TOP > > 妊婦さんの痔の症状を改善する最もお奨めしたい身近な食べ物

妊婦さんの痔の症状を改善する最もお奨めしたい身近な食べ物

妊娠中に突然、痔の症状が出る妊婦さんは多くいます。それは、女性ホルモンの影響で腸の働きが弱くなったり、おなかの赤ちゃんが大きくなるにつれ、骨格がゆがみ血行が悪くなるためです。妊娠中に起こる痔の症状の改善方法についてご紹介します。

妊娠中に起こる痔の症状

妊婦さんが妊娠中に痔の症状になっても、それまでは痔の症状を経験したことがないので、痔の症状がどのようなものか分からない人も多くいます。痔は簡単に言えば、肛門周辺の血液の循環が悪くなり、うっ血して腫れや痛み、出血、かゆみなどが出る症状のことです。

これは胎児を抱える妊婦さんには、致し方ない宿命なのかもしれません。自分が痔であることを恥ずかしいと思い、自分から医師に相談する人が少ないのも、痔の症状に適切に対処ができていない要因ともなっているようです。

妊婦中の痔の症状の改善に最適な食べ物とは?

妊娠中の女性は、基本的に薬など薬剤を使用してはいけないという常識のようなものがあります。ですから、たとえ自分が痔であると自覚しても、薬で治療することに抵抗がある人は多いと思います。

そこでお奨めしたい食べ物は「納豆」です。痔は血の塊で一種の血栓と考えることができます。納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓を溶かす強い働きがありますので、肛門部に留まった血の塊を溶かし、痔のうっ血状態を改善することができるのです。

また、納豆は女性ホルモンと似た働きをするので、妊娠中に急激に変化する女性ホルモンの作用を助ける働きもありますから、痔の症状で悩む妊婦さんにとっては一石二鳥の食べ物と言えます。

さらに、納豆に含まれる納豆菌は腸の善玉菌を増やす働きもあるので、腸内環境を整え便通を良くして、便秘の解消にも効果があります。

便秘は痔の症状を悪化させるので、便秘の予防は痔を改善する上でも必要なことです。まさに納豆を食べることは、妊婦さんにとっては一石三鳥ともいえる最適な食べ物だと言えるのです。

痔の解消のために行うと良い習慣

痔の症状を改善するために習慣にすると良いことは、排便時も含めて常に肛門をしっかり消毒することです。

痔の症状の改善に最も重要なのは患部を清潔にしておくということです。もし、病院などでウォシュレットがあれば、必ず使うようにしましょう。そして、お尻を消毒する泡状の消毒液が市販されていますので、これを使うことをお奨めします。

消毒液が体内に吸収されることはありませんから、胎児には全く無害で何の心配もいりません。また、消毒液の中には患部の血行を良くする成分やかゆみ止めなども入っていますので、安全に症状を和らげるという点においても、とても便利で有効な方法なのです。

また、同じ姿勢でいると良くないので、簡単な体操などをしたり、お風呂はシャワーだけでなく全身を浸かるようにすると、お尻の血行が良くなり痔の改善に効果があります。

ただし、お尻を揉んだりするのはあまり意味が無く、かえって小さな傷などができ、雑菌が繁殖しやすくなるので、肛門部にかゆみがある場合でも掻いたり揉んだりしないほうが良いのです。

納豆を食べ、お尻を清潔にして、お風呂は全身浸かる。これだけでも、妊婦さんの痔の症状は確実に改善できます。妊婦が痔になることはよくあることです。消して恥ずかしがらず、心配し過ぎず、痔の症状を改善して、快適なマタニティライフを送ることができると良いですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る