TOP > > 命を脅かす入浴時のヒートショックとは?知っておくべき入浴対策

命を脅かす入浴時のヒートショックとは?知っておくべき入浴対策

最近ニュースなどでよく耳にする「ヒートショック」という言葉があります。ヒートショックというのは、急激な温度差に体がついていけず、心臓に大きな負担をかけてしまい心臓麻痺を起こし突然死につながる大変怖い現象のことです。

特に冬場に多く起こる現象で、暖房のないトイレやお風呂に入る時には注意が必要です。高齢者だけが注意するというイメージもありますが、若くても肥満体型の人や心臓病や糖尿病、血圧に問題を抱えている人は他人事ではありません。

ヒートショックが起こりやすい場所

冬場は家の中全てを暖房で温めるというのは少し無理がありますが、一番ヒートショックが起こる場所として多いのがお風呂場や脱衣所なのでここは特に注意したいところです。

お風呂に入るとき暖かい部屋から暖房のない脱衣所に行くと、冷たい空気にさらされます。この時体の中では瞬時に血管が収縮してしまいます。これは心臓や脳に大きな負担となるので、若くて健康な人にとってもいい状態とは言えません。

まして基礎代謝も低下している高齢者や、心臓や脳の病気を持っている人にとっては、自分が思っている以上に心臓や脳など体には大きなダメージとなってしまいます。

高齢者や心臓や脳に病気を抱えている人はもちろんですが、何事も予防は大切です。冬場の寒いお風呂場や脱衣所にヒートショックの危険因子が潜んでいるのならそれを回避する工夫も大切ですね。若い頃から習慣にしておくことで、年をとってからもそれを実践できるのでヒートショックのリスクも回避できます。

ヒートショックを起こさない工夫

ヒートショックを起こしやすい冬場は、できるだけ温度差を作らないことも大切です。しかし1日のうち数回しか使わないトイレやお風呂場までずっと温めておくのは、電気代や灯油代も馬鹿にならないので限界があります。

しかし部屋の戸を開けっ放しにしておくと、いつまでたっても部屋が暖まらず電気代もかさみます。こういう時は部分的な工夫をしてみましょう。

例えばお風呂に入る時間は決まっているので、あらかじめ脱衣所を温めておき温度差を少なくするのが効果的です。お風呂場も寒い場合は少し蓋をずらして湯気で温まるよう工夫してみましょう。

脱衣所にはホームセンターなどでも購入できる、小さめの電気ストーブが便利です。使う時だけコンセントに差し込みスイッチを入れればいいので、使わない時には無駄な電気を使わずに済みます。値段も3,000円以内で購入できるので、それほど家計に負担をかけません。

お風呂に入る10分くらい前から脱衣所を温めておき、お風呂から上がるまでつけておけば、急激な温度差を作らずに済むので、ヒートショック対策になります。

ヒートショックにならないお風呂の入り方

寒いとついお風呂に飛び込みたくなりますが、実はこれも危険な行為です。湯船に入る前にかけ湯をし、足からゆっくりと時間をかけて浸かるようにしましょう。お風呂で温まるのはとても気持ちのいいものですが、軽い脱水症状になるため、お風呂に入る前と出た後はコップ1杯の水を飲むのもオススメです。

お風呂の温度にも注意しておきたいですね。寒い冬はお風呂の温度を上げてしまいがちです。熱すぎるお風呂にはいるのもヒートショックの危険因子となります。好みなどもあると思いますが、38度~40度が理想の温度とされているので、参考にしてみましょう。

寒い時に急に熱い湯船の中に全身浸かってしまうと、一見体が温まり良さそうに思えますが、実はこの時血圧が急激に上がります。普段はあまり意識していないと思いますが、湯船の中は水圧もかかるのでさらに心臓に負担をかけます。

しばらく湯船に浸かっていると体が温まりホっとしますが、体が温まることで今度は血管が広がるので、血圧が一気に下がってしまいます。実はこの温度変化に伴う血圧の急激な上昇と下降といった状態が、想像以上に体に負担をかけてしまうので、突然死につながってしまうこともあります。

寒い時には体を温めるためにお酒を飲むこともありますね。お酒を飲んだあとのお風呂も想像以上に心臓に負担をかけてしまうので、お風呂に入る前の飲酒は控えることも大切です。もしも飲んでしまった場合は、少し酔いが覚めるまでまってからお風呂に入りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る