TOP > 肝炎

肝炎の種類と対策

日本では厚生労働省が肝炎の予防や発症、治療に非常に力を入れています。

一昔前までは肝炎と言うと肝硬変や脂肪肝、そして肝臓がんになるなど「お酒の飲み過ぎ」が原因と思われていましたが、今では肝炎が原因で肝臓がんになることもあるとわかってきました。

肝炎には種類がある

日本ではA型・B型・C型肝炎が多いと言われており、そのうちのBとCについては非常に多いために国も力を入れて感染症予防を行っております。

B型肝炎とC型肝炎について違い感染経路の違いです。B型肝炎は主に性交渉などの際に感染し、C型肝炎については注射器の使い回しなどによって起こります。

・肝炎には3つある
B型、C型にA型も!?ウイルス性肝炎の種類と感染源の違い

・肝炎の感染経路は
肝炎は食事から感染するの?日常の食事にも危険性はある?

全く関係がないと思っている人もいるかもしれませんが、ちょっとしたことがきっかけで起こる可能性もありますし、風邪のような症状を最初は示すので放置しがちです。

しかし悪化すると取り返しがつかなくなりますから、早めに処置を受けるようにしましょう。

・こんな症状が出てないかチェック
自覚症状がない場合も?恐ろしい肝炎の原因と気づく為の症状

日本における肝炎の治療

日本では厚生労働省が力を入れていると書いているように、肝炎治療について助成金を出してくれます。

治療費が高くならないようにお金を国から出してくれるのです。一刻も早く治癒することが、他の人に感染させない良い方法だからです。

インターフェロン治療という肝炎治療も確立されていますから早めに治療を受けてください。早めの治療が肝炎から肝臓がんへの変異を食い止めてくれるのです。

肝炎はあまり馴染みがないように思えるかもしれませんが、国がこれだけ力を入れいてることからわかるように、日本では最も多い感染症の一つであると言われています。

肝炎にかかるリスクは誰にでもありますから、症状が出れば早めの通院と処置が必要です。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る