TOP > > 「冷たい物が滲みる」知覚過敏?歯髄炎?違いを今すぐチェック!

「冷たい物が滲みる」知覚過敏?歯髄炎?違いを今すぐチェック!

貴方は、「冷たい物が滲みる」 こんな症状が気になった事はありませんか?貴方は、すぐにこう思うでしょう。「知覚過敏」かと・・・でも、「知覚過敏」以外でも、「冷たい物が滲みる」事があることを、貴方はご存知ですか?

勿論、ほとんどの場合、「知覚過敏」の症状だと思われますが、中には治療が厄介な「歯髄炎」(しずいえん)を起こしている場合もあるので、「知覚過敏」だと自己判断したまま放置する事は、極力避けた方がいいようです。

歯髄炎とは?

歯髄(しずい)とは、俗にいう「歯の神経」のことです。虫歯を悪化させて、「神経を処理しましょう」と歯医者さんに言われたことがある人は沢山いることと思います。その時、結構大変だったこと、覚えていませんか?

「歯髄炎」とは、その神経や血管が通る部分が何らかの影響で、炎症を起こしてしまうことです。多くの原因は、虫歯からの細菌感染なのですが、ぶつけたとかの物理的要因も原因になる事があります。

問題になるのは、慢性の歯髄炎です。自覚症状が無い場合も希にあり、自覚したときには進行してしまっていた。なんていう事が多くあるようなのです。(急性の場合は、とても痛いようです)

そして、初期の自覚症状が、「知覚過敏」と同じ「冷たい物が滲みる」ということで、「知覚過敏」として納得してしまう人が多くいることも確かのようです。

「知覚過敏」と「歯髄炎」の違い

「知覚過敏」は、歯周病や歯肉炎が原因の場合や、歯石の除去などのあとに起きる事があります。また、歯ぎしりやかみ合わせの不具合でも起きる事もあり、加齢が原因になる事もあります。

勿論、虫歯でも「冷たい物が滲みる」事が多くありますが、これは「知覚過敏」とは、また別の症状です。「知覚過敏」ならば、症状のある周りの歯を叩いても、痛みを感じる事はありません。

痛みは一過性のもので、「冷たい物」さえ避ければ痛みを感じる事は無いはずなのです。(希に進行していると、温かい物にも反応してしまうこともありますが)ところが「歯髄炎」の場合、叩くと痛みを感じます。

痛みも持続する事が多く、「温かいもの」にも滲みる感覚が出て来る場合があります。特に夜間に痛みを感じる様でしたら、「歯髄炎」の可能性が高くなりますので早急に歯科医へ行く事をオススメします。

なぜ、「早急に」かというと、この「歯髄炎」は、進行が進むと、治療が厄介になってくるのです。「根幹治療」といい、歯の根を治療しなければならず、最悪、抜歯ということにもなりかねません。

治療方法の選択ポイントは、歯髄が生きているか死んでいるかだそうですが、なんとも物騒に感じますね。またこの治療は、行う医師の熟練度が重要になる場合も多く、信頼のおける医師にかかる事も大切です。

最後に、「知覚過敏」の場合の対処法を。基本は、正しい歯磨きです。「知覚過敏」用の歯磨き粉を使用する事がBESTです。その歯磨き粉を、滲みる患部に少しだけ手で塗り込むようにしてから歯ブラシで磨くようにすれば、効果が期待されます。できれば、研磨剤が含まれない歯磨き粉がいいかと思います。

冷たい物を飲むときは、ストローを使用することで、患部に冷たい物が当たることを減少させる事ができます。そういえば、ビールをストローで飲んでいる人がいましたが、もしかすると「知覚過敏」のせいかもしれませんね。(でも、美味しいのかな?)

キャラクター紹介
ページ上部に戻る