TOP > > ストレスが心臓病を引き起こす? ストレスを治療するという考え方

ストレスが心臓病を引き起こす? ストレスを治療するという考え方

ストレス社会とも呼ばれる今、多くの人が何らかのストレスを抱えながら毎日の生活を送っています。ストレスの感じ方やストレスによる体への影響なども個人差がありますが、ストレスが原因となって心臓病に発展することもあるのを知っていますか?

ストレスはある程度仕方ないものと軽く考えがちですが、私たちが思っている以上に体には大きな影響を与えるものになります。

ストレスで心臓病になる理由

自分では大したことないと思っていても、実はストレスは体の中で様々なところに悪い影響を与えてしまいます。ストレスが原因で心臓病になるというのも、全く無関係なことではありません。ストレスを感じることで、無意識にイライラしてしまうと息も上がってしまいますね。

この時血圧も上がっているので、当然心臓にも負担がかかります。1度や2度程度ならこの状態でも特に問題はありませんが、ストレスの厄介なところは思うように解消できないことも多いので、ため込んでしまいます。これが積み重なることで、徐々に体へのダメージも蓄積されやがて大きくなっていきます。

もちろん性格や物事の考え方によっては、ストレスの感じ方も軽い人もいます。しかしほとんどの場合思うようにストレスを解消できずにため込んでしまうので、イラっとするたびに血圧が上がり、心臓に負担をかけるという状態を繰り返してしまいます。

ここにストレスを解消する方法として、お酒やタバコなどに走ってしまうと自分では気づかないうちに心臓に更なる負担をかけることになってしまいます。このような事情があるので、ストレスで心臓病になる可能性も否定できないのです。

ストレスを治療するという考え方

ストレスを感じたときの対処法も人それぞれですね。じっと我慢するしかない人もいますし、自分なりのストレス解消法を探しそれを実践することで、上手にストレスを解消出来る人もいます。しかし全ての人がストレスと上手に付き合えるわけではないので、病気になったりと体にもダメージを与えることになってしまいます。

そこでストレスを病気の一種と考え、治療するという考え方をしてみてはいかがでしょうか?実際に病院にはストレス外来やストレス専門のクリニックなどもあります。

精神科も併用していることが多いので少し抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、ストレスを病気と考えるとき専門家に診てもらうのもひとつの方法です。

しかし病院に行くまでもない場合は、ある程度自分でストレスを治療することも可能です。ここで一番おすすめなのがハーブやアロマを取り入れることです。

アロマテラピーは実際にストレスの治療にも使用されていますし、香りには精神を癒す効果も確認されているので、香りでリラックスするというのもある意味治療になりますね。

アロマやハーブにはそれぞれに香りやその効能も違いますが、自分の好きな香りを見つけてそれを使うのもいいと思います。精神を癒す効果があると言われてもそれが好きになれない香りだったら、逆にストレスとなってしまいます。

香りの効能などもありますが、好きな香りを嗅ぐことでホっとすることがリラックスにつながります。ですから無理に嫌いな香りを取り入れる必要はありません。効能は意識せず、自分の好きなホっとできる香りを探してそれを取り入れてみましょう。

精神的な癒しをみつけよう

ストレスを解消する場合は、香りも効果的ですが自分の好きな食べ物を食べるとか、趣味に没頭するというのもストレス解消につながります。

誰でも好きなことをしているときは、気持ちもリラックスするので肩の力も抜けていますね。例えばペットと遊ぶだけでも癒されますし、ホットしますので1日の終わりにペットと遊び疲れを癒すのもいいでしょう。

何もせずにボーっとのんびり1日を過ごすのも疲れがたまっている場合は休息になるのでいいかもしれません。何に対して癒しを感じるかは個人差もあるので、それぞれが思うように癒しを探していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る