TOP > > 真夏の水筒には5~15℃の水を!熱中症対策に最も効果的な水温とは

真夏の水筒には5~15℃の水を!熱中症対策に最も効果的な水温とは

水分補給に適した温度とは?

夏やスポーツ時など、暑さで汗をたくさんかく時には熱中症にかかりやすいので、水分補給と少量の塩分・糖分の補給が熱中症予防対策になります。汗で失われた水分、塩分、糖分をチャージすることは、体温上昇を防ぎ、体液のミネラルバランスを保ちます。

熱中症対策での水分補給は、「喉が渇いた」と自覚してから行うのではなく、喉が渇く前に水分補給を行うことがポイントです。また、一度にたくさん飲み貯めするのではなく、こまめに少量ずつ補給することがのぞましいです。一度に大量に飲み過ぎると胃腸に負担をかけたり、おなかがいっぱいになって活動の妨げになってしまいます。

ところで熱中症対策の水分補給をする時には、どれくらいの温度の水を飲むのが効果的なのかご存知ですか?ステンレス魔法瓶メーカーの報告によると5~15℃が最も水分補給に適した温度とされています。

実際に何種類かの温度の飲料水を用意して暑い環境でのスポーツ後にどれくらいの温度で水分補給をするのが良いか調査を行ったところ、冷たい水は吸収が良く、ぬるい温度では吸収量が少なくなることが分かりました。

また、水分補給後の運動能力の効率が良かったのは冷たい水でした。しかし、その中でも冷たすぎる水は飲みづらいため、飲みやすくて吸収が良く運動能力を上げる水分補給には5~15℃の飲料水が最も適しているということが分かったのだそうです。

5℃というのは冷蔵庫の中の室温と同じくらいになりますから、冷蔵庫でしっかり冷やした状態の飲み物が5℃くらいといえます。15℃というのは水道から出る水くらいの温度です。

熱中症対策に水筒を用意する場合には冷蔵庫でしっかり冷やした飲料水を入れると良いでしょう。水筒というのは製品や材質によって保冷効果が異なりますが、水筒に入れている間に徐々に温度が上がっていきますので長時間経過した水筒の中身はぬるくなってしまう場合があります。

そのことをふまえてよく冷えた飲料水を入れたり、水筒の保冷効果を高める対策をとると効果的でしょう。保冷効果を施していない状態のペットボトルだと、良く冷えた飲料水でも常温の中では1時間ほどですっかりぬるくなってしまいます。熱中症対策には保冷効果が高い水筒などを使っておいしい水温を長く保ちましょう。

併せて塩分、糖分の補給も必要です。汗で体内のミネラルが出ていくのに水だけ摂取していると体液のミネラルが不足して熱中症の一種「熱けいれん」を起こしやすくしてしまいます。

熱けいれんというのは、熱中症の症状の中では比較的軽度なのですが筋肉がこわばる、けいれんするといった症状が起こり活動に支障をきたしてしまいます。

スポーツドリンクはミネラルがバランスよく配合されており熱中症対策やスポーツ時に適しています。最近は糖分に塩分をプラスした塩飴がよく市販されていますので水分補給に併せて利用するとよいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る