TOP > > 女性に多い秋の夏バテ?暑さが和らぐ頃に出てくる秋バテの対処法

女性に多い秋の夏バテ?暑さが和らぐ頃に出てくる秋バテの対処法

9月も中旬を過ぎてくると、あれだけ暑かった夏も過ぎ去り、涼しい秋に近づいてきます。「今年の夏は夏バテにはならなくて良かったぁ」って思っている人も多いとおもいますが、実は最近では夏バテではなく秋バテが増えているのです。

夏場には身体に何も異常はなかったのに、涼しくなったら「風邪をひいたり」「お腹の調子が悪くなったり」「急激な疲労を感じる」などの症状を自覚したら秋バテのサインかも知れません。特に女性に多いと言われている秋バテの症状と、その対処法を紹介します。

夏バテとは違う秋バテって一体どのような症状なのですか?

秋バテは涼しくなった秋の初旬頃から見られる症状であり、特に原因が思い当たらないのに「慢性疲労」「便秘、下痢」「睡眠障害」などが表れます。さらに、涼しくなることで風邪を引きやすくなったり、風邪がなかなか治らなかったりすることも多いようです。

これらの秋バテの原因は色々と考えられますが、多くは夏の過ごし方にあると言うのです。暑い時期に夏バテを起こさなく元気に過ごされた人に中にも、実はダメージを受けていてそれが蓄積されていたことが想定されます。実は秋バテの正体は気が付かない夏バテの蓄積にあるようですね。秋バテの主な症状を紹介します。

・夜寝ようとしてもなかなか寝付けない。(朝起きれない)昼間つい居眠りをしてしまう。

・肩コリや首コリなどの痛みが出る。

・手や足先が冷たい状態である。(血行不良の疑いがある)

・疲れがとれなく、一日中疲労している。

・お腹が痛く、便秘や下痢を繰り返している。

・食欲がなく、何を食べても美味しく感じられない。

これらに心当たりがある貴方は「秋バテ」かも知れません。

秋バテの正体は自律神経の異常に原因の多くがあります

秋バテが発症する原因の一つに自律神経の乱れが考えられます。自律神経とは身体の代謝などをコントロールする神経で、「体温」「呼吸」「発汗」「消化」など様々な機能を無意識状態で制御しています。

また自律神経には昼間の活動時間帯に血管を収縮し筋肉を硬直させる作用のある「交感神経」と、夜間などリラックスして休息をとる時間帯に血管を広げ筋肉を緩和させる作用のある「副交感神経」に分類されます。

この自律神経は交感神経と副交感神経が切り替わることで、身体の状態を正常に保っていますが、この動きが乱れることで様々な障害を引き起こすのです。

夏の時期に冷房(クーラー)を使用している部屋に長時間いることは、外との温度差を大幅に開く結果に繋がります。外気温が35℃の状態で室内が22℃の設定であれば、13℃もの気温差になってしまいます。

このように急激な温度差を身体に与える影響は重大であり、自律神経が麻痺する原因にもなるのです。また夏に冷たい食事(ソーメン、冷やし中華、カキ氷、アイス)をメインにすることは、内臓を冷やす結果になります。

慢性的に内臓を冷やす行為は、胃や腸に負担を掛けることだけではなく自律神経の麻痺にも繋がる行為なのです。最近では発電量の問題でクールビズが提起されています。

クーラーの使用を控えることは体調にとって良いことですが、室内が暑いことにより冷たいドリンクを大量摂取することに繋がっているようです。室内環境が暑くても冷たいドリンクはホドホドにして、1日に数回は暖かい飲み物(お茶、コーヒー、紅茶)を飲むようにしましょう。

秋バテを起こさないために出来る対処法を紹介します

秋バテを起こさないためには夏をいかに過ごすかが重要なポイントになります。そのため重要なのは「身体を冷やしすぎないで生活する」ことになり、外気温との温度差を狭める必要があるのです。

外気温と室内の温度差は5℃以内に設定して、冷たいジュースなど飲むことを控えることが良いと思います。また、適度に汗をかくように軽い運動や散歩などを行うことにより、身体の中を温める効果も期待できます。

もし、貴方が秋バテにかかったと感じたら、身体を温めることから始めて下さい。そのために、ぬるめのお風呂でゆっくり入浴(半身浴)することや、足湯などリラックス効果をもたらす方法が良いでしょう。

また、身体を温める飲み物も有効であり、ジンジャーティーや野菜スープを日常的に飲むことでも効果は期待できます。身体を温めることで自律神経が回復してきたら、深い睡眠もとれるようになりますので、疲労感も抜けてくると思います。こうなると秋バテ解消と言えますね。

秋バテは女性に多く見られる症状ですが、男性にも増加の傾向があるようです。夏場の過ごし方で秋の体調にも影響があるのです。夏場には身体を冷やしすぎないように注意して下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る