TOP > > 太ってないのにLDLコレステロール値が高い?!その理由と改善方法

太ってないのにLDLコレステロール値が高い?!その理由と改善方法

太っている人はコレステロールの数値が高い!?

肥満の人はコレステロールの値が高い傾向にありますね。それは単純に普段の生活習慣から伺えます。カロリーの多い食事を好んでいたり、食事や間食の回数が多かったり、運動の習慣がなかったりと肥満への条件が重なっている場合が見られます。

しかし、高カロリーの食事は大抵が高コレステロールですから当然肥満は高コレステロールになる、と思われがちですが、太っていてもコレステロールが正常値の人もいるのです。また、痩せていてもコレステロールの値が高い人もいます。

このように、実は肥満と高コレステロール血症は必ずしもイコールではありません。食事の内容や、体の代謝の状況などが深くかかわっていて、それらのバランスが悪くなると体系に拘わらずコレステロールの値が高くなってしまうのです。

痩せていてもLDLコレステロールが高くなる理由

BMI値も標準以下で適度な運動も心がけているのに、LDLコレステロールの数値が高い、とお悩みの方が近年急増中です。それは、食事の内容が原因です。

痩せ型でLDLコレステロールの値が高い人は、食事のカロリーが抑えられていたとしてもその内容の殆どが動物性由来の栄養だとしたら、カロリーは消費しきれてもコレステロールは過剰な状態が続いています。

コレステロールは、食事として体内に入り込んだ後に、HDLコレステロールとLDLコレステロールに生合成されて機能します。その際、コレステロールを過剰に摂取しているとLDLコレステロールも多く作られてしまうことになる為、数値が高くなってしまうのです。

自覚症状がなくても改善しましょう

メタボと診断されていないと、いまいち、ピンとこない高コレステロールですが、痩せているし、自覚症状がないからといって放っておくのは大変危険です。

肝臓や皮膚から生合成されたHDLコレステロールとLDLコレステロールは血液に乗りそれぞれの役割をもって体内を循環します。

HDLコレステロールは過剰に摂取したコレステロールを掃除しながら循環し肝臓に戻ってくる一方で、LDLコレステロールは肝臓から末端へ向けてコレステロールを配って回っています。

コレステロールは細胞膜を強くしたり、ホルモンの素材になったりと重要な役割をもっていますから、LDLコレステロールの循環は欠かせません。

しかし、一歩間違うと重大な病気を引き起こす引き金にもなりかねない要素も含まれています。コレステロールの濃度が高いLDLコレステロールが増えすぎてしまうと、血栓の素を配り歩くことになってしまうのです。

LDLコレステロールの下げ方

動物性の食べ物を控え、バランスの良い食事を摂るように見直すことが第一です。有酸素運動もLDLコレステロールを下げるのに高い効果があります。

また、コレステロールは肝臓で処理されるので、肝臓の健康にも気を配りましょう。肝臓の機能を良くするにはタウリンの摂取が知られています。イカや牡蠣などの魚介類に多く含まれているので、日々のメニューに取り入れましょう。

中性脂肪が増えるとLDLコレステロールも増えていく傾向にあるので、動物性の食事だけではなく、油分全般も控えめに。

「緑でサラナ」なら手軽にコレステロール管理できる!コレステロールを下げる唯一の健康保健食品です

midoridesarana-image2

キャラクター紹介
ページ上部に戻る