TOP > > 高血圧の恐怖は合併症!こんなにあった高血圧が原因でかかる病気!

高血圧の恐怖は合併症!こんなにあった高血圧が原因でかかる病気!

年齢が上がるにつれ、高血圧になる人が増えていきます。日本人の場合40代以上の男性約6割、女性約4割程度が高血圧だと言われています。日本食は塩分が高いものが多いですから、どうしても高血圧になる人が多いのです。

だから「年齢が年齢だからしょうがない。」と案外安易に考えている人も多いです。確かに高血圧は自覚症状があまりありません。その為、高血圧だからと言って危機感の無い人が本当に多いのです。

でも高血圧の本当の恐怖は「合併症」です。実は高血圧になると合併症にかかりやすいのです。そしてその合併症でかかる病気は、誰もがかかりたくない恐ろしい病気ばかりです。そこでどんな合併症があるのかを一挙ご紹介していきます。

高血圧が引き金となりかかる病気

高血圧が引き金になりかかる病気はとっても多いです。脳梗塞、脳出血、腎不全、腎硬化症、心不全、心筋梗塞、狭心症などにかかりやすくなります。つまり脳や心臓の病気のリスクが格段にアップするのです。

こういった病気は命に係わりますし、運よく一命を取り留めたとしても後遺症が残る事も少なくありません。ですから、高血圧を予防してこういった恐ろしい病にかかるリスクを減らしていきましょう。

幸い高血圧は生活習慣や食生活を整える事で、改善されることが多いです。しっかり予防して将来恐ろしい病気にかからないようにしましょう!

恐ろしい病気にかからない為に出来る事

高血圧は、先で説明した通り、心筋梗塞や脳出血など恐ろしい病気の引き金となります。これだけ聞くと「恐ろしくてしょうがない」と言う人もいるかもしれませんね。ただ、高血圧は予防が出来ます。

あまりにも数値が高い場合は、投薬治療になる事もありますが、初期の段階でしたら生活改善で高血圧予防ができますよ。でもどうすれば高血圧予防が出来るのでしょうか?高血圧の予防は、何と言っても食事と運動です。

適度な運動をする事と、塩分や脂質を控えめにした食生活を送る事がとっても大切です。またストレスも良くありませんので、ストレスに強くなりましょう。現代社会で生きていくうえで、ストレスと無縁な生活は不可能です。

そこで、うまくストレスを発散させるすべを身に着けたり、ストレス自体に強くなることが大切です。つまり上手にストレスと付き合っていくと言う事です。

このように適度な運動、バランスの良い食生活、ストレスとうまく付き合うという生活を送る事で、高血圧が改善されるかもしれません。もちろん1日こういった生活をしただけでは大した変化が見られません。

しかし毎日続けていく事で、脳梗塞や脳出血などの恐ろしい病気の引き金となる高血圧を予防できる確率がアップします。ですから、健康的な生活を送って高血圧を予防しましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る