TOP > > 夏の食事におすすめな料理5~夏バテを吹き飛ばす!

夏の食事におすすめな料理5~夏バテを吹き飛ばす!

夏場になると、ついつい熱さしのぎや、ダルさから料理が手抜きになって、同じものばかり食べたりしていませんか?そうした習慣がさらに夏バテを進行させてしまって悪循環に陥ってしまいます。

そこで、筆者なりに夏におすすめな料理や食材を考えてみました。難しい料理や調理方法を限定したものではなく、どなたでも応用できるように浅く広くで解説していきます。

夏バテの原因は?

夏にお勧めな食材を説明していく前に、なぜ夏バテになってしまうのかを考えていきましょう。それは人間が持っている自律神経の乱れによるものです。

夜眠くなったり、朝起きて活動したりと、私たちの体内時計は自律神経によって支えられていますし、非常に大切な役目を果たしていますが、夏場の室内と屋外の温度変化や、食生活の乱れによってじゅうぶんな栄養素が取れない事などで自律神経が乱れていってしまいます。これが夏バテや夏風邪の主な原因となっているものです。

鍋料理は夏にベストな食事

鍋料理は、夏バテ予防に効果的で、冬だけでなく夏場にも是非摂りたい食事と言われていますが、その理由はよりたくさんの食材が入っているところにあります。

夏場になると汗を多くかきますし、冷房がガンガン効いた室内に、蒸し暑い屋外と、温度の変化や環境変化も大きいです。ですのでより多くの栄養素を摂っていかなくてはいけません。

特に汗をかくとミネラルやビタミンが一緒に流れていってしまいますからこれらの必須栄養素をより多く摂らなくてはいけないのです。

しかし、ミネラルやビタミンなどには水溶性のものが多く、水洗いや調理の過程で流れていってしまう栄養素も多いのが事実です。鍋料理を夏場に推奨する一番の理由は、よりたくさんの食材から栄養素が取れるだけでなく、煮汁と一緒に召し上がる事でこうした水に溶けて流れていきやすい栄養素もしっかりと摂る事ができるのです。

唐辛子料理

インドでは、その暑い気候から香辛料の強いものを食べますが、唐辛子料理は夏バテには最適な食材といえます。唐辛子に含まれるカプサイシンは、体温を上昇させて血流を促進する効果があります。夏場には低体温になる人が増えていると言います。

外気が熱いのでついつい身体を冷やしすぎてしまう事で、低体温になって心身ともに不調をきたしてしまうのです。カプサイシンは、基礎体温を高く保ち、高血圧を抑えたり、免疫力を高める作用もありますから夏風邪にも効果的です。

先ほど紹介した鍋料理と合わせてキムチ鍋にするのもベストな方法です。

冷麺にトマト

野菜の王様にはトマトがあります。トマトは、夏場の炎天下の下で育つ作物ですから、水分が豊富でビタミンCをはじめとしたビタミンやミネラルなど、非常にたくさんの栄養素が入っており、医者要らずな野菜ともいわれています。

夏場には、その暑い気候からついついさっぱりとした冷たい食べ物を好んでしまいがちですが、冷麺や冷やしラーメンなどでは、夏場にじゅうぶんなエネルギーが摂れません。

こうした食事をとる時には、一緒に添える食材が肝心になってきます。トマトは冷麺や冷やし料理にぴったりと合いますので、スパゲッティーのソースにするなり、冷やしラーメンに添えるなりとさまざまな方法で食べる事ができるのもおすすめです。

また、トマトは比較的どのような環境でも家庭で気軽に栽培できるという点もお勧めなポイントの一つです。

にんにく料理

ニンニクが、夏バテに効果的というのは非常に有名な話ですが、にんにくは肉料理はもちろんの事、どのような料理にも柔軟に合わせていく事ができます。

ガーリックポテトや、お肉のタレに粉末状にして入れたりと、にんにくを多くの料理に混ぜていく事でより夏バテ知らずの健康的な心身を維持できるのではないかと思います。

また、ニンニクは口がニンニク臭くなってしまったり、鼻を突くような臭いがある事からも好き嫌いがわかれるところでしょう。もしニンニクが嫌いというのであれば無理に食べる必要がありませんが、ニンニクが好きな人はニンニク自体を直接蒸して食べるのも非常に健康的です。

ほうれん草のおひたし

野菜の王道としてほうれん草があります。ほうれん草はサラダにお肉の添え物に、おひたしにと色々使われていますが、非常に多くの栄養素を含んでおり、とてもおすすめの野菜です。

鉄分やビタミン・ミネラル、カルシウムなど、非常に豊富な栄養素が入っており、特にほうれん草のおひたしはおすすめの摂り方です。

ほうれん草もまた、野菜ですし、ビタミンやミネラル分などの多くは水溶性のため、水洗いやゆでる過程で栄養素が消失してしまいます。

しかし、おひたしであれば煮汁ごと摂る事ができるため、こうした流れていきやすい栄養素も余す事なく摂る事ができます。また、夏バテや二日酔いなどに効果的と言われているシジミもあわせておひたしにするとより良いのではないかと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る