TOP > > 血圧は左右両方で測るべし!差は生命に関わる疾患を知らせる

血圧は左右両方で測るべし!差は生命に関わる疾患を知らせる

セルフ血圧計

高血圧を気にされている方ならご自宅で血圧を測られることが多いんじゃないかと思います。最近では家庭用の自動血圧計も精度が上がって使いやすく、価格もお手頃になりました。

高血圧症と診断はされていなくても、自分の健康を慮って血圧をチェックされている方も多いでしょう。ところで、ご自分の血圧は左右どちらの腕で測っていますか?

家庭用血圧計の正しい使い方、また関係の深い動脈硬化の食生活での改善法をご紹介します。

高血圧を気にしているなら血圧は右上腕部で測るのが基本

特に高血圧を指摘されているのでなければ、手首や指先で血圧を測る機器でも問題ありませんし、左右どちらの腕や手で測ってもOKです。常に同じ場所で測って変化がないかどうかを見るのが目的だからです。

もし、そうした簡易な測定器であっても数値が変化し始めたら、一度お医者様で正確な測定を行ってもらうようにしましょう。変化の兆しを見落とさないことが、病気の早期発見・早期治療に繋がります。

高血圧が気になるなら上腕測定式の血圧計を使おう

血圧は心臓が送り出す血液の圧力ですから、できるだけ心臓に近いところで測った方が正確に測定できます。手首や指先など先端近いところだと、先端からの圧力波の反射によって正確に測定できません。

ですから、上腕部で測定できる血圧計をお求めになるのがベストですね。最近では上腕式の物でもリーズナブルな価格ですし、少しかさばるものの大きすぎる機器と言うわけでもありませんから、カフとホースのしまい方を工夫して対処しましょう。

心臓病の検査などでは大動脈に直接カテーテルを入れて血圧を測定することもあります。しかし、それは非日常的なので、高血圧の管理に使えるものではありませんね。

心臓に近いところで、身体の表面からアクセスできるところと言うと頸動脈と言うことになりますが、首にカフを巻くわけにはいきません。首に巻いて空気を送り込むと首が締まっちゃいます。

そうなると、末梢血管に分類される血管とは言え、現実的には上腕が一番心臓に近い測定部位と言うことになるんです。

血圧計を買ったら最初は左右両方で測ってみよう

ならば心臓は左にあるんだから左腕の方が良いんじゃないかと思いますよね。でも、実際には左心室から出た最初の血管、上行大動脈は右に向かって斜めに出ているため、最初に分岐するのは右の腕と頸動脈に繋がる動脈なのです。

その次に左の頸動脈が三番目に左腕に行く動脈が分岐した後、下行大動脈へとつながります。このため、平均的に右腕上腕で測った血圧の方が2~5mmHg程度高くなることが知られています。

とは言え、実際にはいろんな身体の状況によって左右の血圧差は一定ではありません。ですので必ず何度かは同じタイミングに左右両方で測定して、それ以降は高い方の腕で測るようにするのが好ましいとされています。

高血圧が気になるなら上腕部で測りましょう。

左右の血圧差はどうしても出てしまいますから、何度か同じタイミングで測り、値の高かった方の腕で測るようにしましょうね。

血管が狭くなるとそこから先の血圧が低く測定される

同じ量の血液が流れている場合、血管全体が細くなると圧力は上昇するため高血圧になります。しかし、どこか特定の場所で血管が細くなっている場合は、その先が広がっていると先の部分で血圧は低くなります。

つまり、左右で測った血圧にある程度以上の差が見られた場合、低い方の側に血管の病気が潜んでいると言うことを表しているのです。

高血圧症と言っても「血圧高め」から重度のものまでいろいろ

もともと、高血圧を原因とした末梢血管疾患のリスクが高い患者さんに対しては、左右の血圧を測ってその差に注目すると言うことは日常的に行われています。

それと言うのも、末梢血管疾患のリスクが高い人たちの間では左右の血圧差が大きいほど死亡リスクが高まることが指摘されてきたと言うことがあるからです。

しかし、大病院で治療を受けている人はともかく、プライマリケアで高血圧症を治療していると言うレベルの人については、これまでしっかりした研究データがなかったのです。

プライマリケアと言うのは、まだ日本では一般的になっていない概念ですが、一言でいうと「現状ではそれほど重い病気ではなく、自宅や職場の近所の開業医さんに診てもらっている」と言うイメージです。

最近では、大きな病院にいきなり紹介状なしで初診で行くと追加料金を取られますよね。あれもプライマリケア導入の一環です。

地元医さんの設備で治療できる病気は地元で治療、大きな設備が必要な病気を病院にと言う考え方です。

ですので、血圧が高めだから定期的に近所のお医者さんに診てもらって、お薬を出してもらっていると言う程度の高血圧症の方では、これまでこうした傾向が充分見えていなかったと言うことです。

複数の研究結果の解析から見えてきたこと

イギリスのペニンシュラ医科歯科大学の研究グループは、それまでヨーロッパで行われた様々な研究を一括して分析し直すと言う手法で、血圧の左右差と軽度高血圧症患者の死亡リスクを解析しました。

それによると、左右の血圧差について15mmHgとしたイタリアでの研究の場合、血圧差の大きいグループでは心血管疾患による死亡リスクが明らかに大きくなっていました。

さらに、それを10mmHgとしたイギリスでの研究でも、同じように左右差の大きいグループでは心血管疾患による死亡リスクが高まっていたのです。

このことをベースに調べた結果、左右の血圧差が10mmHg以上ある場合には全死亡リスクが平均1.6倍になる事が判りました。

ですので、軽い高血圧であっても左右の血圧に10mmHg以上の差がある場合は油断せず、かかりつけのお医者様にしっかり相談するようにしましょうね。

左右で低い値だった方の血管に病気が潜んでいるかもしれないのです!

これを知れば早期発見、治療が可能かもしれませんからね。左右差の認知を徹底しましょう。

病気に対する意識の持ち方で死亡リスクは低減できる

この研究論文は世界で様々な反響を呼びました。例えばアメリカにおいてはコレステロール性の末梢血管疾患はトラブルであって病気ではないと言う考え方があるからです。

しかし、現実には1200万人ものアメリカ人に生活の中での苦痛などの影響を与えており、これは心臓病や脳卒中よりも多い数であることをハーバード大学医学大学院の研究者は指摘しています。

左右の血圧差が問題になってくるのは中年以降

そのハーバード大学の先生は、若者と中年以降の違いについても指摘しています。

若者においては、左右の血圧差と言うのは筋肉の発達の左右アンバランスや、骨格のトラブルなどによって引き起こされるので死亡リスクにはつながりません。

それでも、外科的にトラブルや問題があるのは確かなので、一度病的なものであるかないかをチェックしてもらうのが良いでしょう。

一方、中年期以降の人で10mmHg以上の左右差がある場合は、高血圧気味の人はもちろん、正常血圧であっても念のため医療機関を訪れるべきです。

自宅でできる左右差チェック

血圧計が二つないと本当の意味での左右差は測定できません。しかし、きちんとした手順を踏めば自宅で測る時でも左右差をある程度厳密に測定できます。先のハーバード大学が測定方法を案内しています。

・測定の30分前からはカフェイン・アルコール・ニコチンの摂取をやめて下さい。

・背もたれ付きのイスに深く腰掛けてもたれ、両足は地面について数分間安静にします。

・測定する時は肘が心臓の高さになるように、肘を預ける台を準備しておきましょう。

・血圧計のカフを素肌に巻き、血圧計の説明書に従って測定します。測定が終わっても、カフは外さずそのまま数分間待ちます。そして2回目の測定を行いましょう。

・2回の測定値が近ければ、その平均値を採ります。もしそれほど近くなければ3回目の測定を行って3回の平均を片方の腕の測定値とします。

・同じ測定を反対側の腕でも行います。

この測定で10mmHgないしは15mmHg以上の差が見られた場合、まずご近所の内科のお医者様に相談に行かれるのが良いですね。

毎日測る血圧計だからこそ正しく使わなければ意味はありませんからね。

差が10~15mmHg以上あった場合は病院で相談してみてください。

せめて動脈硬化だけでも食生活の見直しで改善しよう

高血圧と動脈硬化は非常に関係が深いものですが、それぞれが独立して起こるものでもあります。どちらも生活習慣の改善が非常に重要なのですが、特に今回は動脈硬化に注目しましょう。

と言うのも左右の血圧差は、主にコレステロールによって引き起こされるアテローム性高血圧が原因ではないかと考えられているからです。

動脈硬化は予防と悪化防止がポイントになる

特にアテローム性動脈硬化は予防が可能な病気ですし、すでに動脈硬化が起こっていても予防策を取っておけばそれ以上悪化しません。

良く知られている通り、動脈硬化は生活習慣病と言っていいものです。ですので、動脈硬化を引き起こす生活習慣はきっぱりやめましょう。

その中でも筆頭に挙げるべき悪習が喫煙です。喫煙は高血圧にも悪い影響を与えていますし、様々な疾患をもたらす悪癖でもあります。問答無用、言い訳不要でタバコはやめましょう。

酸化LDLを作らせないことも重要なポイント

もちろん血中コレステロールが多過ぎることは、アテロームの原料を供給しているようなものですので良くありません。特に酸化LDLが問題になるんです。

いわゆる悪玉のLDLコレステロールですが、通常は細胞にあるLDL受容体によって細胞に取り込まれ、細胞膜の原料として使われるなど、有用な物質として利用されています。

一方、何らかの原因で酸化されてしまった酸化LDLはLDL受容体に取り込まれないため、血液中の異物となってしまいます。この異物は血管内膜を通り抜け、血管中膜との間へと逃げ出します。

それを見つけた最大の白血球である単球は、マクロファージとなって酸化LDLを追跡、これを取り込みます。そして、それをたくさん捕まえたマクロファージは泡沫細胞と呼ばれるものになり、血管内膜の外側に溜まります。

これがアテロームの主な原料となり、血管を狭めてしまうのです。

酸化LDL

ですので、余分なLDLコレステロールを血液中に持たないことと、抗酸化物質によってLDLの酸化を抑えることが重要になります。

抗酸化物質と血中脂質改善の成分は食べ物から

抗酸化物質と言えば、ビタミンCとE、それにフラボノイドやカロテノイドなどですね。血中脂質の改善に貢献してくれるのはビタミンB6やナイアシンです。

もちろんすべてサプリメントとしても販売されていますが、高血圧の治療を受けている人は様々なお薬が出ているはずです。

こうしたお薬との相互作用の恐れがありますから、サプリで摂る際は必ず医師に相談してください。また、食べ物と言っても高血圧や動脈硬化の治療を受けていると、食べてはいけない物も指導されているはずです。

グレープフルーツは高血圧治療薬の一部の代謝を遅らせてしまうため、食べてはいけないと言われている人も多いでしょう。血液凝固を抑制するお薬と納豆は相性が悪いのも有名ですね。

そうしたことも踏まえて、お医者様と相談しながらいろんな食べ物を上手に摂って動脈硬化を改善しましょう。

動脈硬化を防ぐ「きなり」はモンドセレクション最高金賞受賞!安心してお使いいただける理由があります


きなり商品イメージ

例えば、ビタミンCはフルーツ、ビタミンEはナッツから摂りやすいでしょう。フラボノイドやカロテノイドについては多岐にわたりますが、基本的に色鮮やかな野菜や果物に多いと考えればOKだと思います。

また、ビタミンB6やナイアシンは、腸内細菌が作ってくれますので滅多に不足しませんが、積極的に摂るなら、マグロ・カツオ類にはビタミンB6・ナイアシンの両方が豊富に含まれます。

以前、たらこにもナイアシンが多くて動脈硬化にはいい食べ物だと紹介しましたが、高血圧を併発している場合には塩分が問題になりますので、お魚の身の方にしておきましょう。

お魚も醤油を使いすぎると塩分の問題が出てきますので、スダチなどの香りや酸味を上手く利用して、塩分を控えつつ美味しく贅沢に食べて下さい。

贅沢に美味しいものを食べていると言う気持ちを持てるだけで、ストレス発散になって血圧にも良い影響が出ますよ。

タバコはやめるのと、LDLコレステロールを溜めないために

  • フルーツ
  • ナッツ
  • 色鮮やかな野菜
  • マグロ・カツオ類

を積極的に摂りましょうね。塩分は控え目にするにこしたことはありませんよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る