TOP > > 食事で痔を徹底予防!痔によい食品と食べてはいけない食品について

食事で痔を徹底予防!痔によい食品と食べてはいけない食品について

痔を患っている人は、とっても多いです。一説には、日本人の成人の内、約3人に1人が痔にかかっていると言われています。つまり、他人事ではない病気なのです。

でも痔にかかると痛みが出ますし、病院に行くのも恥ずかしいですから、絶対にかかりたくないですよね。そこで今回は、食事で痔を徹底予防する方法をご紹介します。痔の予防に効果的な食品と、痔を悪化させる食品についてご説明します。

痔の予防に効果的な食品について!

痔は、誰にでもかかり得る病気ですが、絶対に自分はかかりたくないですよね。そこで、痔の予防に効果的な食品をご紹介します。

まずは、海藻類です。そして、果物、乳製品、野菜、豆類も痔の予防に最適です。こういった食品には、食物繊維がたっぷり含まれています。痔を予防するためには、食物繊維が必要不可欠です。なぜならば、食物繊維が不足すると、便秘になり便が硬くなるからです。

便が硬くなると、肛門を切ってしまう事があり、痔になるリスクが高まるのです。ですから、食物繊維がたっぷり含まれた食品を摂取する事が、痔の予防に大変効果的なのですよ。でも、お仕事で帰りが遅い方などは、中々食事を作る事が出来ませんよね。

そうなると、どうしても外食で済ませたり、レンジでチンするだけの冷凍食品に頼りがちになります。しかしこれでは、食物繊維が不足してしまう可能性が高まります。ですから、痔に効果的な栄養が摂取出来ない時は、サプリメントや青汁などを上手く利用して、痔を予防してください。

痔を悪化させる食品について

実は、痔を悪化させてしまう食品があるって、ご存知でしたか?唐辛子をはじめとした香辛料、漬物や塩辛などの塩分量が多い食品、牛肉や豚肉の脂、アルコール類などは、痔を悪化させるリスクがあるんですよ。

こういった食品は、刺激が強いですから、胃や腸に負担をかけてしまいます。そしてその結果、下痢や便秘になりやすくなるのです。下痢や便秘が続くと、痔になる可能性が高まります。ですから、痔を予防するという観点で言うと、香辛料、アルコール、塩辛いもの、肉の脂などは、なるべく控えた方が賢明です。

このように痔を予防する食べ物と、悪化させてしまう食べ物があるのです。痔を予防したいというかたは、なるべく痔の予防に効果的な食品を、たくさん食べるように心がけていきましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る