TOP > > 魚を食べたら蕁麻疹が出た!これはアレルギー?対処法は?

魚を食べたら蕁麻疹が出た!これはアレルギー?対処法は?

魚を食べた後に起こる蕁麻疹は魚アレルギーの特徴的な症状ですね。ところが魚アレルギーでなくても同じような反応が出てしまうこともあるのです。どんな時にそのような反応が起きてしまうのでしょう。

魚を食べた後に起こる蕁麻疹の原因

魚を食べた後に蕁麻疹が出た場合、次のような原因が考えられます。

アレルギー反応…魚アレルギー
アレルギー以外の現象…ヒスタミン中毒、アニサキス中毒

一般的に知られているのが魚アレルギー。これは魚に含まれるタンパク質の一種トロポミオシンが原因となって起こるアレルギー反応です。

魚をアレルゲン(アレルギーの原因物質)に持つ体質の人がトロポミオシンを取り込むと、細胞に存在する「ヒスタミン」が反応してかゆみや発疹などを起こします。

ヒスタミン中毒というのは魚に含まれるヒスタミンを取り込むことで起こる現象。食品に含まれるヒスタミンを食べた時に起こるアレルギー様の反応で、体質に関係なく誰にでも起こります。

アレルギーではないけれどアレルギーに似ていることから「仮性アレルギー」「アレルギー様反応」とも呼ばれています。

アニサキス中毒はまた違った特徴があります。生魚にすむ寄生虫アニサキスが胃や腸壁に食いつきすぐに救急車を呼ばなければならないほど激しい腹痛を引き起こすので、それとすぐ判別できます。できれば一生遭遇したくないものですね。

魚アレルギーとヒスタミン中毒の違い

魚アレルギーとヒスタミン中毒の多くは食後1時間以内に蕁麻疹、顔の赤みや腫れ、腹痛、下痢などの症状が起こります。

魚アレルギーはそのほかにぜん息のような呼吸やまぶたの腫れを伴うこともあり、薬で対処したり病院に搬送して治療を受けることが必要になります。もしアナフィラキシーショックを起こすと短時間で死に至ることもあり、アレルギー体質の人は油断できない発作です。

一方ヒスタミン中毒は口のまわりや耳たぶの赤み、頭痛、発熱を伴うこともありますが、半日ほどで症状がおさまるため病院に行かなくても回復することが多いです。病院では抗ヒスタミン剤が投与されます。まれに重い症状を引き起こすことがあっても死亡事例は起こっていません。

同じ魚料理を食べて特定の人だけに起これば魚アレルギー、複数の人に起こればヒスタミン中毒の可能性があります。実際にヒスタミン中毒の多くは給食など大量調理された料理から起こっているようです。

アレルギー体質でない場合、一度ヒスタミン中毒を起こしたことのある人が魚を食べるのは問題ありません。魚に問題がなければ食べても中毒は起こらないからです。

ヒスタミン中毒の原因と対策

ヒスタミン中毒は鮮度の落ちた魚を食べることで起こっています。魚を不適切な温度で長く保存していると魚肉中に含まれるヒスタミンが増えてしまうのです。

特にカジキマグロ、ブリ、マグロ、サバ、サンマ、イワシといった赤身魚にはヒスタミンの元となるヒスチジンが多く含まれているため、鮮度が落ちたものを食べると中毒を起こしやすくなります。特にこれらを求める時はなるべく新鮮なものにしましょう。

またヒスタミンは加熱しても分解されません。「少し古いけど火を通せば大丈夫」という考えはヒスタミンには通用しないのです。とにかく家庭では新鮮な魚を低温で保存し、早めに食べることが中毒の予防になりますね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る