TOP > > 子どもに大流行!大人がうつされるとかなり辛い手足口病とは

子どもに大流行!大人がうつされるとかなり辛い手足口病とは

子どもに多い手足口病とは

子どもの間ではさまざまな感染症が流行しやすいものです。幼稚園や学校など集団生活をしているために病原菌が感染しやすい環境も流行の原因のひとつです。

夏に大流行する子どもの感染症に「手足口病」があります。これは名前の通り、手、足、口に症状があらわれるのが大きな特徴です。7月をピークに毎年夏に流行していますが、近年は都道府県によって爆発的な流行がみられます。

手足口病とは

手足口病はコクサッキーウイルス、またはエンテロウイルスに感染することで発症します。飛まつ感染、接触感染、便の中のウイルスが経口で体内に入るといった経路で発症します。

菌に感染すると3~5日の潜伏期間の後に発症します。初期にみられる症状は喉の痛み、口内の痛みです。発熱が起こることもあり、38度以上の熱が出る場合もあります。

続いて口腔内に白いブツブツが出ます。頬の内側、歯茎、舌、唇の裏、上あごなどに水疱を持つ発疹があらわれます。この発疹は破れて潰瘍になるので、しみて強い痛みを伴いやすいです。

身体では手、ひじ、足、ひざ、お尻などに2~3ミリほどのかゆみを伴う発疹があらわれるようになります。体の発疹は口腔内の発疹と違い、痛みはありません。

夏のあせもに似ていることもありますが、手足口病の場合は手のひら、足の裏にまで発疹が起こる点に特徴の違いがあります。

発症してから1週間~10日で自然に回復します。たいていは軽い症状で済むのですが、まれに重症化したり合併症を引き起こすこともあります。ひじょうにまれですが手足口病による乳児の死亡も起こっています。

手足口病にかかったら

手足口病にはウイルスをやっつける特効薬というものがないので、自然治癒を待つしかありません。ウイルスは周囲に感染するので発病中は幼稚園や学校はお休みして自宅で療養します。

口腔内の発疹の痛みが強く、飲食がしみて辛い状態となります。食事は無理に摂らせなくても問題ありませんので、しみにくい口当たりの良い物を与えるようにします。

気をつけたいのは水分摂取不足による脱水です。こまめに水分を補給させるように心がける必要があります。また、脱水の傾向がみられたらすぐに受診して点滴などの対応をしてもらいましょう。

乳児は重症化しやすいので特に注意です。涙が出ない、おしっこの量が減った、ぐったりしている、という場合には脱水症の可能性が高いので速やかに病院へ連れていきましょう。

また、合併症には髄膜炎、脳炎、心筋炎などがあります。頭痛、嘔吐、意識障害などの症状がみられたら合併症の疑いがありますので受診が必要です。常に症状を観察して変わった症状を見過ごさないようにしましょう。

大人もかかる手足口病

手足口病は子どもがかかりやすい病気で、患者のおよそ9割が5歳以下の子どもです。しかし、大人もかかる場合があります。家族に手足口病の子どもがいる場合にウイルスをもらって発症することが多いようです。

大人の場合にも子どもと同じ症状があらわれますが、大人の場合はこどもより治りが悪かったり、喉の激痛、皮膚症状が強く出るなどの傾向があるようです。

また、ウイルスを周囲にうつしてしまうおそれがあるので治癒するまで自宅で安静に過ごさなければなりません。子どもの欠席とは立場が異なり、大人が何日間も欠勤すると仕事に穴を開けてしまうことになり辛いものとなります。できればかかりたくないものですね。

手足口病を予防するには

手足口病にはワクチンがないので予防することができません。また、一度かかってもまた感染すれば一生に何度もかかることのある病気です。これといった有効な予防法はなく、他の感染症と同様に日頃から手洗い、うがいを徹底するしかありません。

特に周囲で手足口病の流行が起こっている場合には、発病者に接触しない、手洗い・うがいで感染を防ぐといった意識が必要になります。タオルなど感染者が触った物からもウイルス感染するので、持ち物は共有しないようにすると予防効果があります。

大人の場合、乳児のおむつ替えで便からウイルスに感染する場合もあります。感染者に接触する時にはマスクをしたり、石鹸で手をしっかり洗うことが必要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る