TOP > > 3タイプの痔の症状と原因は?切れ痔、いぼ痔、痔瘻の予防&改善法

3タイプの痔の症状と原因は?切れ痔、いぼ痔、痔瘻の予防&改善法

男女の尻

ところで皆さん、お尻にトラブルはありませんか?今回の話題は、実に日本人の1/3以上、男女関係なく見られる痔と言う病気です。

痔は言うまでもなく肛門の疾患を総称したものです。軽度の切れ痔であればお薬で治療も可能ですが、悪くなってくると手術で対応せざるを得えなくなってしまう場合も…!

肛門と言うのは直接自分で見ることはできません。鏡かカメラがどうしても必要ですね。それだけに知らない間に悪化していることも多いのです。

3種類の痔のそれぞれの症状や原因、予防と改善のためにできることを知っておきましょう。

悩ましい肛門の病気、痔!3つに大別される痔の種類

一口に痔と言っても大きく分けて3種類に分類でき、それぞれに原因も治療法も異なるものです。

  • イボ痔(痔核)
  • 切れ痔(裂肛)
  • 穴痔(痔瘻)

中でも最も多いのがいわゆる「イボ痔」です。正式には痔核(じかく)と言う名前で呼ばれています。男女ともお尻の疾患の半分以上がこれです。

女性で次に多いのが「切れ痔」です。正式には裂肛(れっこう)と言う名前ですが、字面からして痛そうですね。実際に痛みと出血を伴う肛門の疾患で、繰り返し起こると傷が治っても再発しやすく手術が必要になる場合もあります。

そしてもう一つは男性に多い「穴痔」です。正式には痔瘻(じろう)と言って、男性では二番目に多い痔です。細菌感染によって膿がたまり、直腸と肛門の周囲を繋ぐ穴ができてしまって、そこから膿が外に流れ出すものです。完全に手術対象です。

痔のできる部分によって痛み方や症状が変わる

このように痔にはさまざまなものがありますが、イボ痔(痔核)については特に初期の場合痛みが全くない場合が多くなります。

これは痔核の多くが肛門より内側の直腸の最後の部分にできるからで、直腸の粘膜には痛覚の神経がありません。

ですので、排便の際に血が滴っても痛みを感じない場合があるのです。

お尻の構造

一方、女性に多い切れ痔(裂肛)では肛門の側の皮膚が裂けますから、痛みと出血が見られることになります。その痛みは最初に切れた時より、あとから慢性化してきた時の方が強いと言いますから、早めに治療した方が良いですね。

日本人の有病率は世界的に見てそれほど高くない

「日本人が3人いれば1人は痔主(じぬし)」と言われて、日本人では特に有病率が高いように思われていますが、外国の方でも有病率はそんなに変わりません。

一方、日本人独特の我慢強さや羞恥心から受診が遅れ重症化してから受診される人が多いため、日本人では諸外国に比べて重症の患者さんが多いのが特徴だと言われています。

私も日本人ですからその気持ちはよく判ります。一方で、恥ずかしいとか痛いとかがあるだけに、できるだけお医者さんにかかる時間を短くしようと思うなら、少しでも早く受診して治療を受けた方が良いですね。

市販薬の利用も良いでしょうが、最初はやはり受診してどういったタイプの痔であるかを確認することが必要になってきます。

イボ痔(痔核)は血管を支える組織が弱って血管がふくれた物

痔核は多くの場合、肛門の内側である粘膜部分に腫れができた内痔核として発生します。このため初期の痔核は出血があっても痛みがないことが多くなります。この出血は血液が滴るとか吹き出すとか言うレベルで起こることもあります。

一方、外痔核は肛門の皮膚の部分に発生する腫れです。この部分には痛覚がありますから痛みます。実はこの2種類を間違えて個人レベルで対処するとひどい目を見ることもあるんです。

イボ痔内痔核外痔核が出来るお尻の位置や状態

内痔核は症状が進むと患部が肛門から出てきて戻らなくなる

内痔核は肛門の内側、つまり肛門を絞めている時には触れられない位置にできます。しかしだんだん症状が進んでくると、排便時に外側に出てくるようになります。

最初のうちは排便が終わったら自然と中に戻って行くのですが、さらに症状が進むと手で押し込んでやらないと元に戻らなくなります。このレベルでは痛みが出るようになる場合もあります。

最終的には手で押し込もうとしても戻らなくなります。そして、患部が硬くなって、痛みも出血もなくなりますが、粘液が浸み出すようになって下着に汚れが付くようになります。

内痔核のできる位置はだいたい決まっていて左右対称ではない

お腹を上にして肛門を見た時に、時計の針の位置で、3時・7時・11時と120°ずつの位置に内痔核はでき易くなっています。これは内痔核の原因になる静脈叢に血液が流れ込んでくるのがこの方向だからです。

一方、外痔核については特にでき易い方向と言うのはありません。病気がゆっくり進行する内痔核に比べて、血栓ができることで発生する外痔核は急性症状がみられることが多いようです。

外痔核では肛門の周囲に血栓ができて腫れ、強く痛むことも多いです。場合によっては皮膚が破れて出血することもあり、時には手術対応になることもあります。

外痔核を押し込んではならない

内痔核が進んできて手で押し込まないと戻らないと言う状態は、割合多くの人が経験しています。

そのため、例えば若い人が外痔核になった時に親御さんに相談したら「押し込んでおけばいい」と言うアドバイスが出る場合も少なくないと思います。

内痔核であれば治療を受けるまでの間それでしのいでおくこともあり得る話でしょう。しかし外痔核であった場合、もともと肛門の外にあるのが当然のものなのです。

それを勘違いして無理やり肛門の中に押し込もうとしたら、一気に症状が悪化してしまう場合もあります。外痔核は普通に押し込もうとしても入りません。入らない場合は無理をしないで下さい。

そして、そのままの状態で肛門科を受診されることをお勧めします。

痔のように他人には相談しにくい病気の場合、こうした親御さんへの相談も多くなるでしょう。

それはそれで良いことなのですが、このように2パターンある場合には思わぬトラブルにつながりかねないので注意して下さい。

【内痔核の治療法】症状の進み方によって薬だけから手術療法まで

内痔核の場合、排便の際にも患部が外に出ない初期のものであれば、保存療法としてお薬などである程度は治療できることが多いです。とは言え、お薬だけで痔核を完治させることはできないのです。

薬物療法は腫脹、脱出、疼痛、出血などの症状緩和に効果を認めるが、慢性の痔核自体を完治させる効能はない。

つまり、お薬による治療は痔核によって出ている症状を軽くする効果しかないと言うことです。

それよりは生活習慣の改善の方が根本的な部分に踏み込めると学会では考えているようですね。

一方、受診が遅れて手で押し込まないと戻らない状態にまで進んでいると、基本的には手術で対応することになります。

ですので、痛みはないのに鮮血が出たと言うような場合は、すぐに内科か肛門科を受診して下さい。痛みがないからと言って放置すると症状が進んでしまいます。

手術と言ってもさまざまな方法があり痛みも少なくなっている

特に年配の方で痔の手術を経験されたことのある人は、術後の管理の面倒さや痛みについて非常に悪い印象を持っておられるため、若い人に伝える時でもどうしてもネガティブな情報を伝えることが多くなるようです。

しかし他の医療技術と同じで、痔の手術についても非常に技術が進歩していますので、昔のような痛みのひどいものなどはありません。

お医者さんに良く情報を聞いて早めに直してしまいましょう。

現在最もよく行われている治療方法は、従来の結紮切除術に加えて、中国で開発された注射による治療を合わせたものです。

この注射による治療はALTA療法(アルタ療法)と呼ばれていて、硫酸アルミニウムカリウム水和物(カリミョウバン)とタンニン酸を主成分とする注射液を内痔核に注射することで、内痔核を小さく縮めて固定してしまうと言う物です。

もともとは中国で開発された技術ですが、日本で独自の処方や注射法を加えてALTA療法として実施されています。

注射だけですので手術時間も短く、入院期間も短いことが大きなメリットです。医療機関によっては日帰り手術で行っているところもあります。

難点としては非常に技術のいる注射なので、どの肛門科ででも実施できると言う物ではないことです。さらに、従来よりの結紮切除術(患部を糸で縛ってから切り取る手術)に比べると再発率が高いと言うこともあります。

肛門全周に内痔核がある時に有効なPPH手術

肛門の中の一か所だけではなく全周性に内痔核ができた場合、原則としてALTA療法は適応外になります。

そこで、万能だけど痛みの問題や時間がかかると言う問題を持った結紮切除術に代えて行われるのがPPH手術(ピーピーエイチ手術)です。

これは環状自動縫合器と呼ばれる特殊な器具を使って、肛門外にはみ出した内痔核をもとの位置に押し込んで固定しながら、内痔核への血流を減少させて治療するものです。

環状自動縫合器プロキシメイトILS製品写真

手術から4~6週間ぐらいで完治し、再発も少ないうえ、痛みを感じない直腸部分で手術を行うため痛みもあまりありません。

ただしこの手術に適応の病状が限られるため、必ずしも全部の痔核に使える方法ではありません。

外、内痔核が併存する場合は結紮切除術を選択することになる

さまざまな治療法がありましたが、やはりオールマイティなのは従来からある結紮切除術です。昔よりは良くなったとはいえ入院期間も長くなりますし、痛みもあります。

しかし、どのような痔核であってもこの方法で治療することが可能ですので、外痔核を伴った内痔核と言うような、肛門の内外で同時に発生した物にはこの方法が取られるでしょう。

現在の所、平均的な入院期間は4日から12日くらいです。これは患者さんの体調や他に持っている病気などによってかなり左右される部分があります。

ALTA療法の注射のタンニン酸は、もともと漢方薬の五倍子が使われていたと言うことです。さすが中国医学と言うイメージですね。

女性に多い切れ痔は痛いけど出血量は少なめ!ダイエットも原因に

切れ痔は肛門の歯状線の外側、つまり肛門の皮膚の部分が裂けて発生する痔です。そのため正式名称は裂肛と言う名前なのです。この部分には知覚神経が通っていますので、皮膚が裂けると強く傷みます。

切れ痔が出来るお尻の箇所と状態

切れ痔は皮膚が裂けて強い痛みが出ますが、出血量は多くありません。トイレットペーパーに血が付く程度です。

切れ痔は便秘と関係があるから女性に多いタイプの痔

なぜ女性に多いのかと言うと、便秘によって引き起こされることの多い痔だからです。便秘になると便の水分が少なくなって、排便の際には固い便が肛門を通過することになります。

このため肛門の一部が裂けてしまうことで発生するのが切れ痔です。女性の場合、無理なダイエットが祟って、便のかさが増えないため便秘になると言うことも割合よく発生します。

そうなると切れ痔が慢性化しやすくなるんですね。お尻のためにも、食べないダイエットは避けましょう。

切れ痔は悪循環で手術が必要になるまで悪化する

切れ痔は痛みを伴うため、無意識に排便を我慢してしまいがちになります。そうするとさらに便秘が悪化して排便のたびに切れ痔が発生します。

こうして切れ痔が繰り返されると、患部が潰瘍になってしまいます。潰瘍ができると肛門が狭くなり、ますます切れやすくなるのです。

潰瘍の部分は硬くなっていますので、非常に裂けやすいため、これを手術で取り除き、肛門を拡張形成する治療が必要になるのです。

一方、初期の切れ痔であれば外用薬で治療も可能ですし、繰り返す切れ痔にならない限り手術はいらないでしょう。そのためにも便秘を治すことが先決です。

男性では全体の一割とそれほど多い痔ではありません。なのに男性でも切れ痔が出たと言う話題は良く耳にします。それだけ痔全体の患者数が多いと言うことなんですね。

穴痔(痔瘻)は男性に多い!感染によってお尻に別の穴が開く症状

痔瘻と言うのは穴痔と言う俗称がありますが、現在では「じろう」と言う呼び名が一般化したイメージがあります。ですのでこの記事でも痔瘻と言う表現にしますね。

これは歯状線を形成している肛門小窩と言う小さなくぼみに大腸菌が感染することで、そこに膿がたまって肛門周囲膿瘍と言う物を作り出してしまうのが始まりです。

穴痔痔瘻が出来るお尻の箇所と状態

痔瘻には種類があるがいずれも手術なしには治癒しない!

痔瘻は肛門の内側に始まった膿瘍が入口になり、出口はお尻の穴の近くに開いた穴や内臓の方に拡がった穴です。

つまり入り口をふさがないと治癒しません。出口だけがふさがるとかえって悪化を招く場合も少なくないのです。

痔瘻の分類についてはいろいろな分け方がありますが、厳密な分類は複雑ですので割愛させて頂きます。上の図にあるものは単純化したもので、この形であれば治療もそれほど複雑にはなりません。

しかし難しいものでは、肛門括約筋を貫通して腹腔の方とお尻の方の複数の出口に向かって伸びるものもあったり、個人個人で様々な様相を呈するのが痔瘻と言う病気です。

痔瘻の場合、痛みや肛門付近からの膿の排出による下着の汚れ、悪臭などがあるため、自覚は容易です。おかしいと思ったらできるだけ早く肛門科を受診して下さい。

先延ばしにしていると痔瘻の穴が網目状に複雑化して、手術を何度も行わないといけなくなってしまうかもしれません。

複雑な痔瘻の手術は無理に進めると肛門機能に悪影響が出ますので、数回に分けて肛門機能を喪失しないようにして行われることもあるのです。

痔瘻には原因疾患がある場合もある

  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎

こういった難病指定されている炎症性腸疾患が原因になって痔瘻を引き起こしていることもあります。

こうした場合、原因疾患が寛解状態になっていないと、痔瘻の手術だけを行っても無意味になる可能性があるため、まずそちらを優先して治療することになるでしょう。

こうした病気については、ご本人が腸の症状で治療を受けている内科や消化器科と、自の専門である肛門科の連携による治療が必須となります。

痔瘻は男性に多い痔ですが、女性でも5%程度の罹患率はあります。おかしいと思ったら内科でも良いのでお医者さんに相談して下さいね。

【痔の予防&改善方法】食べ物と生活スタイルで痔を撃破

例えば痔瘻は肛門の内部に対する大腸菌の感染に始まる病気です。ですので、これを血行改善や便秘防止で予防することは少なくとも直接的な予防としては不可能です。

切れ痔も、肛門の血行を良くすることである程度の改善が見込めるかもしれませんが、飽くまで便秘しないことが重要になります。

このように痔の種類ごとに対策も異なってくるので、できれば全部に対しての予防を心がけられればいいですね。

痔核の予防改善は排便習慣の改善から

痔核は静脈叢にできた血栓や腫れです。ただ、昔は肛門静脈の血圧が上がって発生すると考えられていましたが、現在ではその原因説はほぼ否定されています。

と言うのも、痔核内部の血管は血圧が上がったことによってできた血管だと言う説が否定されたからです。

また、痔核の症例の中で必ずしも還流障害が多いと言うわけではない、つまり肛門から心臓に戻る血流の悪化によって痔核ができるとは言い難いことからも、血圧上昇説を否定する要因になっています。

では、どうして痔核が毛細血管がいっぱい集まった部分にできるのかと言うことですが、これはその血管を支えている組織が弱ったことによるものであると言う説が現在最も支持されています。

ですので、昔よく言われた

  • 立ちっぱなしの人が痔核になりやすい
  • 二足歩行が痔核の原因

…と言うことは過去のものになったと言えるでしょう。

肛門の気密性を保つところにイボ痔(痔核)はできる

ところで、肛門って言うのは普段かなりぴったりと閉じていますね。おなかの調子が悪い時でも、必死で我慢すれば一滴たりともこぼさず中身をキープできます。

さらには、肛門の上にあるのが気体なのか、液体なのか、固体なのかを判断してより分けて出すと言う器用な作業もやってのけます。いったいどういうパッキングが付いているのでしょうか。

肛門は自律神経の制御下にあります。

自動的に締めたり緩めたりが行われる内肛門括約筋と運動神経の制御下にあって、自分の意志で締めたり緩めたりできる外肛門括約筋の二重のロック装置が付いています。

さらに、そのロック装置の締め付けでぴったり気密が保たれるようにするためのパッキングまで用意されているのです。

このパッキングは肛門クッションと呼ばれる、血管・弾性結合組織・粘膜下筋で構成された線維組織です。

この部分の血管が腫れたものが痔核なのです。

例えば、年齢とともにお肌にしわができるのは弾性結合組織の量が減ってくるのが原因です。つまり、痔核も加齢にによって引き起こされる要素が多いと言えるでしょう。

一方、弾性結合組織も粘膜下筋もたんぱく質で作られる組織ですから、栄養に不足があると衰えが出てきます。それだけではなく、弾性結合組織に弾力性を持たせているエラスチンと言うたんぱく質繊維は、血管の弾力性を維持する働きもあるのです。

ですので、ダイエットなどによってたんぱく質の摂取量が足りなくなると、若くても子供でも痔核ができてしまうかもしれないと言う事なんですよ。

肥満に注意するのは大切ですが、栄養不足は「直ちに健康に影響が出る」ことを忘れないで下さい。

それでも肛門付近の血行も良くしておくべき

血行不良が痔核の原因でないなら、立ちっぱなしとか飲酒喫煙とかも痔とは関係ないのでしょうか。

決してそんなことはないのです。と言うのも、血行不良は「痔核の大きな増悪要因」だからです。

つまり原因じゃなくても、そのせいで痔核が悪くなってしまうと言うことです。ですのでうっ血を防いで肛門付近の血行を良くしておくと言うことが非常に重要になります。

立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事が痔にはよくないと言うのは、このうっ血と言う問題に対する指摘なのです。

ですから、お尻の血行を良くすることはそのまま痔核の大きな悪化防止になると言うことになります。

実際の行動としては「同じ姿勢を続けない」と言うことがポイントです。座り続ける立ち続けると言う姿勢は、お尻にうっ血を起こしてしまう原因になります。

できるだけ、定期的に姿勢を変えて動くと言うことが痔核の悪化防止には重要です。

そう言えば、座り続けるより30分に5分立ち上がるだけで糖尿病リスクがうんと下がると言う実験データもありました。また、座り続けると言う姿勢は肺塞栓症(エコノミークラス症候群)の原因にもなります。

立ち続ける姿勢は下半身のむくみを呼ぶこともありますね。

さまざまな健康効果が期待できますから、痔核の悪化防止もかねて同じ姿勢を続けるのはやめましょう。

血行促進と言えばお風呂!トイレの温水洗浄便座は注意が必要

入浴は血行促進に役立つことは言うまでもありませんね。入浴はお尻を清潔に保つと言う意味でも役に立ちます。

また最近では温水洗浄便座が広く普及していますから、それを使ってお尻を清潔に保つのも痔の予防には有効です。

ただし、温水洗浄便座の長時間使用は避けて下さい。かえって痔を悪化させる場合があります。特に洗い過ぎは切れ痔の原因になることもあるので注意が必要です。

便の状態が良ければ、本来洗わなくてもトイレットペーパーに便が付くことはないのです。

一方、冷やさないと言う対策も重要です。冬場はもちろん、夏場は薄着になる上に汗をかくことも多いので意外に身体が冷えます。お尻に付いては保温できるように工夫してみて下さい。

座って仕事をしている人は座布団の活用も一つですね。夏場の加温はかえって汗による冷えを呼びますから、常に汗を減らせるような工夫が大事です。

禁煙はもちろん刺激物やお酒も避ける方が良い

たばこはニコチンによる血管収縮作用や一酸化炭素による酸素運搬能力の低下など、痔核の増悪要因にもなるのでやめておきましょう。お酒は血行を促進してくれますが、一定量を超えるとかえってうっ血を呼びます。

またお酒の飲み過ぎは便の状態を悪くして、肛門周辺の環境を悪化させます。痔核はもちろん腸内環境の悪化から痔瘻になってしまうと手術なしでは治せなくなります。

刺激物も控えましょう。これは唐辛子をたっぷり使った激辛料理を食べた翌日のトイレを想像して頂ければわかると思います。

血流にのった刺激物ならまだしも、吸収されなかった刺激物はそのまま便に残って肛門に届いてしまいます。

痔核は言うまでもなく、他の痔でも刺激物たっぷりの便が痔のある肛門に届いたら、大変なことになるであろうことは火を見るより明らかですね。

切れ痔&痔瘻はイボ痔(痔核)とは少し異なる予防法が必要

切れ痔とは肛門歯状線の外側、皮膚に覆われている部分が物理的な力で裂けたものです。つまり切れ痔とは怪我に近い病気なんですね。

一方、痔瘻は感染によって粘膜下に膿がたまる「膿瘍」が進行して破れたり、膿を出すための切開手術によってお尻に新たな穴が開いてしまった物です。

ですので、結合組織の衰えによって血管の腫れができることで始まる痔核とは根本的に異なるものなので、予防も対処も異なるものになります。

切れ痔はとにかく便秘改善で予防

切れ痔は硬い便によって肛門が裂けることで始まります。だからと言って下痢もいけません。下痢の便は排出速度が速いため、やはり肛門の皮膚に傷をつけることがあるのです。

ですので、ごく薄い粘液に包まれてツルっと出る、適度な硬さの便を毎日か、少なくとも2日に一回は出すようにお腹をコントロールしましょう。

排便は押し出すのではなく送り出すのだと言う言葉があります。いきんで無理やり押し出しても、様々なトラブルに見舞われるばかりで、すっきりと全部出た感じはしません。出そうになったら我慢せず、自然に出て行かせるのがいいのです。

ポイントは不溶性食物繊維とぬるぬる食品です。不溶性食物繊維は便のかさを増やすことで腸を刺激して便秘を予防してくれます。

  • 納豆
  • オクラ
  • 山芋
  • なめこ
  • うなぎ

などのぬるぬる食品にはムチンと言う糖たんぱくが豊富です。

このムチンは水溶性食物繊維とされることもありますが、糖たんぱくの一種なので消化吸収されて肝臓でグルクロン酸に代謝されますから、そのまま大腸にまで届くことはないでしょう。

しかしグルクロン酸は体内でムチンの原料になるので、海藻以外のぬるぬる成分をしっかり摂って大腸で粘液の原料が不足しないようにすることで、便の滑りを良くすることが切れ痔の予防になります。

また、海藻のぬるぬる成分であるアルギン酸も水溶性食物繊維ですから、腸の調子を整えるには好ましい食べ物です。

とりあえず、ぬるぬるを積極的に食べることは切れ痔の予防改善につながると覚えておいて下さい。

噛むことで自律神経の反射を良くして便秘を治す

食事をしたら便意を催すと言うのは、健康な動物である証拠です。これは胃に物が入ったことを検知した神経が、大腸の蠕動運動を刺激して排便を促す「胃・大腸反射」と言う現象が起こるからです。

ところが人間の場合良く噛まずに食べると、この反射が弱くなってしまいます。しっかり噛んでゆっくり食事をするように心がけましょう。すると胃・大腸反射が起こって便秘が改善します。

もちろん長い間の便秘習慣が身に付いていた場合、1週間や2週間では効果が出ないかもしれません。

いずれにせよ一生続けることなのですから、気長に噛む習慣を身に付けて行ってください。

痔瘻は予防が難しいが腸内環境を良くして対応しよう

痔瘻は肛門小窩に大腸菌が感染して化膿することが始まりです。ならば大腸菌を除菌すればと考えがちですが、肛門の真上にあるのは直腸、つまり大腸の最後の部分です。

大腸から大腸菌を取り除くことは不可能です。

一方、誰もが大腸の中に大腸菌を持っているのに、一部の人しか痔瘻にならないのには免疫力が大きくかかわっていると考えられています。

腸内環境が悪くいつも下痢気味で免疫力が低下していると言う人の場合、やはり痔瘻に繋がる細菌感染と言う物は非常に起こりやすくなっています。

最近では腸内環境を整えることによって腸管免疫の状態を改善することが常識になってきていますね。これは痔瘻を予防する上でも好ましいことなのです。

腸内環境の整備と言うと、プロバイオティクスとして乳酸菌などによる発酵食品を摂ることが第一で、その菌類を増やすための栄養となるプレバイオティクスとして食物繊維やオリゴ糖を利用することが続きます。

ですので、ヨーグルトやチーズなどの発酵乳の他、糠漬けやしば漬け、たくあんなどのような乳酸発酵を伴った漬物(調味液を使ったものはダメです)のような発酵食品を日常的に食べることが大切です。

そして、水溶性の食物繊維やオリゴ糖などを上手に摂るために、野菜・海藻・果物をしっかり食べて、食べ物から取り込んだ乳酸菌などの有用菌をお腹の中で増やします。

こうした食生活を続けて行くと、腸内環境が整って便秘や下痢がなくなり、さらには腸管免疫の向上によって感染も少なくなります。

遠回りなような気がするかもしれませんが、痔瘻を予防するにはこうした「健康な身体づくり」が最も有効なのです。

つまり!痔の予防を簡潔にまとめると

  • 冷やさない
  • 下痢しない
  • 便秘しない

の3つと言うことになるんです。単純ですね。

痔だと思って油断していると違う病気のこともある

最初にお話ししたように、お尻から出血があったのに全く痛みがないと言うのは痔核の初期症状としてよくあるものです。

しかしこの症状は大腸がんのひとつ、直腸がんでもよく見られる症状なのです。ですから、「また痔が出た」とのんびり構えていてはいけません。

直腸がんに比べると痔核の出血は量が多くて真っ赤

痔核の初期症状としては、痛みを伴わない、割合多めの出血と言うのがあります。これは紙に付くとか便に付くとか言うレベルじゃなくて、お尻から滴り落ちるとか、ひどくなると吹き出すと言うレベルです。

また、その血の色もまさに鮮血と呼ぶのがふさわしい真っ赤な血です。

一方、直腸がんでは便に血がまとわりついていると言う程度ですし、色もやや暗い色であることが多いようです。直腸より奥の結腸の部分にできた大腸がんでは、茶色がちの赤になります。

ですので、単純に目に見える症状だけで言うと、大腸・直腸がんより内痔核の初期症状の方がずっと派手に見えてしまうのです。

イボ痔(痔核) 直腸がん
痛みを伴わない
多めの出血
便に血がまとわりついていると言う程度
血の色はやや暗い、茶色がちの赤

いずれにせよしっかり治療しなければいけない物ですので、「たが痔くらいで」などと思わず、すぐに肛門科へ出かけましょう。

そこで痔が見つからなければ、消化器内科へ紹介状をもらうと、次の診察の時に手間が省けますよ。

痔瘻の原因になる難病は炎症性腸疾患

炎症性腸疾患とは、クローン病と潰瘍性大腸炎の2つを合わせた呼び方です。難病に指定されている厄介な病気ですが、下痢が続くことから痔瘻の原因にもなりやすいのです。

症状が重い人はそれだけで受診されているでしょうけれど、軽症の人は気づいておられない人もおられるんですね。実際、大腸肛門科でクローン病の診断がされるのは、痔瘻の診察に来た人が一番多いと言うデータもあります。

痔瘻の手術治療を行う前には、こうした原因疾患を探るため、大腸内視鏡検査が行われます。そこでこうした病気が見つかることもあるのです。

逆に言えば、痔瘻は難病を発見する機会になり得ると言うことですね。肛門科へ出向くのは気が進まないと言う人も多いでしょうが、痔だと思ったらまずは受診することが大事なのです。

痔は日本人の病気の中で2番目に多いものです。では1番多い病気はなんでしょう。

そう、それは「虫歯」なのです。まさに食べ物の入り口と出口の組み合わせですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る