TOP > > 中高年の女性がコレステロールと上手に付き合う方法とは?

中高年の女性がコレステロールと上手に付き合う方法とは?

中年という時期に差し掛かると、体には様々な変化が出てくるし、それを自分でもはっきりと感じることが多くなってきます。年取ったな~と感じる瞬間でもありますが、健康面でも注意が必要になってくる時期ですね。

女性とコレステロール

中年になるとコレステロールにも注意が必要になってきます。男性と女性を比較した時、女性の方がコレステロール値が高くなることも確認されているので、中年女性にとってコレステロール値というのは注意したいことの一つです。

女性には体の中に女性ホルモンが多く存在していますね。ホルモンバランスは生理や妊娠などでも大きく変化しますが、正常に分泌されていれば多少不安定になってもすぐに改善されます。女性ホルモンには、コレステロールをコントロールする作用もあります。

しかし女性ホルモンを作っている卵巣の機能がストップしてしまう閉経を迎えると、女性ホルモンのバランスが大きく崩れます。これも男性と比べて女性の方がコレステロール値が高くなる原因の一つです。

コレステロールにも種類がある

コレステロールと聞いた時、心臓病や動脈硬化の原因になることからいいイメージがありません。しかしコレステロールには悪玉コレステロールと、善玉コレステロールの違いがあるのです。

コレステロールの悪いイメージから、中年以降はコレステロールを減らせばいいと考えてしまいがちですが、悪玉コレステロールを退治する善玉コレステロールは必要なので、いかに善玉コレステロールを増やすかも重要になってきます。

コレステロールをイメージした時、なんとなく脂っこい食事が良くないような気がするので食事制限をすることもありますね。でも適度なコレステロールも体には必要なので極端に減らしすぎても問題になります。

中年以降は徐々にコレステロール値が高くなってきますし、女性は特に注意が必要とわかっているのなら、それを予防することも可能ですね。コレステロールと上手に付き合っていく方法を考えてみました。

コレステロールと上手に付き合う方法

悪玉コレステロールがあっても、善玉コレステロールを増やすことができれば、病気の予防にもつながります。

これに一番効果的と言われているのが、有酸素運動です。しかし中高年にもなると思うように運動できない人も多いのではないでしょうか?有酸素運動にも種類があるので、ウォーキングなど簡単にできるものを取り入れていきたいですね。

あとは食事でもコレステロールをコントロールすることができます。

動物性コレステロールよりも、植物性コレステロールの方が体に良く、善玉コレステロールを増やすことができます。ナッツ類には植物性コレステロールが豊富なので、朝のヨーグルトやサラダにナッツをいれて食べるのもいいですね。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸はコレステロールを下げてくれることで有名ですが、摂り過ぎも禁物です。コレステロールのコントロール作用があってもカロリーもあるので摂り過ぎれば別の問題も出てきます。1日に大さじ1杯が目安です。

食物繊維はコレステロールを吸収し排出する作用があるので、野菜やきのこに含まれる水溶性の食物繊維を積極的に取り入れるのも効果的です。

女性ホルモンの低下は、ホルモン剤では副作用が大きすぎるので、これとよく似た作用を持つ大豆イソフラボンで補うことができます。大豆製品を食べてもいいし、サプリメントで補うのもいいですね。

ただし大豆イソフラボンは1日あたりの摂取量が決まっているので、食事とサプリメントを併用する時には、量を考えることも大切です。

あとは青魚のDHAやEPAという成分は血をサラサラにすることでもよく知られていますが、血中のコレステロールを下げる作用もあるので、肉よりも青魚を食べるようにしたいですね。

こうして見るとヘルシーな食事を心がけていれば、特に意識しなくてもコレステロールの心配はないように思います。ただし中年女性はどうしてもコレステロールが高くなる傾向があるので、コレステロールを下げる食事も意識していくと予防につながります。

やはり大切なのは運動と食事ということになりますね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る