TOP > > のぼせの原因は冷え性だった!改善の為に頭寒足熱になれる方法

のぼせの原因は冷え性だった!改善の為に頭寒足熱になれる方法

外は寒いのに、急に暖かい部屋に入ったりすると、顔だけ火照ってぼーっとしたり、汗が吹き出るほど火照って気分が悪くなる事はありませんか?実は、ほてりの原因は冷えにある事も。のぼせの症状は更年期障害だけではありません。

のぼせているからといって冷やすのは逆効果です。「頭寒足熱」という言葉をご存知ですか?もともとは座禅を行う時の状態を示した禅語から来ています。この頭寒足熱の状態は、のぼせを改善させる為にも効果的。その字のごとく下半身を温めて頭を涼しい状態に保つ事が、のぼせや冷えを改善させてくれます。

のぼせの症状に年齢は関係ない

急に身体が燃えるように暑くなったり、首から上だけがゆでダコのようにのぼせてしまうのは、ストレスや自律神経の乱れによっても起こります。更年期にさしかかる女性によくある症状ですが、年齢は関係ないのです。

全身を冷やすのは逆効果

のぼせで身体が熱くなったからといって、冷やすことによって解消しようとしても、のぼせは身体の内側から強く火照るので効果がありません。のぼせの症状を経験した事のある友人は、「首の後ろにいきなり氷を当てられた時、全身に寒気が走る感覚の、逆をイメージして欲しい」という表現をしてくれました。

のぼせや火照りは首から上、または上半身だけに起こるので、下半身は冷えたままであるというアンバランスを起こしています。全身を冷やしてしまうと、もともと冷えている下半身には悪影響です。

冷やすなら首の後ろ

のぼせや火照りの症状には、首の後ろを濡れタオルか、保冷剤などで冷やしましょう。暑い夏や、風邪で高熱が出た時も、首の後ろを冷やすのはお勧めの方法です。

頭寒足熱の効果とは

「頭寒足冷」という言葉を知っていますか?「ずかんそくねつ」と読みます。意味を四文字熟語辞典で調べると、「頭部を冷たく冷やし、足部を暖かくすること。また、その状態。このようにすると健康によいとされる。」と書いてあります。

その字のごとくの意味ですが、「足熱」の状態は、身体を芯から温めることができます。足が冷えて眠れない冷え性の方も、足を暖めると血の巡りが良くなり身体中に新鮮な酸素が運ばれやすくなります。身体が冷えていると、血液が臓器の働きを活発に保つため、上半身に集中してしまいます。

その結果、足が冷えたままになってしまうのです。のぼせの症状は、この頭寒足熱の状態が逆になり「頭熱足寒」になって頭に血が上り、のぼせやほてりを起こしているのに、下半身は冷たい状態なので、身体の巡りが悪くバランスを崩しているのです。

のぼせは冷えの症状ともいえます

足元を暖かく保ち、頭が涼しい状態でいられると、身体は芯から温まって血の巡りがよくなっていますので、上半身だけに熱を集めて燃やす必要はありません。首の上のみが火照る、のぼせるのは循環が悪い状態。つまり冷えている症状なのです。

頭寒足熱にする方法

のぼせや、火照りの症状が更年期へ移行する症状ではなく、冷えや自律神経の乱れが理由の場合は、身体を冷やさない事が大切ですし、自律神経が乱れると体温調節ができにくくなります。熱がこもらないように必要な汗をかくことも必要です。

湯船にしっかり浸かりましょう

毎日の入浴をシャワーだけで済ませず、きちんと湯船に浸かりましょう。時間がある時は半身浴がおすすめです。40度以下のぬるめのお湯に20分ほど浸かります。肩や背中が冷えないように、バスタオルなどをかけておくのが良いでしょう。

のぼせも冷えも撃退しよう

冷えの改善は、足先、手先、末端をしっかり動かすことやウォーキングなどで脚の筋肉を鍛え、身体の中を温める為の筋肉を育てるのが効果的です。

足熱にするには?

のぼせを起こした日は、足元が特に冷えやすい状態です。のぼせが冷えのサインとも言えるかもしれませんね。足が冷たいと、足が浮腫とだるさで寝つきにくくなります。そんな時は、絹の5本指靴下がお勧めです!

冷え性の方が靴下をはいて眠ると逆効果だといいますが、それは綿や合成繊維などの通気性が悪いものや蒸れやすいものだからかも。絹の5本指靴下を、どうしても冷えがひどく、顔が火照るという時には試してみるといいでしょう。

足が温まると寝つきがよくなりますよ。いかがでしたか?のぼせや火照りは、自律神経の乱れからくる冷えのサインです。頭寒足熱を心がけて、のぼせ予防の冷え対策を試してみましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る