TOP > 心不全

心不全にならないために

心不全と言うとこれが原因でなくなってしまうこともあるくらい、怖い病気です。

健康に気を使っていれば防げるものでもありますし、生活習慣によって心不全のリスクは大きくも小さくもなるものです。

・心不全の予兆
高齢者の心不全を見逃さないために知っておきたい5つの事

心不全とは

心不全という言葉を聞くと「心臓が止まってしまっている状態なんじゃないか」と思われるかもしれませんが、それはまた違います。

心不全は心臓が止まるのではなく心臓の機能が弱まることによって、体に異常をきたすことを言います。

人間の体にはたくさんの血が巡っているわけですが、その血がしっかりと流れないと血液が全体に行き渡らず、結果的に酸素が運ばれないで細胞が死んでしまいます。

そんな状況がひどいと、心不全でなくなってしまうこともあるのです。

心不全はうっ血によって起こるものだとされ、左心で起こるのか右心で起こるのかもかなり重要だとされています。

これは自分自身では判断できませんから、しっかりと精密検査をしてもらってプロに判断してもらわなければなりません。

心不全にならないために

心不全にならないためにも、心臓を強くしないといけないと思って心臓に負担をかける運動がいいと思うかもしれませんが、運動は心不全が起こっている時にはしてはいけません。

ただ、安定期に入れば少し運動をすることで心臓を働かせる必要があります。また生活習慣やストレスが原因で心不全になることもしばしばあるとされています。

ストレスがたまってしまうことで、神経性の心不全が起こることもありますし、肥満が原因で心不全になることもあります。調子が悪くなる前に生活習慣を見直すことも重要です。

心不全は心停止ではありませんから、確実に死ぬというわけではありません。

しかし場合によっては死に至る病ですから、予防に努めてかかってしまったら早めの病院での処置をしてもらうのが確実です。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る