TOP > > 風呂場で急死の原因に?こんな人はヒートショックを起こしやすい!

風呂場で急死の原因に?こんな人はヒートショックを起こしやすい!

ヒートショックで亡くなる人は多い

ヒートショックという用語をご存知でしょうか。今回説明するのは不動産・暖房メーカーの業界用語にあたるヒートショックです。温度の急な寒暖差によって体が影響を受けてしまうことを指しています。

ヒートショックは特に入浴中に起こりやすく、年間に1万人以上もの人が命を落としているとされています。温度の急な寒暖差によって血圧が一気に変化するために、脳血管や心臓に大きな負担をかけてしまうのです。

ではどのような人がヒートショックを起こしやすいのでしょうか。

こんな人はヒートショックに要注意

高血圧症

温度の寒暖差による急な血圧変化は、高血圧の人にとっては非常に大きな負担を与えてしまいます。糖尿病、肥満症といった生活習慣病が持病の人も同じ傾向があります。

高齢者

高齢者は血圧が上昇しやすく、老化によって血管がもろくなっているので、温度の寒暖差によって血管から出血が起こりやすくなります。

動脈硬化

生活習慣病のひとつでもある動脈硬化は、動脈の壁が弾力性を失ってもろくなっている状態なので、血圧の急変が負担となって出血する恐れがあります。

心臓が弱い人

不整脈、心臓病がある人にとって血圧の急変は大きな負担となります。

入浴前に飲酒した人

飲酒した後は血圧の変動が大きくなりやすく、湯船に浸かると血圧が急降下して失神する場合もあります。

上記にあたる人が必ずヒートショックを起こすわけではありませんが、日頃からヒートショックを起こさないように注意しておくことがのぞましいです。

ヒートショックが起こりやすいシーン

ヒートショックが起こりやすいのは

  • 暖かい部屋から寒い部屋へ移動した時
  • 冬の脱衣所で服を脱ぐ時
  • 暖房のないトイレ、洗面所に入った時
  • 寒い浴室で湯船の熱い湯に浸かった時
  • 湯船から出て体を洗っている時
  • 入浴後に寒い脱衣所に移動した時

などです。これらの温度の変化は体に負担をかけ、血圧が急上昇すれば脳卒中や心臓発作、血圧が急降下すれば眠気、脳貧血、失神などを起こす原因になってしまいます。

ヒートショックの対策法

ヒートショックを予防するには次のような対策をおすすめします。

部屋同士の寒暖差をなくす

冬は暖房の効いている部屋と暖房をしていない部屋の温度差が大きくなります。洗面所、脱衣所にも暖房器具を置く、便座を温かくするなどしておきます。

浴室を温かくする

湯船の中は温かくても浴室はヒンヤリしていることが多いものです。裸になる前に湯船のふたを開けておく、シャワーで温湯を壁や床にかけるなどして予め浴室を温めておきます。

熱いお風呂に入らない

熱いお風呂に入ると心臓に負担がかかります。お湯の熱さは人によって好みがありますが、健康のためには41℃以上のお湯はあまり良くありません。38~40℃といったぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがおすすめです。

いきなり湯船に入らない

湯船に入る前には体にお湯を流すのが通常だと思いますが、心臓に遠い手や足から順にお湯をかけて体を温めてから入るようにします。

一番風呂は危険?

一番風呂は浴室が温まっていないので、高齢者や高血圧などの人は一番風呂を避けるようにします。

入浴前に水分補給を

入浴中は汗をかくので、水分不足になると血液がドロドロになって脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなります。コップ1杯の水を飲んでから入浴するのがおすすめです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る