TOP > 閉経

閉経後の体の変化

高齢になっていくと女性特有の月経というのはなくなり、閉経することになります。50代から60代くらいになると閉経する女性は増えるのですが、閉経する前とした後ではなにか違いがあったりするのでしょうか。

閉経とその前後について

閉経をする前には毎月月経が来ていて嫌だなぁと思っていたり、人によっては苦しいほど痛い時もありました。

だから閉経をしたらそういう苦しみから逃れられるわけで「いいなぁ」と羨ましく思う人もいるでしょう。ただ、閉経してしまえば今までとは体も違ってくるのです。

閉経はいわば女性ホルモンがなくなっていくことの証でもあります。女性ホルモンが多く出ていた若いころには、月経が定期的に起こっていてホルモンバランスを保つのが大変だったかもしれません。

しかし逆に閉経すると女性ホルモンが減ったことによるホルモンバランスを崩してしまいやすいのです。

具体的には更年期障害が挙げられます。更年期障害は50歳代の女性に多く見られるもので、体温が上昇してほてってしまったりイライラしたりと、ホルモンバランスが悪いために起こると考えられています。

月経のある頃と比べてこれがいいかどうかは人によるでしょう。

閉経後の過ごし方

閉経をするということは女性としての機能がなくなるということでもありますが、なにも人間としての一生が終わるわけではありません。

しかし、閉経したことによってリスクが上がる病気もありますので注意したいものです。

・閉経後に気をつけたい病気
閉経後の女性は要注意!閉経後にかかりやすい3つの病気

閉経をした後も普通にかわりに無く生活していけばいいでしょう。なにか特別なことをしたりする必要もありません。

閉経というと大きなイベントのように考えるかもしれません。しかしその後も変わらないように過ごしても大丈夫です。女性として自信を無くす必要もないのです。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る