TOP > 高脂血症

高脂血症の危険性と改善・予防法

高脂血症とは、血液の中のコレステロール値と、中性脂肪の値が増えている状態のことを言います。ホルモンや細胞を作るためには、コレステロールはなくてはならないものですし、中性脂肪は、私たちが体を動かすためのエネルギーとなるため、どちらも大切なものです。

ですが、食べ過ぎや、アルコールの飲み過ぎ、運動不足という、生活習慣の乱れ、また、遺伝的な体質により、その値が増え過ぎて、体に障害を起こしてしまいます。自覚症状がないまま進んでしまいますので、気が付いたときには、動脈硬化を起こし、更に進行すると、脳梗塞や脳出血を引き起こすことにつながります。

こちらのカテゴリでは、高脂血症のコレステロール、中性脂肪について、動脈硬化を防ぐための、血液をサラサラにするコツ、食事で改善する方法、などをご紹介しています。

コレステロールは、主に肝臓で作られます。生きていく上で、コレステロールは必要ですが、体に不必要な悪玉コレステロール、もっと怖い超悪玉コレステロールと呼ばれるものがあるのです!

・コレステロールについて
悪玉コレステロールを超える超悪玉のコレステロールがいるって本当!

閉経を迎えた女性は、ホルモンバランスが崩れやすく、コレステロール値も上がりやすくなる傾向があります。また、肥満=コレステロール値が高い。とは、必ずしも言えません。自分の体と上手に付き合っていく方法を学びましょう。

・コレステロールとの付き合い方
中高年の女性がコレステロールと上手に付き合う方法とは?

太ってないのにLDLコレステロール値が高い?!その理由と改善方法

コレステロール値を下げるための薬の効果を上げるためには、いつどういう状態で飲めばいいのか?を、知ることが大事です。お薬によっては、夕食後、朝食後に効果が上がると分かっているものがあります。医師に確認されるといいでしょう。

・お薬について
コレステロール降下薬リピトールは夕食後、朝食後、同様の効果あり!

コレステロールは、「悪い物」と決め込んでいませんか?体に必要な量を摂取することは、とても大事なこと。それに、意外な効果があるのです。

・悪者だけじゃない!?
コレステロールは本当に悪者?毎日食べて鬱や痴呆も防ぐ卵のパワー

血液をサラサラにするには

ドロドロ血液というのは、血液の流れが悪く、血管が詰まりやすくなってしまう状態の血液です。動脈硬化は、重篤な病気を引き起こすことにもなりかねません。血液サラサラ食材で、ドロドロをサラサラに!

・ドロドロをサラサラに
ドロドロ血液はなぜ悪いの?ドロドロ血液がもたらす病気と改善法

目指せサラサラ血液!5つの食品でドロドロ血液にさようなら!

食事で改善を

高脂血症は、食べ過ぎ、飲み過ぎが原因で起こります。特に、食の欧米化が進んでいる現代では、食事で病気になっている、と言っても過言ではありません。

食事は、自分が気を付けなければ、誰も手助けをしてくれないもの。ドロドロの血液を作らない為に、体にいい食品を選びましょう。

・自分で防ぐ方法とは
「お腹の脂肪を減らすにはGI値の低い食品を選んで食べること!

適量のくるみで悪玉コレステロール抑制!くるみを飽きずに食べるには

コレステロール値が高いと聞くと、肉を控えなければ!と、思われる方も多いでしょう。ですが、脂質を全く摂取しないというのも考え物です。

肉を食べるのであれば、コレステロールを予防できる大根と一緒に。など、『食べ合わせ』を考えることで、おいしく、嬉しく、予防、改善をすることが出来ます。

・コレステロール対策レシピ
厄介なコレステロールを下げるにはアブラナ科の野菜に頼るべし

コレステロールが気になる人の偏らない肉の食事&レシピ

高脂血症が危険な季節。コレステロール対策にはやっぱりキノコですよ

コレステロール値の問題とは

コレステロール値や中性脂肪が高いのはいけない!という考えは、広く浸透しているように思うのですが、その反対である、コレステロール値、中性脂肪の低さも、実は注意しなければならないものです。

エネルギーとして働く中性脂肪が低ければ、甲状腺の病気を引き起こすことになりますし、コレステロール値が低いと、体の細胞がうまく作れず、脳卒中のリスクが上がります。『ちょうどいい』を目指しましょう。

・高くても低くても問題!?
中性脂肪が低い人は要注意!注意しておきたい深刻な病気について

コレステロールが低すぎると病気になる!?心配される重病について

総コレステロール値が低いのも病気?どうすれば正常値に上げられる?

高脂血症の危険性

高脂血症と呼ばれていた病気が、ここ最近、脂質異常症と呼ばれるようになりました。名称が変わっただけで、症状などは同じものを指します。どちらにしても、食べ過ぎ、飲み過ぎが原因であることに変わりはありません。生活習慣を見直しましょう。

・名称が変わっただけ?
「脂質異常症」と診断受けた中高年の人へ!さあ生活習慣を変えよう!

最近、超悪玉コレステロール、LDLというコレステロールが見つかり、このLDLは、通常のコレステロールよりも、動脈硬化を発症されるリスクが高いとされています。自覚症状なく進行し、脳卒中や脳内出血を引き起こすことになる動脈硬化。静かに進行していくことが、サイレントキラーと呼ばれる所以です。

・命を脅かす危険について
貴方はサイレントキラーに狙われていませんか?高脂血症に潜む危険

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る