TOP > > 「うっかりしてて期限切れ…」処方箋の有効期限、延長できる?

「うっかりしてて期限切れ…」処方箋の有効期限、延長できる?

薬局へ処方箋を持っていくのをすっかり忘れて、気づいたときには有効期限が切れてしまっていた!……なんて人もいるのではないでしょうか?

処方箋には必ず有効期限があります。病院で処方箋を発行されたときには、期限内に薬局へと持っていかなければなりません。というわけで、今回は、処方箋の有効期限についてお話ししていきます。

仕事で忙しく、受診した当日に処方箋をそのまま薬局へ持っていくのが難しい人もいるでしょう。期限切れの処方箋を前に慌てないためにも、ちょっとした裏ワザもご紹介します!

処方箋には厳しい有効期限があります!

処方箋の有効期限は、4日間。これは、発行された日を含めての日数。土日や祝日も含めます。

長いと感じますか?それとも、短いと思うでしょうか?この「4日間」という期限は、ゴールデンウィークや年末年始をはさんでも変わりません。もしこの期限を過ぎてしまうと、どんな事情であれ、調剤薬局では受付がされなくなってしまいます。

期限切れの処方箋……有効期限は延長できるの?

「ついうっかりしていて処方箋の期限がきれてしまった!期限の延長はできる?」……こんな質問もよく聞かれます。

答えは、NOです。期限の延長はできません。もし期限が切れてしまったときには、もう一度、病院へ行って処方箋を再発行してもらわなければなりません。ちなみに、再発行では健康保険は適用されず、全額自己負担になってしまうので要注意です。

4日間では薬を受け取れなさそうなときは?

いろいろな事情で4日間では薬を受け取れなさそうなときもあるかもしれませんよね。そのような場合には、診察のときに前もって医師に相談しておきましょう。症状や診断内容によっては延長してもらえることもあります。

調剤薬局での待ち時間短縮の裏ワザ!

処方箋を調剤薬局にもっていくと、薬を渡されるまでにけっこうな待ち時間が必要なことがあります。薬の飲み合わせに問題がないか、効果が重複した薬が出されていないかなどのチェックが行われていたりするので、時間がかかるのは仕方がないこととも言えます。

でも、病院でさんざん待ち時間を過ごしたあとで、薬を受け取るためにまた延々と待つのはしんどいですよね。じつは、この待ち時間を短縮できる裏ワザがあるんです!

それは、あらかじめ処方箋をFAXで送るという方法。病院や自宅から調剤薬局へ処方箋をFAXしておけば、到着したときにスムーズに受け取れるようにできます。(病院によっては難しい場合があります。確認してみましょう。)

この方法をとるときには、FAXを送信したあとで調剤薬局に電話を1本入れておくことも忘れずに。もしかしたら調剤薬局で薬の在庫がなく、取り寄せなどで時間が必要なこともあるからです。また、このときに、いつごろ行けば薬を受け取れるかも確認しておけば確実ですね。

処方箋の期限が4日間と決められている理由は、受診した日から4日も経つと病状が変化し、それにともなって必要な治療や服用すべき薬が変わってしまう可能性が高いからです。症状に合った適切な治療を受けて回復するためにも、処方箋は早めに調剤薬局へ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る