なのでしょうか?人間の身体は絶えず血液が循環している状態であり、心臓がポンプの役目を果たしています。この心臓から血液が送られていく時の血圧が「収縮期血圧」と呼ばれています。

収縮期血圧は「最高血圧」としてお馴染みの数値です。反対に心臓に血液が戻って来る時の血圧が「拡張期血圧」と呼ばれています。拡張期血圧は「最低血圧」として健康診断の測定項目となっています。ここで言う圧力とは血管内における血液の圧力のことで、基本的には大動脈内の血圧になります。

高血圧とはどのような病気なのでしょう?

血圧の測定は「mmHg」の値が使用されていますが、これは水銀柱ミリメートルの意味です。人間の血圧は収縮期血圧(最高血圧)が130mmHg未満で正常範囲と規定されており、拡張期血圧(最低血圧)については85mmHg未満が正常になります。

高血圧とは最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上ある場合を指し、日本の成人病の中でも多くの方が発症しています。高血圧には自覚症状のないことが多く、健康診断などで発見されるケースが大部分と言えます。

本来、血管は柔らかく弾力性のあるものですが、高血圧の状態が長く続いた場合、高い圧力にさらされた血管は厚く硬い壁になってしまいます。硬くなった血管は収縮が出来ずに、血管内が細くなる部分も出てきます。この結果、血流が減り心臓が圧力を増すことで、さらに高血圧へとなってしまいます。

本当に怖い高血圧

高血圧は心臓に負担をかけるだけではなく、様々な病気を誘発する危険性があります。

<脳への障害>

脳出血の一つでもある「くも膜下出血」は高血圧の方に多く発症しています。特に高齢者に多く、高血圧の場合は再発も多くなっています。

<心臓への障害>

心臓の冠動脈が狭くなり、必要な栄養を送れなくなるのが「狭心症」です。このまま放置していると「心筋梗塞」が発症する可能性も高く、緊急の処置が必要です。

<動脈への障害>

高血圧が続くと大動脈も硬くなり、血管自体はもろくなります。そのため、血管が変形する「大動脈瘤」ができ、それが破裂することにより「大動脈瘤破裂」が発症します。大動脈瘤破裂は生死にかかわる深刻な症状の一つです。

これは一例ですが、高血圧がいかに私達の身体にとって恐ろしい病気であるとご理解いただけたと思います。

高血圧に良い漢方薬とは

病気的な重度の高血圧には病院での治療や降圧剤などの薬で対応が必須になります。高血圧の治療を開始した場合、薬の服用は長期間にわたり、中には一生続ける必要のある人もいます。それだけ、高血圧は危険な病気なのです。

しかし、軽度の高血圧や予防の意味での使用、さらに降圧剤などは使用したくないと考えられている方には手軽な方法もあります。最近では、高血圧の予防に効果があるサプリメントや漢方薬なども多く市販されており、手軽に始められるのが人気の秘密です。

サプリメントや漢方薬の効果はその人の症状に合う/合わないがありますので、体調に合わせて選択する必要があります。そこで、高血圧の症状に良いとされる漢方薬をご紹介します。

痛みを取ってくれる大柴胡湯(だいさいことう)

大柴胡湯(だいさいことう)は身体の熱や痛みを抑え体調を整えます。高血圧に伴う頭痛やめまいなどにも効果が高いとされています。比較的体力のある人で便秘気味で耳鳴りがするような症状を持つ場合にも有効とされています。

脳の血管を広げて頭痛を取る釣藤散(ちょうとうさん)

釣藤散(ちょうとうさん)は脳の血管を広げて血圧を下げることにより、高血圧の症状である頭痛を緩和させる効能が期待できます。高血圧によるめまいや耳鳴りなどにも有効であり、滋養強壮効果もあります。

イライラ防止効果もある柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は不眠や精神的なイライラを静めてくれます。高血圧による動悸や精神的不安の解消に効果的です。

目の充血などに効果のある黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は高血圧によるのぼせ症状や不安感の改善に有効です。特に目の充血や炎症、イライラ感を持った高血圧症状に効果が期待できます。

火照りを改善する三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)は顔の火照りなど、のぼせ症状の熱を冷まします。高血圧に伴う頭痛、のぼせ、耳鳴りなどに効果が期待できます。

漢方薬は比較的安全な生薬で作られているため、誰でも簡単に入手できます。しかし、その方の体調や症状に合わせた処方が必要になりますので、漢方を専門的に扱っている病院や漢方薬局で相談されるのが良いでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る