TOP > > 「いい医者」と「ダメな医者」の見分ける7つの注目ポイント

「いい医者」と「ダメな医者」の見分ける7つの注目ポイント

「いい医者」とは、単にみたてが良く、腕も良い医者を言うのでしょうか?患者さんに対して、事細かに親切に説明してくれる医者を言うのでしょうか? はてさて・・・医者もいろいろ・・・。今回は、ある事例をとって一緒に考えてみましょう。

Aさん 69歳 男性の場合

Aさんは、最近食欲がなく、かなりの倦怠感を感じていました。半年前から、異常に身体に痒みがあり、近くの医院で塗り薬をもらっていましたが効果はあまりありません。

何をする気力もなく、横になっている事が多くなったAさん。両足が異常にむくみ始め、歩行困難が出たため、救急病院で診察を受けました。

Aさんを診察した医師は、歩行困難なほどむくんだ両足を見て、ただ事ではないと思い、すぐに尿検査・血液検査・レントゲン・CT画像診断など一通りの検査を指示しました。

最初に診察した医師は内科医でも、心臓や呼吸器系が専門だったため、検査結果を見て、すぐ消化器専門の内科医師にまわしました。Aさんの診断結果は、膵臓がんとその転移による末期の肝臓がんでした。消化器内科の医師は、Aさんの家族に

・元の病気が 膵臓がんで、肝臓に転移している事
・肝臓の転移がはるかにひどく、ほとんど機能していない事
・今後は、病気を治す治療でなく、本人の苦痛を取り除く治療になる事

などを、事細かく丁寧に説明してくれました。家族も納得し、自分の自宅近くの病院で見たいと、転院の意向を話しました。転院先は、ある大学病院の予定でしたが、消化器内科の医師は快く理解を示し、紹介状と検査資料を作ってくれたため、すぐに転院できました。

Aさんの家族は、大きな病院なら、新しい治療法もあるかも?という思いもありましたが、大学病院の医師は、CT画像など資料にほとんど目を通さず、「末期がんの患者は受け入れられない」と、別の病院を紹介されました。

患者とその家族から見た場合を考えると

最初に受診した病院は、どうでしょう?最初の検査で、専門の医師に回してくれた事が評価できます。専門医に診てもらう方が正確な診断が出来ると思いますよね。また、病状の説明も丁寧で家族も納得出来たのではないでしょうか。

特に、個人病院などは利益中心になりがちで、なかなか転院させてくれない病院もあるとか。中には、「同じ系列の病院であっても「紹介状は書けない」といわれる事も多く、結局そのままか、転院しても、また一から同じ検査をして、無駄な費用をかける場合も。

今は、セカンドオピニオンは当たり前の時代です。一人の医師の診断だけでなく、他の病院の医師の診断も受けて、最も良い治療方針などを、患者とその家族も一緒に考えるのが良いと思います。

大学病院は、設備も整っていて、病気の治療や治癒に対しては最先端の医療を受ける事ができます。でも、逆に病気を治す以外・・・つまり良くなる見込みのない患者さんには、Aさんのような対応をされる事があります。(ただし、これは病院の方針や理念によるので、一概には言えません)

いい医者とはどんな医者でしょうか

大きい病院には、必ず「いい医者」がいるという事はありません。また、教授など肩書きがあれば、いいと言うものでもありません。「いい医者」と「悪い医者」を見分けるポイントはいくつかあります。

1. 治療する場合、患者さんの生活パターンを十分考慮しながら、適切な方法で行ってくれるか。

2. 専門用語を並べるのでなく、患者さんが理解できるように、丁寧に話してくれるか。患者さんの質問に対して、不快感を示すような医者は、コミュニケーション能力が不足していると考えられます。

3. 問診を重視していて、問診ではわからない事について、必要な検査だけを行う。(一般の検査よりも直接患者さんを診る方が、たくさんの情報を得る事が出来る場合も多い)

4. 患者さんからの希望がなくても、必要だと判断した場合は、速やかに紹介状を書き、最も適している病院への転院を勧めてくれる。

5. 医者のスキルを知る意味で、経歴や経験などを調べておく。(たとえば外科医の場合、年間の執刀数を調べると良い。立派な肩書きを持っていても、実際の執刀数が少なく経験不足の医師もいる)

6. 特に小児科などでは、やたらと薬を出したがる医者も要注意。(乳幼児は、医療費がかからない治自体が多いので、必要以上に出す医者は、営利目的ともとれる)

7. 重篤な病気であるほど、患者さんは不安が大きくなります。今後の治療方針や、病気の経過についてきちんと説明してくれるか。

これらが、「いい医者」「悪い医者」を見分けるポイントではないでしょうか。選んだ医者によって、この先、病気が良くなるかを左右する事もあります。重篤な病気であればあるほど、医者選びは重要です。また、「いい医者」をかかりつけの医師にしておくと良いですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る