TOP > > のぼせの原因はまさかの冷え?!女性を苦しめる”のぼせ”の原因とは?

のぼせの原因はまさかの冷え?!女性を苦しめる”のぼせ”の原因とは?

冷え性でも起こる!辛いのぼせの原因とは?

急に頭がぼーっと熱くなるのぼせ。酷いときは顔が燃えそうなくらい熱くなって、とても辛い症状が出ることも…。風邪で熱が出たとか、お風呂に入りすぎたとか、なにか明確な理由があれば冷静に対処しやすいのですが、突然症状が起こると精神的にも不安になりますよね。

のぼせの原因は、血液の量が一時的に首〜顔〜頭へ集まってしまうことにあります。なぜこのような現象が起こるかといえば、大抵の理由は自律神経の乱れによるものです。

自律神経を乱す要因は沢山あって、ストレス・ホルモンバランスの崩れ・不規則な生活・極度な緊張状態・過度なダイエットなどが当てはまります。のぼせが女性に多いのは、生理関連でホルモンバランスが容易に崩れやすいからです。

また、特に冷え性の人はのぼせに要注意です!冷え性の人は元々血行が悪く、身体の末端部分に血が行き渡らない状態です。この状態も自律神経の乱れに起因することが多いのですが、そうなると体の上部に血液が溜まり、その結果のぼせが起こりやすいのです。これを””冷えのぼせ””と言います。

冷えとのぼせは対極の症状なので見落としがちです。しかしうまく身体の末端まで血液が回らないということは、頭や首などの一部分に血が溜まっているということを表しています。

そして気づかないうちにのぼせへと繋がります。特に女性の方は冷え性が多いので、””冷えのぼせ””の症状が多いです。普段の身体の冷え具合にも注目することが、のぼせ改善の鍵となります。

のぼせの裏に隠れている大病の可能性…

のぼせのほとんどの原因は、上に書いた通り自律神経関連が多いのですが、稀に重大な病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。

大きな病気だと甲状腺機能亢進症があります。バセドウ病にかかると甲状腺機能亢進症になることが多いと言われています。この病気を発症すると頭だけでなく全身に熱をおびて、動悸や震えなどの症状も出てきます。のぼせ以外の症状も出るため、気づきやすい病気です。

その他には、生活習慣病である高血圧という可能性も。高血圧は中高年に多い症状です。頭に血が上る感じが多いなと思ったら、一度血圧を計ってみて下さい。また、定期的な健康診断で高血圧の早期発見が可能です。

のぼせが長期間に多めの頻度で続くようであれば、一度病院を受診されることをオススメします。

生活の一工夫でのぼせを解消させる5つの方法

のぼせの原因が明確な病気ではないなら、生活を少し変えるだけでのぼせの解消を目指すことが可能です。どんな工夫をして解消させるのか、ここでは解消法を5つご紹介します。

方法1・有酸素運動をする

のぼせの原因は血流にあります。一部分に血流を滞らせないように、定期的な運動を心がけましょう。ウォーキングなどの有酸素運動は、自律神経の乱れを改善するのに一役買います。

筋トレなどの無酸素運動よりも、酸素を深く取り入れることができるため、体温調節やリラックスの面で有効的です。

方法2・ストレッチやツボ押しなどのマッサージ

手っ取り早く血流を促進するなら、ストレッチやマッサージがオススメです。身体の末端まで血が良く行き渡ります。毎日お風呂上がりに、軽くストレッチかマッサージをする習慣をつけると更に良いでしょう。

お風呂上がりは筋肉がリラックスしている時なので、血流を良くしやすいですし、自律神経のバランスを改善するのにも最適なときです。

方法3・呼吸法をする

自律神経を整えるのに最適とされているのが呼吸法です。鼻から息を吸って、口からフーッと吐くだけなので簡単です。ポイントは、必ずお腹を使って息を吸うこと!体温調節もこの呼吸法で出来ます。

少し早く呼吸をすると体温が上がり、ゆっくりと深呼吸すると体温が安定します。とても簡単なので是非お試しあれ。

方法4・漢方やハーブティーを取り入れる

普段飲むお茶の代わりに、漢方やハーブティーを取り入れてみましょう。血流を良くする効能やリラックスできる効能を持った漢方とハーブは多いです。漢方は東洋では医療用薬として用いられていますし、ハーブは西洋では医療薬として用いられている国もあります。より効果的なのぼせ対策として、アレルギー等がなければオススメです。

方法5・食生活を改善

規則正しい生活を送ることが、自律神経をより良い状態で保つ一番の方法になります。のぼせに関しては、特に食生活を改善することが有効です。

食事は塩分をとりすぎない、冷たいものばかり食べない、ショウガ等の血流促進・保温効果のあるものを積極的に取り入れると良いでしょう。のぼせ改善の漢方にはシナモンが入っていることが多いため、食事でシナモンを取り入れるのも良いかもしれません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る