TOP > ヘルニア

ヘルニアを知ろう

ヘルニアとは一般的に本来あるべき場所の臓器などが外に飛び出している状態のことをいいます。ヘルニアといえば、椎間板ヘルニアが有名ですね。

腰痛の中でも一番注意しなければならないのがこの椎間板ヘルニアです。この病気は神経を圧迫するので、発症すると痛みが激しく、歩行や座ることも困難になってしまいます。

こちらのカテゴリでは椎間板ヘルニアの症状、治療方法、予防方法などをご紹介いたします。

・椎間板ヘルニアの痛みの仕組み
椎間板は背骨と背骨をつなぐ軟骨のことです。その椎間板の中にある髄核というゼリー状のものが外に飛び出すことでその周りの神経と触れることによって痛みが発生します。

・椎間板ヘルニアの症状
椎間板ヘルニアの症状には腰痛、足の痛みやしびれなどで、安静にしていても痛みが出る場合もあります。痛みが出る場所はヘルニアにより、圧迫される神経によって変わってきます。

ルニアの中でも一番多いのが第4腰椎と第5腰椎の間で起こるヘルニアです。その場合は足のすねの外側に痛みを感じます。その他、重症化すれば排尿障害や足の筋肉が麻痺し、足を持ち上げにくくなるため、歩行困難になったりもします。

・椎間板ヘルニアの対処方法
椎間板ヘルニアになってしまうと自然に治癒することは困難です。正しい対処方法と受診で医療機関でアドバイスをもらいながら痛みをうまくコントロールすることが大切です。

自己判断で勝手にストレッチなどの運動をすることで悪化することもあるので、運動などをする場合は必ず医療機関に相談するようにしましょう。

椎間板ヘルニアによる痛みの対処法!正しい対処法をご紹介

予防方法

一旦、椎間板ヘルニアになってしまうと完治は難しい病気です。普段から腰痛を起こしやすい人は特に腰椎に負担がかかる状態が多いということですので、椎間板ヘルニアに移行しないように気をつけたいものです。

・ヘルニアを予防するためのポイント
背骨を守るためのクッションの働きをしてくれるのが椎間板です。いくら背骨を守ってくれる働きがあるといっても、負担をかけすぎるといつかはすりきれてしまいます。

椎間板をいたわるということが大切です。腰痛を感じることがない方もぜひ、背骨の椎間板をいたわる生活を心がけましょう。

うっ、腰に激痛がっ!ヘルニアの予防に効果のある5つのポイント

・女性に落とし穴
ヘルニアといえば男性の病気というイメージですが、補正下着やガードルなどで体を締め付けることもヘルニアを招く要因になります。骨に負担をかけるだけではなく、1箇所を圧迫し続けることでもヘルニアになりやすくなります。

意外と知られていない危険な女性のヘルニアとは?その対策と予防法

・簡単な運動で予防する
背骨を支えているのは筋肉です。骨があっても筋肉がなければ人間は立つことはできません。特に背骨を支えているのは腹筋と背筋です。

腹筋と背筋がバランスよく働くことで人間はまっすぐに立つことができるのです。ということはこの腹筋、背筋が弱ることで背骨に負担がかかり、腰痛、椎間板ヘルニアになりやすい体になってしまうのです。

ということは腹筋、背筋を鍛えることで背骨、腰への負担を減らすだけで、ヘルニアは簡単に防げるということになります。

腹筋と背筋を鍛えると聞くとちょっと尻込みしてしまいますが、ちょっと姿勢を変えて歩くだけで鍛えられます。特に普段あまり運動をしないという方には効果覿面でしょう。
ぜひ、普段の生活に取り入れてみてください。

運動で簡単に予防できる予防効果が高い運動

もちろん、簡単な運動だけでは物足りないという方は一般的な腹筋運動や背筋運動をするとよいですね。しかし、腰痛のある方が腹筋を鍛えようと頑張っても、腹筋のやり方を間違えると余計に腰に負担がかかってしまいます。

寝転んで腹筋をする場合は、両足を曲げて三角にし、背骨がすべて床に着いた状態を保ったまま、腹筋を意識しながら上半身を上げてください。どうしても腹筋に慣れていない方は腰の部分が浮いた状態でしてしまいがちです。

腰の部分が浮いたまま腹筋をしてしまうと腰痛の原因になりますので気をつけましょう。最初は上がらなくて当然です。無理に上げようとすると腰に負担がかかりますので、上がるところまでで十分筋肉を使っているので効果が期待できます。

また、腹筋が弱いという方は、息をゆっくり吐きながらおなかをへこませるだけで十分腹筋を使うことができるのでこの方法がおすすめです。

治療法

治療方法には二種類あります。手術をせずに治療する「保存治療」原因となっているヘルニアを切除したり、椎間板の中にある飛び出た髄核を吸い取ったりする「外科手術」があります。

・保存治療
痛みが強い間は鎮痛剤や消炎剤、ブロック注射などで痛みをコントロールし、安静にします。痛みが治まって症状が安定してきたら、ストレッチ、温熱療法、低周波治療などが行われます。保存治療で8割から9割ほどの割合で改善されるというデータがあります。

・手術
一般的にはまず保存治療を行い、それでも改善しない場合や重症のときに適応されます。手術にはメリットもありますが、半身不随などのリスクもあり、デメリットもあります。手術をする場合はメリットとデメリットをよく考えて決断しましょう。

椎間板ヘルニアの手術は有効!?そのリスクとメリットについて

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る