TOP > 口唇ヘルペス

口唇ヘルペスを作らせないために

子供の頃や若いころなど、よく口唇ヘルペスができていたという人は少なくないかと思います。

皮膚病の一つですけれども、ヘルペスウイルス自体は誰でも持っているものであり、どんな人でもできる可能性のある病気です。

口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスとは唇の周りにぶつぶつとした水ぶくれができることがないでしょうか。風邪の時や熱を出した時にできやすいのですが、これが口唇ヘルペスです。

口唇ヘルペスになったことがある人は少なくなくて、だいたい10人に1人くらいはなったことがあると言われています。

この口唇ヘルペスはウイルス性のヘルペスウイルスが影響しているんですけれども、ヘルペスウイルスを持っている、感染している人というのはたくさんいると言われています。

若い人で半数ほどが持っていると言われていますが、症状が必ずしも出るとは限りません。

・原因を突き止める
唇のまわりにできるブツブツの原因はウイルス?口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスを始めとして、様々なところに症状として現れますが、この口唇ヘルペスは抵抗力が弱まった時、体力や気力が弱くなった時に出てくるものです。

なので普段はウイルスにかかっていたとしても、それが症状に出ないのです。

口唇ヘルペスの治療方法

口唇ヘルペスの症状が出てきてしまった場合には、それを治療することになりますが治療の方法はヘルペスウイルスに対して効果のある治療をしなければなりません。

主に口唇ヘルペスの時には塗り薬が使われて、これがヘルペスウイルスに効果があります。

一時的に塗っていることもあって口唇ヘルペスが収まったと思っても、また再発することはよくあります。

ウイルスを持っている限りは再発することがるので油断してはいけません。完治するまでしっかりと処方された薬を使い続けましょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る