TOP > > 治療は必要?知覚過敏に関する5つの疑問を徹底解明!

治療は必要?知覚過敏に関する5つの疑問を徹底解明!

知覚過敏に関する疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?疑問をお持ちの方の為、「知覚過敏は治療が必要?」をはじめとして、知覚過敏に関する疑問にお答えします。意外に知らない事も多いかもしれませんよ。今回は、5つのよくある知覚過敏の疑問にお答えします!

Q:知覚過敏は治療が必要?

A:知覚過敏が疑われる場合、歯科医院に行った方が良いです。歯科での治療としては、薬の塗布、詰め物をするといった方法がとられる事が多いです。しかし、知覚過敏が重度で、激痛を感じるという方には、抜髄(ばつずい)治療が施される事もあります。

抜髄とは、神経を取る治療の事です。神経を取ると痛みは無くなりますが、治療に時間がかかりますし、歯も弱くなってしまいます。健康な歯を維持する為にも、知覚過敏がひどくなる前に治療を受けておきましょう!

Q:知覚過敏の治療は保険が使える?

A:知覚過敏の治療は、基本的に保険適用内となります。その為、最大で3割負担で済むのです。ただ、一部の治療は保険外になる事もあります。ですから、詳しくはあらかじめ歯科医院に問い合わせてください。

あらかじめ費用について確認しておく事で、安心して治療を受ける事が出来ます。知覚過敏は、放っておくと歯周病などの原因となる場合もありますので、早めに治療を受けておきましょう。

Q:知覚過敏は自然に治る事がある?

A:知覚過敏は、自然に治る可能性もあります。自然に治る知覚過敏は、体調不良によりおこったものです。例えば、産後、風邪を引いた後、疲労がたまっている時などです。こういった状態の時に、一時的に知覚過敏になる事があります。

一時的な知覚過敏の場合は、疲れが取れたり体調が良くなったりする事で症状が自然に改善する事が多いです。しかし、一定期間おいても知覚過敏の症状が治まらない場合は、歯科での治療がおすすめです。

Q:知覚過敏にはレーザー治療が効果的?

A:最近の知覚過敏治療としては、レーザーが取り入れられる事も増えています。レーザーを照射する事で、歯がシミる症状を抑える事が出来る為、人気を集めています。つまり、知覚過敏治療にレーザーは、とっても有効なのです。

しかし、レーザーは保険外治療となります。その為、治療費が高くなるというデメリットがあります。ですから、治療前に歯科医とよくご相談ください。

Q:子供でも知覚過敏になる?

A:大人と比較すると頻度は低いのですが、子供も知覚過敏にかかります。子供の知覚過敏の原因は、歯磨きの仕方が要因となる場合が多いです。力任せにゴシゴシ磨いてしまう事で、歯のエナメル質が破壊され、知覚過敏になってしまうケースが後を絶ちません。

特に子供の場合、エナメル質が柔らかく破壊されやすいのです。ですからお子様が知覚過敏にならないよう、歯科でブラッシング指導を受けるなどして、正しい歯の磨き方を身につける事がおすすめです。

以上が知覚過敏に関する5つのQ&Aです。知覚過敏に関する疑問をお持ちの方は、ぜひお役立てください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る