TOP > > 放置は厳禁!?「多汗症」が教えてくれる病気とは?

放置は厳禁!?「多汗症」が教えてくれる病気とは?

自分の「汗」の量を意識した事はありますか?気温が高ければ結構多くの「汗」をかきますが、それでもなんか周りの人より多く「汗」をかいている様な気がする。なんていうこと感じた事はないでしょうか?

「多汗症」で体調不調にも

体温調節に非常に大切な役割を果たしてくれる「汗」ですが、多すぎても少なすぎても良いことはなさそうです。少ない場合、体温調節がうまくできず「夏バテ」の原因を作ってしまいます。

気温の管理された室内に一日中いると「汗腺」がうまく働かなくなり、いざ外気に当たった時に上手に発汗されなくなってしまうのです。体温の調整がうまくいかないことで、「夏バテ」つまり「夏特有の慢性疲労症候群」を引きおこす原因となってしまいますので注意が必要です。

身体がだるい・集中力が続かない・疲れやすいなどの「夏バテ」を予防する為にも、上手に「汗」をかくことが大切になってくるのです。ちなみにこの「汗腺」は、日頃から適度に汗をかくことで鍛える事ができますので、「夏バテ」に困る人は試してみてはいかがでしょうか?

多すぎる場合、ただの「汗っかき」で済まされない事があります。「多汗症」になっているかもしれません。「汗」の発汗にはホルモンが関与しており、ホルモン異常が原因で「汗っかき」になっている事もあります。

甲状腺ホルモンに異常があると、多量の汗が全身に現れたり、動悸が現れたりします。もし、こんな症状に覚えがあるなら、病院へ行くべきです。

更年期障害でも

女性は40代後半から更年期に入る方が多くなります。この更年期、女性ホルモンの減少によって様々な症状が現れてきますが、特に多く言われているのが「ホットフラッシュ」現象です。

発汗を抑える役割があった女性ホルモンが減少する事により、発汗を促す男性ホルモンの影響が強くなり、局所的な発汗が(上半身に多い)起こってしまうのです。頭部や顔に現れると「ほてり」・「のぼせ」と感じられるようです。

異常な「汗」の判断は?

人は就寝中も体温を下げる為に「汗」をかきます。ですから微熱がある場合は結構多めに汗をかくと思います。その微熱に心辺りがあるのならよいのですが、全くない場合、念の為病院へいった方が良いかもしれません。

緊張したり、ストレスを感じたりすると、手の平や脇の下に汗をかく事が多いと思います。脇の下の汗で臭いを伴う場合は、外科的処置も選択に入れてみるのも良いかもしれません。手の平は、手を洗うなどして清潔を保つ事が良いと思います。

物を持つと汗でヌルヌルする・PCのキーボードがベトつくなどの感覚がある場合は、血管の病気なども疑われますので、迷わず診断を受ける事をオススメします。

糖尿病でも多汗の症状が有りますので注意が必要です。起床時にパジャマが汗で湿っていたりしたら、自分の体調のチェックを是非行ってください。少しでも不安があれば、受診する事が大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る