TOP > > 厄介なコレステロールを下げるにはアブラナ科の野菜に頼るべし

厄介なコレステロールを下げるにはアブラナ科の野菜に頼るべし

貴方のコレステロール値は正常ですか?コレステロール、やっぱりこの数値を気にしている人は多いと思います。健康診断の血液検査において、高コレステロールを指摘された人もいるかも知れませんね?

コレステロールとは血液中に含まれる脂肪分であり、細胞膜やホルモンの生成などの重要な働きをしています。コレステロールには善玉と悪玉、中性脂肪などがあり、特に悪玉コレステロールや中性脂肪が増加することが健康被害へと繋がるのです。

コレステロールは生命維持には必要不可欠なのですが、増えすぎると高脂血症などの問題が出てしまう。また減りすぎても低コレステロールとなり、血管がもろくなってしまうなど、全く厄介な成分とも言えるでしょう。

しかし、私達の近くで「コレステロールが少なくて困っているの!」なんて人は、あまり聞いたことがありませんよね。一定の持病を持っている人以外では、低コレステロールになることは稀であり、ほとんどが高コレステロールの問題だと思います。

このことからコレステロールの対策は、いかにコレステロール値を下げるかであり、様々な方法が試されてきました。

野菜のパワーでコレステロールを撃退

野菜にはコレステロールを下げる効果があることは昔から有名でした。特に野菜に多く含まれる食物繊維が脂肪分の吸収を阻害したり、排出を促したりするのです。また野菜には抗酸化作用の成分であるビタミンなどを含むものも多く、コレステロールによる血管障害を予防してくれます。

根菜類は食物繊維が豊富に含まれているので、コレステロールの吸収を阻害する効果があります。また緑黄色野菜には食物繊維だけではなく、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、コレステロールを分解排出させる効果が期待できます。

さらに海藻やキノコ類などもコレステロールの吸収を阻害する働きがありますので、食生活において積極的に取り入れたいですね。

アブラナ科の野菜がコレステロールを下げるらしい?

S-メチルシスティンスルホキシド(SMCS)という成分があります。SMCSはアミノ酸の一種類ですが、コレステロールの分解を促進し排出を促す働きがあるそうなのです。

実はこの成分は日常的に食べられているアブラナ科の野菜に多く含まれており、その野菜を食べることで効果が期待できるというのです。アブラナ科と言っても良く分からないですよね。

その野菜とは・・・「ブロッコリー&キャベツ」だったのです。ブロッコリーやキャベツにはSMCSが多く含まれており、これらを摂取することでコレステロール対策が出来るという訳なのです。

ブロッコリーもキャベツも身近な野菜であり、どこのスーパーでも手に入れることが出来ます。その意味でも試しやすい対策法ではないでしょうか?

摂取方法ですが、私のオススメはやはり量が摂取できる野菜ジュースですね。ブロッコリーやキャベツを中心に野菜ジュースを作ります。飲みやすいようにリンゴやオレンジを加えると青臭さを消してくれるので良いと思います。

加熱しない方が成分をより多く摂取できるので、野菜ジュースにしてしっかり飲んでみて下さい。お好みでハチミツやレモンなどを加えてみるのも良いでしょう。

自分だけのアブラナ科野菜ジュースを毎日の生活に取り入れて、高コレステロール人生とおさらばしましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る