TOP > > 実は簡単だった!?5つの工夫で嫌な夏バテを防止しよう

実は簡単だった!?5つの工夫で嫌な夏バテを防止しよう

夏はみんながうきうきする季節です。海、山、川、どこに行っても楽しい事がいっぱいです。でも夏を楽しみたくても夏バテになったら台無しですよね。毎年「今年こそは夏バテしない」と心に決めているのに、やっぱり夏バテをしてしまいます。

そこで夏を楽しむために、簡単な夏バテ対策を5つご紹介します。これさえ知れば、夏を元気に過ごすことが出来るかもしれません。とっても簡単な対策ばかりですから、ぜひお試しください!

体の冷やし過ぎに注意して夏バテ予防!

体を冷やし過ぎると夏バテになりやすいです。どういう事かと言うと、屋内と屋外の温度差が激しいと、どうしてもそれに体が付いて行かなくなるのです。クーラーがきいた快適な室内から、猛暑の外にでれば、やっぱり体が驚いてしまうのです。

ですから、屋内にいる時もなるべく体を冷やし過ぎないようにしてください。例えばカーディガンを羽織ったり、ひざ掛けを利用して体が冷えないようにしましょう。そして出来ればエアコンの設定温度を28度くらいに設定したほうが良いです。

夏バテ予防に効果的な栄養を摂る!

夏ばて対策には、ビタミン、ミネラル、タンパク質をバランスよく摂る事がお勧めです。こういった栄養を摂る事で、夏ばてしにくい体を作る事ができます。

ですからビタミンがたっぷり含まれている豚肉、緑黄色野菜、ミネラルが豊富な海藻類、肉や大豆に含まれているたんぱく質をバランスよく食べてください。食生活に気を付けることで、夏ばてしにくい体を作る事ができます!

適度な運動で夏バテ予防!

夏バテ予防には、運動も欠かせません。でもなぜ運動をする事が夏バテ予防につながるのでしょうか?それは運動をすると汗をかくからです。人間は汗で体温を調整しています。体温が高くなりすぎると、汗を出して体を冷やそうとします。

夏バテの原因は体の温度調整が出来なくなる事です。ですから運動をして汗をかけば、温度調整が上手くでき、夏バテを予防できると言うわけなのです。ただ炎天下の中長時間運動をすると、熱中症になる恐れがあります。無理は絶対にしないでくださいね。

あったかいものを食べて夏バテ予防!

夏はクーラーがきいた所にいる事が多いですよね。そうすると、自分が思っているよりも体が冷えていることが多いんですよ。だから夏でも暖かいものを食べるようにしてください。

アイスやかき氷、素麺などキンキンに冷えたものを食べると、とっても美味しいです。でもそういった食生活を送っていると、夏バテのリスクがアップします。ですから、なるべく火を通した暖かい食事を摂るようにしましょう!

暖かいお風呂で夏バテ予防!

夏バテ予防には、温かいお風呂も効果的です。クーラーで冷えた体を、お風呂でしっかりと温めましょう。夏は汗をかくので、何度もシャワーを浴びてお風呂にはあまり入らないと言う人もいます。

でもシャワーだけでは十分に体が温まりません。ですから、必ず1日1回、約20分程度はお風呂につかるようにしてください。以上のように、少しの対策で、夏バテを予防する事ができます。夏を元気に過ごすため、ぜひお試しください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る