TOP > > 夏バテ知らずの人は知っている暑い時に熱いものを摂る理由

夏バテ知らずの人は知っている暑い時に熱いものを摂る理由

暑い!冷たいもの食べたい。でもちょっと待って。

夏日という言葉をだんだん耳にするようになって来ましたね。アイスクリームの売り上げが上がって来たとニュースでも伝えています。でも急に冷たいものを食べて胃が痛くなった、胃が動かない=消化が低下したと感じたことがある人はいないでしょうか。

それは、冷たものを摂ったことにより、内臓が冷えて血流が低下したためです。血流が悪くなると体のすみずみまで酸素が行き渡りませんから栄養もまわらなくなってしまいます。

内臓が冷えるということは消化吸収がうまくいかないことになり、様々な病気を引き起こす原因にもなります。また外気温度と体内温度の差がある人ほど、汗をかいたりの調節が急激に行われるのでエネルギーを消耗します。

体内温度を高く保つためにも冷たいものはなるべく摂らないようにしましょう。どうしても食べたい場合、温かい飲み物と一緒に摂る。また冷蔵庫に入れていた飲み物を飲むときは事前にだしておいて、常温に近づけてから飲むというような工夫をしたいものです。面倒と思っても、習慣づけてしまえば大丈夫です。

それから高熱が出た時など、冷たいものを摂る人がいます。テレビのドラマなどでもそんな場面を見たりしますね。これは胃を冷やす事になり、消化を悪くして、体調回復を妨げてしまいます。

特に消化機能の不十分なお子さんには要注意です。冷たいものを欲しがっても冷えていない、リンゴのすったものなどに留めておきましょう。水分補給には熱い番茶などが最適です。民間療法ではお馴染みの「梅醤番茶」も体を温めてくれる良い飲み物です。

体内温度の大切さは内臓にあり

ところで尿が温かいのは、皆さんもご存知だと思いますが、冷たいものを飲んでも、尿は体温と同じくらいの温度で排出されます。その温度にするために、やはりエネルギーを使っているのです。それだけ臓器にも負担がかかっていることになります。

臓器は全てつながっているものです。血管が通っています。胃を冷やすと他の臓器も冷やすことになると覚えておきましょう。

体を温めるてっとり早い方法はあるの?

では体が冷えたなと思ったらどういう手当てをしたらよいでしょうか。てっとり早いのは「足湯」です。できれば膝上くらいが入るバケツと用意しておいて、週3回程度はやりたいものです。バケツとお湯さえあれば、できる簡単でお金もかからない方法です。

足から温まれば血液が動いて行ってじわっと汗がにじんでくるので、変化が実感できます。お腹を温める方法も、今は市販の温熱パッドや蒸しタオルを活用する方法、様々なものがありますから、自分に合ったすぐに実践できるものを見つけておきましょう。

外が暑くても、屋内はクーラーで冷えすぎ。その外的要素だけでも体は疲れ気味。せめて体内の過度なエネルギー消費は控えたいものです。1回1回の負担が重なればならなくて良い病気にも繋がりますので、気を付けながら夏を乗り切りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る