TOP > > 女性の更年期障害の症状と上手く付き合う為にセルフ整体をしよう

女性の更年期障害の症状と上手く付き合う為にセルフ整体をしよう

女性の閉経間近に悩まされる不調、更年期障害。症状は様々で個人差も大きい上に、その不調の症状や辛さが、他者に理解されにくいのが更年期障害です。

普段と変わらず、全く不調を感じないまま閉経を迎えられる人もいるのですが、いざ自分がその時期を迎えた時、どのような症状が出るのだろう?と、不安を持つ人もいるのではないでしょうか?

中には、30代後半から若年性の更年期障害症状を訴える人も。更年期を健やかに過ごす為、全ての女性にお勧めしたい整体法から見た生活をご紹介します。

更年期は、障害ではありません

女性の卵巣には、約200万個の卵子があります。しかし、年齢とともにその数は減少し、次第に閉経を迎えます。閉経は個人差がありますが、平均50歳前後。閉経を迎えるまでの40代後半から50代半ばまでの期間を更年期と呼びます。

更年期に移行するにあたって、様々な不調が出てきます。理由は女性ホルモンの減少により、自律神経や免疫系、そして情緒不安定感などの心の部分のバランスを崩すから。

  • 首から上が火照って汗が止まらない。
  • 突然身体の内側から熱くなり汗が噴き出す。(ホットフラッシュ)
  • 不眠。
  • イライラや激し落ち込み。
  • 激しい動悸

これらが最も多く悩まされる症状です。更年期は、誰もが迎えるもの。例外はありませんが、更年期障害は違います。上記の症状で悩まされる人がいるかと思えば、全く元気なまま過ごして、いつの間にか閉経を迎える人など様々です。更年期は、女性の身体が大きく変化する、とても大切な時期であることは間違いありません。

しかし、「障害」という言葉が害を及ぼし、更年期に入る事をネガティブに捉える方が、あまりにも多いことは悲しいですね。更年期は人間が生きている上での正しい変化の過程です。決して障害ではなく自然な事なのです。

更年期には心のケアも

自然で当たり前の変化の過程である更年期ですが、最近はいつまでも若々しく女性として輝いている女性が沢山います。しかし、若さや見た目の美しさばかりに執着すると、更年期へ移行する「閉経」という大きなイベントが、ネガティブなものとしか捉えられません。

精神的な負担となり「女性としての人生が終わってしまう」かのような悩みを持ってしまうことも。そして更年期障害という言葉の一人歩きによって、もしかしたら、普段の不摂生や生活習慣からくる不調かもしれないものまで、過剰に更年期障害として反応してしまい、余計に症状を悪化させるケースもあるのです。

更年期は落ち込むものではなく、上手に利用するものです

更年期は、女性の身体が大きく変化する大切な時期です。妊娠や出産という大きなイベントと同様に、骨盤に変化が出る時期。今まで身体に無理をさせ頑張ってきた為に起こしたトラブルを一層できるチャンスでもあるのです。

閉経によって妊娠、出産をする可能性のある大役から卒業でき、身も心も軽くなれる更年期。障害に気持ちを持って行かれて悩むよりも、上手に付き合う方法を知り、身体を整える絶好のチャンスだと捉えてみてはいかがですか?

更年期の不調をケアするには

一般的に更年期をケアする方法には何があるでしょうか?

■ホルモン補充療法
減少していく女性ホルモンを、外から補充する方法です。女性ホルモンの急激な低下による、パニック症状や不調を抑えます。また、ホルモンの低下により発症する可能性のある病気を、予防する目的でも利用されます。
■漢方薬
体質別に適したものを選べるメリットと、急激に作用する薬とは違い、ゆるやかな自浄作用をうながしながら、不調を改善していく事ができるのもメリットです。

自分自身でできるケア

更年期に入ると体力が低下する上、様々な不調が体力と気力を奪います。家にこもらず、積極的に外に出て太陽の光を浴び、軽運動をするのが効果的です。身体を動かすことは、脳への刺激にもなり、気持ちを前向きにさせてくれます。身体と心の為にも、軽い運動は是非取り入れて欲しいものです。

  • 仲間で会話が弾む程度の運動量をキープしたウォーキング。
  • 水泳、または水中ウォーキング。
  • ストレッチやヨガ。
  • ラジオ体操。

上記のように、激しい運度である必要はなく、軽く汗がかける程度の運動を週に2~3回程度、お友達や家族を誘って続けてみてはどうですか?

更年期にもヨガが最適

軽く汗がかける程度の運動で、身体の柔軟性と気持ちの前向きさが手に入る、ヨガを試してみてはいかがですか?私がお勧めしたいのは、太陽礼拝 です。

太陽礼拝は、いくつかのオーズを組み合わせ、一連の流れにのって行う礼拝です。太陽の恵みや命に感謝をし、太陽に礼拝をする気持ちで作られた動きです。太陽の恵みと命に感謝を捧げるつもりでやってみましょう!

太陽礼拝

1.両足を揃えて立ちます。両手は胸の前に合わせ呼吸を整えましょう。
2.息を吸いながら両手を広げ頭の上で合唱します。
3.息を吐きながら上体を折り曲げ、前屈します。
4.息を吸いながら背中をのばし前方へ顔を上げます。
5.息を吐きながら片足ずつを後ろへ投げ出し下ろします。
6.腕立てを始める体勢をとってから、両膝を下ろします。
7.胸を下ろし、一度うつ伏せになった上体から、改めて息を吸い直し、腕を支えにして胸を起こし背中を反らせます。
8.息を吐きながら四つん這いの上体になり、その体勢から一気にお尻を天井に向かって引き上げます。(両腕と両足で床を支え体がコンパスを広げた時のふたつ折りになった状態でポーズを取ります。)
9.しばらく呼吸を整えます。
10.息を吸いながら片足ずつを両手の間に引き入れます。
11.息を吐きながら前屈します。
12.両手を合わせ立ち上がり呼吸を整えます。
13.この流れを1周とし、3回ほど行ってみましょう。

いかがでしたか?更年期は誰にでも例外なく訪れる、人生の前向きな転換期です。身体が大きく変化するこの時期を利用して、今まで頑張ってきた体を整えてあげられる時期にして欲しいと願います。

身体は、労わり手をかけてあげた分だけ答えてくれます。心と身体の健康は一生の財産です。女性として素敵な更年期を過ごすため、できるケアから初めてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る