TOP > > 椎間板ヘルニアによる痛みの対処法!正しい対処法をご紹介

椎間板ヘルニアによる痛みの対処法!正しい対処法をご紹介

椎間板ヘルニアにかかると、そのまま放っておいても痛みが取れません。そのため、正しい対処法をとる必要があるという訳です。そこで今回は、椎間板ヘルニアにかかった際、痛みをとるための正しい対処法をご紹介します!

椎間板ヘルニアの痛みをとる対処法

椎間板ヘルニアにかかると、しびれや激しい痛みに襲われます。まずこういった症状が出た時は、安静にする事が第一です。少し横になって無理をせず過ごしてください。そして必ず医療機関にかかる必要があります。

信頼できるドクターを見つけ、治療方針について話し合ってください。椎間板ヘルニアの痛みをとるためには、ブロック注射を受けたり、痛み止めを飲んだり、保存療法を受けたりする方法があります。

しかしあらゆる方法を試しても痛みが取れない場合や、しびれがひどいという場合は、手術を選択するケースが多いです。

ただ、椎間板ヘルニアの手術を受ける事で、痛みから解放される事もありますが、逆に腰痛など他の痛みが現れるケースも存在します。そのため、椎間板ヘルニアの手術は、最終手段という位置づけになる事が多いようです。

また、医療機関にかかって、椎間板ヘルニアの症状が「手術をするほど重症でない」と判断された場合は、ストレッチを勧められる事もあります。保存療法を試しつつ、生活指導が行われ、ストレッチなどの運動を取り入れる事で、痛みの改善をはかるのです。

自己診断は危険です!

上記で説明した通り、椎間板ヘルニアの痛みに襲われた場合の対処法は、まず安静にして医療機関での治療を受け、ストレッチなどによる痛み軽減をはかるなどがあります。また痛みをとる方法には、ツボ押しや運動などもあります。しかし、まずは医療機関で正しい診断を下してもらう事が重要です。

自己判断してまちがったストレッチを続けていたりすると、逆に椎間板ヘルニアの痛みが強くなる恐れもあります。ですから、痛みが出た場合は必ず医療機関にかかってください。正しい医療を受ける事で、大部分の人が椎間板ヘルニアによる痛みを改善させています。過度に不安にならず、正しい対処法をとりましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る