TOP > > その血圧は本当に高すぎ?血圧の基準の嘘と真実を見抜け!

その血圧は本当に高すぎ?血圧の基準の嘘と真実を見抜け!

今、日本には高血圧症と診断されている人が、4千万人もいると言われています。ところで、高血圧症と診断を決定されるその基準値は、昔から今と同じだったのでしょうか?実は、高血圧の基準値はドンドン下がってきているのです。

ドンドン下がる高血圧の基準値

2000年以前、長い間、高血圧の基準値は160mmHgでした。しかし2000年には140mmHgに。2008年のメタボリック検診では130mmHgまで引き下げられました。年をとると血管が硬くなるので血圧は上がるものです。

50才も過ぎれば130mmHgは一般的な数値なのですが、この基準値ではたくさんの人があてはまることになってしまいました。日本は医療費が安いですから、ほとんどの方がまじめに病院に通い、そして言われたとおりの診断を受け入れて、薬を服用します。

高血圧の基準値が下がったことで、薬品業界の利益が上がったのは言うまでもありません。このことと基準値が低下したことは、本当に無関係なのでしょうか?まずは私たち個人個人が、高血圧についてもっとよく勉強してみる必要があるようです。

あやふやな高血圧の基準値

高血症や高コレステロール血症には「これ以上、高かったら治療が必要ですよ」という基準値というものがあります。現在では上が140mmHg、下が90mmHgとなっていますが、いったいどれほどの人がこの範囲にあてはまってしまうのでしょうか。

そもそも高血圧になる原因は、いまだにほとんど分かっていません。また血圧を下げることによって本当に死亡率が下がるという、はっきりとしたデータもありません。しかし血圧が140mmHgを超えているというだけで、健康な人が降圧剤を処方されているのが今の日本の現状です。

年をとると血圧は高くなる

人間は年をとっていくと、血管が硬くなり血液を送る力が衰えてきます。それを補うために、年を重ねていくごとに血圧は高めになっていきます。血圧を高めにすることで、硬くなってしまった血管でも身体中のすみずみにまで血液を巡らせることができるわけです。

そんな身体の自然な状態を、無理やり降圧剤などで血圧を下げてしまうとどうなるのでしょうか?身体のすみずみまで血液は届かなくなり、痴呆症やさまざまな不調の原因となります。また、高血圧予防のための減塩指導も不調の原因のひとつです。

巷では減塩、減塩と言われ、スーパーの棚を見れば減塩商品がズラッと並んでいますよね。しかしむやみに減塩をしてしまうと、身体はますます血行が悪くなってしまい、冷えきってしまいます。

自立した患者になる

高血圧の基準値の低下は薬品業界の陰謀だとか、そのようなウワサもありますが、それは定かではありません。しかし、すべて病院の医師のなすがままになって治療を受け入れてしまうことには、もっと危機感を持った方が良いのかもしれません。

血圧を下げるための薬である降圧剤には、他の薬と同じように当たり前ですが副作用があります。服用する人によって症状はさまざまですが、動悸や頭痛、むくみなどがあらわれる場合があります。そのことを医師に伝えると、その症状を抑えるための薬がさらに加えられることもあります。

このように、診てもらっている医師によっては、患者がまじめにきちんと薬を服用すればするほど、病院にまじめに通えば通うほど、症状が広がっていく患者も少なくありません。大切なことは、診察を受ける患者側もそれなりにきちんと自分の身体の症状のことを勉強して、把握しておくことが必要なのではないでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る